2008年09月23日

必読本 第778冊目 石田衣良の人生相談室「答えはひとつじゃないけれど」

必読本 第778冊目

isida1.jpg

石田衣良の人生相談室「答えはひとつじゃないけれど」

石田 衣良(著), 松田 奈緒子(イラスト)

¥ 1,260 (税込)

集英社

単行本: 211ページ

2008年7月30日 初版

 

● 石田衣良先生が女子の悩みに答えます!

月刊少女まんが誌『Cookie』人気連載を収録。

全国10代〜40代まで様々な女子のお悩みに、

軽妙だけど冷静かつ分析的に回答します。

巻末に人気まんが家・おかざき真里氏との特別対談収録。

●『池袋ウエストゲートパーク』などでおなじみの

作家石田衣良さんの人生相談本。

私は一度も読んだことがないので、ファッション誌なのか、

漫画雑誌なのか不明だが、

『クッキー』という女の子向けの雑誌に連載されていたものを

一冊にまとめたものとのこと。

●2004年5月から2008年6月までに掲載された

全46個の女の子からの(ごく一部、男子からのものもあり)質問に、

石田さんがざっくばらんに語るという内容をとる。

毎回の回答文の頭には、購入した一軒家や、

テレビ出演時のエピソードなど、

石田さんの近況も語られていることもあり、

氏のファンならば普段の姿を知ることも出来ます。

松田奈緒子さんのギャグの効いた挿絵漫画もとても面白く、

肩がこらずにスイスイスイスイと読み進めて行ける作りになっております。

●しかし、表向きはかわいく化粧をし、おしゃれに着飾ってはいても、

青春真っ盛りの女子や、結婚適齢期の女性たちの悩みというものは、

実にバラエティ豊かで、外見だけでは窺い知ることができないものだと、

改めて思い知らされます。

不倫、二股交際、セックスレス、DV、持病、いじめ、心の悩み、

親の喧嘩や離婚、進路、マタニティブルー、友人との交際など、

独身女性ならば誰もが直面するだろう悩み、苦しみの類は

ほとんど取り上げられているのではないかというぐらいに

各種の悩みが満載です。

女心を知るという意味で、男性が読んでも得るところの多い内容です。

●この手の人生相談本の回答者の中には、

自分の体面を気にしてか、セックスなどの下半身相談に対して、

キレイ事で済ましたりなど、核心を突かないような

表面的な回答で終わってしまう人も少なくないが

(例・ラジオ『テレフォン人生相談』)、

石田さんは、逃げも隠れもせず、

性の悩みに対して忌憚なく回答しているのにも好感が持てる。

さすが、若者に人気の小説家だけのことはあります。

※本日のマストポイントは、人生相談本なので、割愛いたします。

【著者略歴】

石田 衣良(イシダ イラ)
作家。1960年東京生まれ。広告制作会社勤務・コピーライター業を経て作家デビュー。97年『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞、同作はTVドラマ化され大ヒットシリーズに。2003年に『4TEEN』で第129回直木賞受賞。06年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞受賞。

松田 奈緒子(マツダ ナオコ)
まんが家。1969年長崎生まれ。96年『ファンタスティックデイズ』にてデビュー。キレのいい話運びとシニカルなキャラクター造形、江戸趣味的な世界観が人気を呼ぶ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。