2011年09月30日

【毎月最終日は、鍵山秀三郎さんの言葉に身につまされる】

【毎月最終日は、鍵山秀三郎さんの言葉に身につまされる】
  

●愛用しているイエローハット創業者の鍵山秀三郎さんの

日めくりカレンダーの31日の回には、

「唱道の人多けれど 行道の人少なし」の文字が綴られている。

意味は、「世の中には、いいことを言う人はたくさんいるけれども、

実際に行動で示している人は少ない」である。

●いつも、月末最終日になると、この言葉を目にすることになるのだが、

個人的に非常に自省を迫られる言葉である。

自分は、喋ることだけに熱心な、口だけ人間になっていないか、

体を実際に動かし、身をもって行動することで、

自分の思いを表現しているか、世の中に貢献しているか…。

一生のテーマである。


DSC07133.JPG




ラベル:鍵山秀三郎
posted by miura at 21:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

【匡正堂本院 齋藤整骨院】

【匡正堂齋藤整骨院】


西永福にある齋藤整骨院に午前中に行ってきました!

珍しく空いていて、診察券提出後、すぐに呼ばれました!

今日は、かなり腕の筋を伸ばしてもらったこともあり、

初めて腕に鬱血が出てきてビックリ!

腰痛、肩こり、ヘルニア、骨折、交通事故の後遺症など、

どこに行っても良くならない症状をお持ちの方是非オススメです。

劇的に治る可能性があります。

患者さんも裕福そうな方が多いです。

受付の女性の方もいつも笑顔で丁寧な対応で感じがよく、

院長をはじめとしたスタッフの方々も熱心で真面目な方が多く、

人気なのも頷けます。


匡正堂本院 齋藤整骨院公式ホームページ http://kyoseido.jp/


Image751.jpg


posted by miura at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

【神社参拝はやっぱりとても大事】

【神社参拝はやっぱりとても大事位置情報


●不思議な出会いというものが人生には時にあるものだが、

こんな大都会の真っただ中、

正確に言うと、池袋の立教大学裏側に、

私の出身地、山形県羽黒神社から分霊された同名の神社がある。

どういう経緯で、500q以上も離れたこんな都心に、

分霊された神社が建立されたのか知る由もないが、

この神社を発見して以来、何かの縁を強く感じ、

自宅周囲には結構な数の神社が点在しているにもかかわらず、

この神社だけを頻繁に訪れるようにしている。

●不幸にも5月14日に交通事故に遭って、

心身ともに大変な思いをしたこともあり、

最近神仏に対する信心が足りないのかなという反省も当然あった。

7月頃より、ほぼ毎日、外出するたびにこの神社を参拝するようにしている。

●拝む時には、「〜して下さい」などの個人的依頼をできるだけしないようにし、

極力、今平穏無事に生きていけることだけを感謝し、

自分以外の家族や友人に何も災いないことをひたすら祈るようにしている

(最近あまりテレビで見ないが、あの江原啓之さんも、同様なことを

かつて言われていたような記憶がある)。

●そうしたら、この2,3カ月は、この神社のご利益もあるのか、

非常に安定した生活を送ることができている。

やはり、神社を参拝することは非常に大事なことだと

身にしみて感じている次第だ。

皆さんも、ごく近所に、何か惹かれる神社があれば、

できるだけお参りするようにした方がいいでしょう。

人知を超えた守護の力というものは、やはり、存在するという

気がいたします。

Image755.jpg


Image756.jpg


Image757.jpg
posted by miura at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

【平泉のお食事は駅前芭蕉館が定番です!】

【平泉のお食事は駅前芭蕉館が定番です!】


●平泉中尊寺でのお食事は、何といっても、

超有名店、駅前芭蕉館がおススメです。

こちらでは、岩手名物わんこそばを腹いっぱい堪能できます!

店内には、今まで訪れた有名人のサイン色紙が所狭しと飾られております。

●お客さんの多くが注文する大人気メニューが、

1890円のわんこそば。

1段12碗のわんこそばが、2段24碗出されます。

なめこおろし、筋子、鰹節、のり、ねぎ等の

バラエティ豊かな数々のお薬味で

ツルっと頂きます。

うれしいのが、食いしん坊の方には、

無料で更に1段12碗分がおかわりできるということ!

