2008年06月15日

必読本 第699冊目 斎藤一人悩みから宝が生まれる

必読本 第699冊目

hitori1.jpg

斎藤一人悩みから宝が生まれる

みっちゃん先生(著), 斎藤 一人(著)

¥ 950 (税込)

ロングセラーズ

新書: 189ページ

2008年6月1日 初版

 

●心配ごと、悩みごと、苦労症、うつ病、だいじょうぶだいじょうぶ。

落ち込んだ心から気持ちよく抜け出す秘伝の法。

健康を呼び込む奇跡の言葉付き。

出たばかりの斎藤一人さん関係の最新刊。

シリーズ化されているKKロングセラーズからの新書である。

1,000円札一枚でお釣りが来る廉価、

ハンディなサイズ、平易な内容で、非常に人気が高い。

●今回の本は、今までのシリーズと比べて

若干変更点がある。

今までの本では、冒頭か末尾で、

師匠である一人さんの社交辞令的な推薦文を載せるのみだったが、

本書には、一人さんのおまけ話が巻末に掲載されているのである。

メインの著者は一応みっちゃん先生となっているが、

一人さんとの話との比率はおよそ7:3ぐらいの感じである。

ちなみに、一人さんのお話は、

講演した内容を文字に起こしたもので、

かつてよくおまけで付いていたCDのような内容になっている。

●今回のお話のテーマは、ずばり

「体の不調、精神的な悩みを解消するには

どうすればよいか」である。

かつてはうつ病に悩まされ、体重が40kgを切るほど激ヤセし、

いつも病気気味だったみっちゃん先生が、

一人さんと出会い、体を健康にするための数々の

秘法を伝授される。

それらを紹介する内容となっている。

●いい口ぐせを唱える、顔にツヤを出す、

きれいな服を着て、光り物を身につける、

トイレ掃除をする、などの

基本的な一人流成功法則がたくさん出てくる。

一人さん関係の本に長く親しんだファンには

新奇なところがほとんどなく、やや新鮮味に欠けるが、

まあ役に立つのは間違いないので、復習的に読めばよいでしょう。

●巻末には、最近では珍しく、

一人さんのお弟子さん以外の本の推薦がある。

下記に挙げておきますので興味ある方はどうぞ。

最近、書き下ろしの新刊が出る気配が

全くないのですが、一人さんの本はいつ出るのでしょうか。

待ち遠しいですね。

 

【マストポイント】

一人さん流「信じなくてもいいけど、

やってみれば効果テキメン」の奇跡を起こす言葉

@「今日はいい日だ」

A「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

(特にはっきりとした理由がなくても

これらの言葉を先に何度も繰り返し唱えていると、

脳や体が命令を受け、その言葉通りの現実を

目の前に現すことができるようになる。

一人さんの本では出てこないと思うが、

些細なことにイライラしそうになったり、

細かいことが気になってしょうがない時は、

私は「気にしない、気にしない」という言葉を唱えるのも

非常に効果があると思う)

Bいい言葉を常に口ぐせにしている人は、

小さな光(幸せバリア、宇宙エネルギー、オーラ、波動とも言う)に

包まれるようになる。

これに包まれた人は、不幸を一切はねのけ、

幸せなことばかり引き寄せるようになる。 

 

みっちゃん先生
『銀座まるかん』販売代理店『みっちゃん先生商店』代表取締役。斎藤一人氏いわく「オムツをしている頃からの知り合い」で、現在に至るまで斎藤氏の生き方や考え方から商売・会社経営にいたるまで様々な教えを受ける。会社経営を始めて十数年。江戸川区の高額納税者番付トップ10の常連メンバーとなる(平成15年度の江戸川区高額納税者番付では7位)。本名はくろす・みちよ。



posted by miura at 15:13| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。