2008年06月21日

必読本 第704冊目 無敵の北京―イラストレイテッド

必読本 第704冊目

muteki1.jpg

無敵の北京―イラストレイテッド

まのとのま(著)

¥ 1,764 (税込)

アスペクト

単行本: 127ページ

2008年4月1日 初版

 

●ゆるキャラお菓子、猫バカカフェ、謎の施設・北京地下城、

人っ子ひとりいない世界遺産…。

定番観光では見られない怪しくディープな北京を紹介。

●本年8月8日開幕の北京オリンピックまで

残り2ヶ月を切りました。

野球代表も最終候補選手39人に絞られましたし、

水着着用問題も一応決着し、

選手の皆さんは最終調整段階に入る時期になりましたね。

この夏、現地まで応援に行かれる方も多いことかと思います。

●私は、かつて数年間在住したことのある、

「第二の故郷」とも言える思い入れの強い場所ゆえ、

是非とも北京オリンピック応援には行きたかったのですが、

諸事情でこの夏は行くことが叶いません。

とても残念ですが、

オリンピック開催期間中は、猛暑の真っ只中で

(時に、日本の暑さを超えることもある)、

なおかつ北京市内は、どこもかしこも

芋の子を洗うような大混雑が予想されますので、

日本でテレビ観戦する方が、ある意味賢明かもしれませんね

(ちょっと負け惜しみっぽいですが・・・)。

●本書は、そんな北京でオリンピック観戦する予定が

ある方にも、ない方にも非常におすすめの現地ガイドブックです。

タイトルにあるように、

すべてイラストと手書きの文章で構成された、

絵本、マンガ的色彩の強い、一風変わったガイドブックです。

●回文のような変な著者名は、

真野(まの)さんと乃間(のま)さんというイラストレーター2人のコンビ名。

(「藤子不二雄」みたいな感じですね)。

両者とも日本の有名美大卒業後、

それぞれ、サンリオ、ディズニーでデザイナー、イラストレーターを

経験されていたこともあって、

人物の表情には万人に受け入れられるようなカワイらしさがあるとともに、

風景、事物などの描き方にはプロらしい写実的な巧さを感じさせる。

●内容的には、「食」(食事)、「探」(観光)、

「楽」(ちょっと変わったグッズ、穴場スポット紹介など)、

「美」(美容と健康)と4部構成になっている。

一読してわかるのだが、

よくぞこれほどまでのイラストを描き切ったものだと

感心せずにはいられないほど、

圧倒的な数のイラストがギュウギュウ詰めで描かれている

(第1章の、著者たちの食べっぷりのよさと

メニューの紹介数の多さは、特に圧巻)。

おそらく、現地で写真を撮りまくり、

帰国後、その写真を見ながら

丹念にイラストに描いていったのであろうが、

本作完成までの時間と労力には、文句なく拍手を贈らざるを得ない。

本の価格がちょっと高いかなと読む前に感じたが、

その価値は間違いなくある。

●また、地図や本文も手書きなのに、

非常に細かい部分まで丁寧に書かれているのも高ポイント。

食事の詳細な解説(中国語にそれなりに精通している人でも、

漢字だけの中国のレストランのメニューには戸惑うことが多い)

お土産品の紹介、日本から携行していくと便利なグッズ、

交通事情、ホテルガイド、簡単な日常会話、中国の国情報

など、最低限必要な旅行知識に関しても、

満遍なく扱われております。

これ1冊だけを片手に北京に旅行に行ったとしても、

それほど困る事態にはならないと思います。

●コーディネーターとして、著者たちと知り合いの

出版社勤務経験のある、

現地在住日本人留学生が担当していることもあり、

『地球の歩き方』などの定番的ガイドブックなどには

掲載されていないような穴場紹介、裏情報が

たくさん出てくることも見逃せない。

万里の長城、故宮、天壇公園など、

北京のメジャーな観光地は一応制覇したが、

意外に知られていないレアな場所を訪れてみたいと

お考えの中国マニア、現地在住者にもおすすめできる。

●大変好評なのか、

同出版社からはこのガイドブックは、

シリーズ化されているようである。

ありきたりなガイドブックに飽きた方などは、

遊び心満載で非常に満足度の高い内容です。

現地に行く予定のない方が読んでも、十分堪能できます。


※今回は、旅行ガイドブックゆえ、

【マストポイント】は割愛させていただきます。 

【著者略歴】

真野 匡(まのきょう)
5月26日東京都生まれ。(株)サンリオのプランナーを経てフリーのイラストレーターになる。『ワールドサッカーマガジン』ほか、各誌にてイラストを執筆中。

乃間 修(のまおさむ)
武蔵野美術大学卒業。ウォルトディズニー・エンタープライズのデザイナーを経て、フリーのイラストレーターになる。学習雑誌等にイラストを執筆中。『ごはん男とパン女』(矢島さら著・パルコ出版刊)にイラストを執筆。

posted by miura at 18:39| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。