この時には、両親とお邪魔したのですが、

当然おかわりしてきました!

私が注文した、なめこそば、山菜そば、天ぷらそばを

一時に楽しめる三代そば(料金失念。たしか1470円だったかな)も

おススメです。

締めには、体に優しいそば湯も出されます。

大人気店ですので、行列は必至です。

休日は30分ぐらいの待ちは覚悟して下さい。

でも、その価値はあります!!



駅前芭蕉館 http://www.wankosoba.com/


Image753.jpg

Image754.jpg



ラベル:平泉中尊寺
posted by miura at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風邪でダウン・・・。】

【風邪でダウン…ふらふら


風邪を引かないことが自慢だった私が、本当に数年ぶりに大風邪を引いてダウン。

意地で医者に行かなかったが、熱が下がらないため、やむなく椎名町クリニックへ。

この医院、親子二代で、院長は女医、息子さんも温和で丁寧な先生。

駅近だし、おススメでするんるん

風邪だとどこにも行く気力がやはり湧いてこない。

早く治そ…。


椎名町クリニック http://shiinamaticlinic.web.fc2.com/


posted by miura at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

必読本 第1001冊目  楽園

必読本 第1001冊目

51h5zIDAFPL__SS500_.jpg 

楽園

後藤 静香

¥ 1,050

善本社

単行本(ソフトカバー): 157ページ

1986年2月1日 新版

●「人生は楽園なり」これが私の大前提である。

私の過去にも幾多の波乱曲折があった。

幼い日に父を失い、中学時代には家がまる焼けになった。

もともと虚弱体質で、わずかの無理がすぐさわる。

そのほか、とても記しきれない心の悩みを、いろいろと経験した。 

私のいくところ、止まるところが、楽園であるという信念に変わりない。

●「読書のすすめ」の清水克衛さんの著書で紹介されたことによって、

かなり古い本にも関わらず(初版はなんと昭和34年)、再注目されている本。 

社会教育家や慈善事業家として、戦前戦後の我が国の教育界に

多大な貢献を果たした後藤静香の中でも、

傑作の評価高い名エッセイ集。

●本書には、軽妙なタッチの随筆が32個ほど収められている。

人生をいかに生きるべきか、苦難の時にはどのような態度でいればよいのかなど、

著者自身の波乱万丈の人生経験から導き出した考え、思想は、

非常に重みがあります。

リンカーンやビクトル・ユーゴーなど、

偉人にまつわる感動話が沢山紹介されているのも特長の一つです。

●ちょっと古い本なので、時代錯誤的な内容も結構あるかなと心配したのですが、

森信三氏の本と同じく、全く古臭さを感じさせません。

あの、ミスター長嶋茂雄氏や、成功哲学研究家の西田文郎氏が

愛読書にしているのも納得の内容です。

「読書のすすめ」で、これも大推薦されている「少女パレアナ」

関するお話も収録されているのも面白いところです。

サラリと読める薄い本であることも美点ですね。

●難点は、やはり、無名の小出版社から出されている本ゆえ、

なかなか入手が難しいということでしょう。

アマゾンなどでは現在問題なく入手できるようですが、

「読書のすすめ」では一時、入荷に時間がかかったということなので、

興味をお持ちの方は早めに入手しておいた方がよろしいかと思います。

 

