2011年02月02日

必読本 第952冊目 斎藤一人物語 エピソード1 十夢想家編

必読本 第952冊目

 51ueEqMOsSL__SS500_.jpg

斎藤一人物語 エピソード1 十夢想家編

舛岡はなゑ(著)

¥ 1,365

サンマーク出版

単行本: 189ページ

2010年11月12日 初版


●人生を変える縁は、ある日突然やってくる!

舞台は喫茶店「十夢想家」。

夢見るフツーの女の子が、1人の紳士との出会いから人生を輝かせていく。

誰もが知りたかった物語が初めて1冊の本にまとまりました。 

●久しぶりの斎藤一人さん関係の本。

2009年に上京してから、続々と新刊が発売されていることは

当然承知してましたが、

日々の忙しさと、生活がやや困窮し、書籍代にまで生活費を回すことが

できなかったという懐事情があり、とんと御無沙汰だった。

本書は地元図書館に所蔵されていたものだが、

一人さんのお弟子さんの中でも最もファンである舛岡はなゑさんの

書籍であること(裏表紙見返しの顔写真は、中折れ帽をオシャレにかぶり、

相も変わらずお美しい笑顔で写られております)、

サラリと読めそうな軽い内容だったこともあり、昨晩一気に読破しました。

●タイトルに端的に表れているように、

本書は、舛岡さんが一人さんとどのように出会い、

今のまるかんの仕事を手伝うようになったのかまでを小説風に仕上げた本。

最近、一度ベストセラーになった自己啓発本を、

漫画や小説にリニューアルして出す、

「一粒で二度美味しい」手法が一部の出版社で行われておりますが、

その流れに位置する本。

●臨床検査技師を辞め、念願の喫茶店を開いた舛岡さんのもとに、

偶然、ダンディで不思議なオーラを放つ紳士、斎藤一人さんが突然訪れる。

そして、舛岡さんとそこに出入りする仲間たち(以後、一人さんの弟子になる方々)は、

簡単に幸せになれる方法を毎回のように一人さんから伝授される。

その顛末を非常に読みやすい文体(「もしドラ」並の、非常に平易というか、

くだけた感じの口語調の文章)で一気に語っていく。

顔につやを出すこと、明るい色の服を着ること、

光りモノを身につけること、天国言葉を話し、地獄言葉を話さないこと、

他人の幸せを祈ることなど、今や広く知れ渡った、一人流成功法則の基本の基本が、

おさらいするかのように紹介されていきます。

一人さんの教えを愚直に守った舛岡さんの喫茶店は、閑古鳥の状態から

いつも満員という盛況ぶりに大変身。

舛岡さんの個人的魅力に惹かれ、ファンになってしまうお客さんが続々と現れるというところまで

読んでみますと、是非自分も真似してやってみようと思うはずです。

●一人さんのお弟子さんたちは、それぞれ数多くの書籍を執筆出版されておりますが、

相互の人間関係、それぞれどのようにして出会ったのかなどが、

少々わかりづらいことがありますが、

本書を読みますと、元々の相関関係がかなりわかりやすく描かれております。

文中、柴村恵美子さんが初めて舛岡さんたちと出会う場面が書かれておりますが、

一人さんと出会う出会わない関係なく、生来柴村さんは陽気でポジティブなお方だったようです。

本書は、舛岡さんがまるかんの仕事をやろうと決意するところで終わっておりますが、

以後の話は続刊で語られるとのことです。

●私に限らず、一人さんみたいな最高のメンターと出会うことができた

舛岡さんなどのお弟子さんたちは、本当にラッキーだ、

自分はなぜ一人さんみたいな人と出会うことができないのだと、

やっかみの一つでも言いたくなることがありますが、

本書を一通り読んだ後は、

舛岡さんが一人さんのような最高のメンターと出会うことができたのは、単に偶然の幸運なのではなく、

一人さんのような何でも見通すことができる最高の賢人でお金持ちのような方を惹き付けることができるほどの、

裏表のない正直な人柄や、素直で思いやりのある性格を

そもそも舛岡さんを始めとするお弟子さんたちが備えていたから、

一人さんのような偉人から声をかけられたのだ、と考えた方がいいのではないかと、思ってしまいます。

なぜなら、一瞥しただけで、その人のあらゆることを見通すことができるほどの眼力を

お持ちの一人さんならば、聞く耳を持たない、へそ曲がりで性格の悪い人に、

効果抜群の成功法則をそもそも教えたりしないでしょうし、

世の中、喫茶店など掃いて捨てるほどあるのに、

その中から舛岡さんの店にわざわざ何度も足を運ぶわけがないでしょうから。

こんなに初対面の自分に親切にしてくれたのだから、

何かいいアドバイスをして、この人を幸せにしてあげたいなと一人さんに思わせるほどの

オーラ、人間性を初対面の時から舛岡さんは放っていたのでしょう

(「読書のすすめ」の清水克衛さんにも同様なことが当てはまるはず)。

皆さんはそう思いませんか?

 

今回の 【マストポイント】 は、有名な一人さんの成功法則ばかりが多かったので割愛致します。


【著者紹介】

舛岡 はなゑ
東京都江戸川区生まれ。実業家。臨床検査技師を経て、喫茶店「十夢想家」を開く。女性実業家として大成功を収める。東京都江戸川区の長者番付の常連。幸せな生き方アドバイザーとして、「開運メイク」のセミナーや講演などで活躍している。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。