 【マストポイント】

@「わたしも、数えきれないほど逆境を通ったものの一人である。

しかし、どんなに辛い境遇であったにせよ、

それがむだであったとは思わない。

私から逆境を取り去ったら、どんな人間になったか知れないと思う。

私に生きがいを与えたものは逆境である。

順境は、私を怠慢にし、私によからぬことを教え、私をごうまんにし、

私をうすっぺらな人間にするだけで、何一つ役に立ったことはないような気がする」

A「山登りは頂上だけが目的ではない

目的の一部である

ふもとから頂上へ

頂上からふもとへ

道程の一切が目的である

楽しみながら上りまた下る

決して急がない

人生行路も同様である

花は、白馬ならぬこの世の旅にも咲き

新芽の精は脚下の一歩一歩に光る」

B「愛が小さいと、ひとのためにしたことを、

いちいち心にとめている。

そうして、何かの好意をうけたとき「いつかこれこれのことをしておいた」と、

差引勘定をする。

金貸しが利息を付けて返金を求めると同様の心境である。

何か人のためにつくせたら、それは自分の義務を果たしたものとして満足し、

その時切りの帳消しにしたい。

しかし、人の恩愛に接したときは、差引勘定なしに、感謝を以てうけたいものである」

(以上本文より。一部改変)

 

【著者略歴】

後藤 静香
明治17年8月19日、大分県大野町に生まれる。明治39年東京高等師範学校官費数学専修科を卒業し、長崎県立長崎高等女学校及び香川県女子師範学校に歴任すること13年。大正7年上京、全日本を対象として社会教育に専念し、月刊誌の発行、著作、講演等により、終始一貫、初志の貫徹に努むること50年に及ぶ。昭和44年5月15日没。昭和53年、多数の著作が「後藤静香選集」全10巻にまとめられた。著書にはほかに、「楽園」「生きる悦び」「道のしるべ」(以上善本社刊)がある。

ラベル:後藤静香
posted by miura at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩集・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

【池袋ふくろ祭りが本日行われました!!】

【池袋ふくろ祭りが本日行われました!!イベント


●昨日の前夜祭から続き、本日池袋西口ふくろ祭りが開催されました!!

勇壮な若者たちが担いだ豪華なお神輿が練り歩き、

沢山の観光客の方が観覧されておりました。

2日続けて、抜けるような快晴に恵まれたことも

幸いしましたね。

池袋西口公園では、ステージ上でコンサートなどが行われ、

回りには個性的な露店が数多く出店されました。

10月8日、9日には、同じく、池袋よさこい祭りが行われます!!

是非池袋に遊びに来て下さいね!!

祭りを見ると、やっぱり元気が湧いてきますよグッド(上向き矢印)



DSC07111.JPG

DSC07119.JPG

DSC07130.JPG

DSC07096.JPG

DSC07129.JPG
posted by miura at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

【ブログのデザインを変更しました!】

【ブログのデザインを変更しましたexclamation


●知り合いから、ブログのデザインが暗いという

指摘をいただきましたので 笑、

超シンプルな白のデザインに変更致しました。

今までのデザインに慣れた方には、

若干違和感があるかもしれませんが、

しばらくこれで行きますので、よろしくお願い致します。  三浦





posted by miura at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

【岩手の旅ラストは、毛越寺です。】

【岩手の旅ラストは、毛越寺です車(RV)


中尊寺と近接する毛越寺は、

平安時代の優美な浄土庭園に境内の四季折々の花が彩る観光地です。

(しかし、毛越寺「もうつうじ」、達谷窟(たっこくのいわや)など、

難読地名が多いですな・・・)

場内中央には、浄土の風景を現世に具現化したかのような、

非常に神秘的な大池が存在します。

先般の地震により、この池にある立岩がやや横に傾いてきてしまったようで、

現在立入禁止の工事中となっておりました!

池の周りには重厚な大木、きれいな花々、神社仏閣など、

見どころも多く、歩いていても全く飽きません。

ここも、中尊寺観光では外せない名所です!

地震が来ようが、台風が来ようが、負けませんよぉ。

東北は熱い!

紅葉の時期がおススメでしょう。

是非遊びに行かれてみては〜?


DSC07077.JPG


DSC07075.JPG

DSC07078.JPG

ラベル:毛越寺
posted by miura at 11:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

【遅まきながら、mixiを始めました。笑】

【遅まきながら、mixiを始めました。笑】


似たような趣味嗜好の方、価値観の方のマイミクを

ドシドシ募集いたします!

よろしくお願いします↓

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=43460453&from=navi


posted by miura at 18:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【18日は、達谷窟にも行ってきました!】

【18日は、達谷窟にも行ってきました!】


18日は、中尊寺までにはなかなか来る機会はないぞ、

ということで、近場の名所を制覇しようと、

短時間で色んな所を歩き回りました。

下の写真は達谷窟というところで、

岸壁をえぐり取ったような場所にお堂があるという

大変珍しい構造をしております。

ここの目玉は、大日如来あるいは阿弥陀如来といわれる

大きな磨崖仏が壁面上部に刻まれていること!

1000年以上前にどうやって彫ったんでしょうね?

これも一見の価値がありますよ。

中尊寺からだと車で超近いので、

是非おススメ致します。


DSC07071.JPG


DSC07073.JPG


DSC07072.JPG
ラベル:達谷窟
posted by miura at 18:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

9月18日には一関市の厳美渓にも行ってきました♪

 
【9月18日には一関市の厳美渓にも行ってきましたるんるん

●中尊寺の近くにあるということで、

ついでに、厳美渓にも行ってきました。

天気が良かったこともあり、景観は最高でした。

ここの名物はおだんごだそうで、出来上がりを待っている

観光客の皆様がわんさかいました。

私は食べなかったけどね〜。


DSC07074.JPG
ラベル:厳美渓
posted by miura at 23:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月18日に世界遺産の平泉中尊寺に行ってきました!

【9月18日に世界遺産の平泉中尊寺に行ってきました!】


やはり、連休中だということもあり、すごい人出。

メインの金色堂は撮影不可なので、お見せできないのが残念。

一見の価値がありますよ!

駐車場から、本堂入り口までは、

大の大人でもヘトヘトになるくらいの上り坂がしばらく続きますので、

運動靴でいかないとひどい思いをします。

ご注意を。



DSC07090.JPG

DSC07081.JPG

DSC07085.JPG
posted by miura at 13:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

【鍵山秀三郎先生の朝のお言葉】

【鍵山秀三郎先生の朝のお言葉】


本日朝、新宿歌舞伎町で行われた鍵山秀三郎さんの講演の中で特に心に響いた言葉。

「最近の人々は、昔だったら何とも思わなかったようなことに過剰反応しすぎる。

そうならないためにも、掃除をすることが大切だ」
ラベル:鍵山秀三郎
posted by miura at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝、新宿の街頭清掃に参加してきました!

【朝。新宿歌舞伎町の街頭清掃に参加してきました】


寝不足でしたが、気合を入れて、自転車を必死に漕いで、

歌舞伎町の街頭清掃に本日朝6時から7時まで参加してきました。

清掃終了後、震災で3月から延期されていた、街頭清掃100回記念のシンポジウムも、

近隣の映画館内でとり行われ、鍵山秀三郎さんはじめ、貴重なお話を拝聴できました。

7月、8月と街頭清掃不参加でしたが、朝から清々しい気分になれました。

やはり、無私の心で掃除をすると、得も言われぬ爽快感を感じることができます!
ラベル:鍵山秀三郎
posted by miura at 09:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

【おかげさまで、必読本1000冊突破を達成しました!!】

【おかげさまで、必読本1000冊突破を達成しました!!】


●本日2011年9月8日に、必読本を1000冊突破することができました。

達成直前にもかかわらず、足踏み状態が続きまして、

我ながら情けなく思っておりますが、

今は安堵感でいっぱいです。

これもひとえに、いつも愛読していただいている皆様の

ご支援の賜物だと思っております。

●現在、1000冊突破を一つの節目に、

新たにHPの立ち上げなど、新企画を構想中です。

完成しましたらいち早くお知らせしますので、

本ブログ共々、変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

このたびは本当にありがとうございました!

 
               ブログ執筆者 三浦 寿博



posted by miura at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必読本 第1000冊目 いくつになっても「モテる人」の習慣

必読本 第1000冊目

1106050521.jpg 

[図解]いくつになっても「モテる人」の習慣

青木一郎

¥ 840

PHP研究所

単行本(ソフトカバー): 96ページ

2011年8月10日 初版

 

●「外見」や「出会い」、「コミュニケーション」から「仕事術」まで、

あなたの魅力を高め、人生をより充実させよう。

●前回ご紹介したばかりの、中年専門恋愛コンサルタント青木一郎さんの第2弾。

 処女作は、自ら企画し、出版社に持ち込んで実現した本らしいのだが、

その本が好評だったこともあり、今回はPHPからの出版となった。

●本書はいわゆるムックです。

見開き2ページで、右ページに文章の解説、

左ページに図表やイラストを載せるという至って使いやすい構成になっております。

1,000円札1枚でお釣りがくる廉価。

100ページにも満たない薄い本だということもうれしい長所ですね。

●内容的には、処女作のまとめ的な内容に終始している

(章立ても全く同じ)。

新奇なところはほとんどない。

「ほとんど前作と内容は同じじゃん!」という

失望感を持つ方もおられるかもしれないが、

ポイントが手際良くまとめられていて復習的に使用できること、

文章オンリーの本よりも非常に読みやすい工夫が随所に凝らされていることもあり、

2冊同時に読んでも効果が高いと思う。

数多く紹介されている体験者のエピソードにも参考になるものが少なくない。

●前回の書評でも申し上げたかと思いますが、

著者は、この手の恋愛コンサルタントにありがちな、

ただ女性とヤルことだけが目的の、軽薄軟派なタイプの人間ではなく、

かつての自分と同じく、

婚期を逃し、真剣に恋愛、結婚を渇望している中高年男性を

救いたいという、ある種の使命感や真摯さを兼ね備えた、

希有なタイプの恋愛コンサルタントである。

初めからイケメンで、何一つ苦労することなく恋愛を謳歌してただろう

中谷彰宏氏などの恋愛本などに大いに違和感、反感を持った、

大多数のモテない男性陣側の立場、心情を大いに理解できる人なのだ。

●自らも実行し、多くの恋愛弱者を救ったというアイディア、メソッド類も、

敷居が低く常識的で、誰もが取り組みやすいものが少なくない。

この手の恋愛本には、志が低劣で、効果も怪しく、

とても推奨できるような代物が少ないのが実情だが、

著者の本は、その中でも信用できる希有な一冊である。

書き下ろしの新作にも期待したい。

 

 【マストポイント】

@「私は、自分の長所に気づかない人を何人も見てきました。

逆に短所に気づかない人も知っています。

自己変革の第一歩は正しい自己診断ですから、

自分自身を「客観視」することは極めて重要なこと。

そしてその長所を相手が喜ぶことに生かすことが成功の鍵を

握っているのです」 

A「以前、私が出版社の人から聞いた話ですが、

『モテるコツは女性の話を聞くこと』と全員が語ったそうです。

海外の研究結果で、『相手に多く話をさせる時間が長いほど、

相手からの好感度が増す』というものがあることからも、

普遍性のある法則と考えていいでしょう。

話を聞く人がモテるのです」

B「リーダーシップは父性です。

包容力は母性です。

この両方を併せ持つ人が、本当の意味で仕事ができ、

女性にモテるのです。

多くの若い女性が語る年上男性の魅力、

『話をしっかり聞いてくれるけど、イザというときに叱ってくれる』というのは、

まさにこのことを指しているのだと思います」

(以上本文より。一部改変)

 

【著者略歴】

青木 一郎
中年男性専門の恋愛コンサルタント。1965年生まれ。早稲田大学卒業後、日本IBMに約20年間勤務。40歳前後で、薄毛と若年性の更年期障害が急激に進行。容姿と体力が著しく衰える中、女性にモテる方法を模索し、医療・理美容・イメージアップで実績のある手法とITをフル活用した再現性の高い独自の手法を確立。自ら実験台となり、薄毛治療、歯の美白、ヒゲの脱毛などを実践、40歳からの5年間で160名以上の女性とデートして自身の手法を検証し刷新を重ねた。約800名の中年男性の恋愛を成就させた実績を持つ。

ラベル:青木一郎

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。