2008年09月27日

必読本 第781冊目 巫女さん入門 初級編

必読本 第781冊目

miko2.jpg

巫女さん入門 初級編

神田明神(監修)

¥ 1,470 (税込)

朝日新聞出版

単行本: 173ページ

2008年7月17日 初版


●東京・秋葉原の氏神様である神田明神で開かれ、

女の子に大人気の「巫女さん入門講座」の公式テキスト。

「神道」と「神社」の基礎・応用知識から、

食事作法、大祓詞の奏上、行事作法までイラストや写真で解説する。

●神社や神道のことを詳しく知るために手に取った本。

私はその手の事に関して全く興味がないので、

詳しいことはわからないのだが、

最近は、アキバなどのコスプレの中には

巫女さんの格好をする人もいるらしい。

まあ、軽い遊び心でやっている女の子が多いのだろうが、

それにしても、スチュワーデス、看護婦などと並び、

巫女さんという職業には、老若男女問わず、

何か人を文句なく信服させるのに十分な威厳、

崇高さ、清廉さを感じさせる。

●全体はおまけ部分を除いて、全5章あるのだが、

前半第1講、第2講の「「神道」と「神社」の基礎知識と応用知識」が

ごくごく基礎の基礎の部分がわかりやすく解説されていて、

この手のことを知ろうと思っている人には非常に勉強になる。

日本の神様信仰の起こり、本神社と摂社、末社の関係性、

多神教としての神道と一神教としてのキリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの

思想の違い、神社参拝時の行儀作法の実際などなど、

初歩的なことはほぼ網羅されている。

写真、図解、漫画など読みやすい工夫が施され、

実に使い勝手のよい本に仕上がっております。

●付録には、実際に神田明神で巫女として働いている

女性の方々へのインタビューや、

巫女さんに就くためにはどうしたらいいかのガイダンス、

神事関係の専門用語解説まである。

一から、神社関係のことを知るための教則本としては、

文句なく役立つ本である。

(メインの写真モデルを勤められている女性が、

非常に凛々しい典型的な和風美人で、

その手のマニアにはたまらないだろう。

ただ、神田明神の実際の巫女さんなのか

ただのモデルさんなのかは不明)。

●神様を数える単位は「〜柱(はしら)」であるとか、

巫女さんは独身者しかなれず、職業として

従事している女性は大体28歳ぐらいで辞める人が多いとか、

秋葉原電気街が近いこともあり、

フロッピーディスクやメモリーなどの電子部品を元にして

作ったお守りが神田明神では発売されているとか、

マメ情報も満載の本である

(最後に、こんなことを書くと神様からバチを当てられそうですが、

巫女さんは下着を着用しているのかどうかという

男性ならば誰もが気になることに関しては、

至って真面目なコンセプトの本なので、当然ながらコメントはなかったですw)。

 

【マストポイント】

@【神道の特色】

1、敬神崇祖(神様を敬い、祖先を崇めること。

神の恵みと祖先の恩に感謝し、神の仕事をさせてもらっている者として

世のため人のため、世界の共存共栄を実現すべく生きること)

2、浄明正直(清らかで明るく、正しくまっすぐな心を持つこと)

3、自然との共生(神様は昔から、

森、滝、湖、大木、岩、雲、太陽などの自然物に宿ると言われている。

よって、自然愛護の精神を忘れないこと)

4、言挙(ことあ)げせじ

(「言挙げせじ」とは難しい理屈を説かないこと。

白か黒か、勝ち組か負け組か、○か×かの

二者択一的な西洋合理主義とは違い、

日本神道は、ゆるやかな曖昧性を特色とする。

白か黒かだけではなく、真ん中の灰色の部分も大事にする。

時にはイエス、時にはノー、バランスよく対応できる柔軟性、

合理性だけで判断せず、美しい心で素直に直感的に受容する

度量の広さ、全的感覚、リラックス感などを「言挙げせじ」という。

余談だが、ビートたけしさんは、厳密に細部を定義せず、

いかようにも解釈できる日本国憲法(9条)の曖昧さ、柔軟性が

逆に最大の長所なのだというようなことを、昔、著書で書いていたと記憶する)

A1、神様への真心をもって奉仕すること。

2、いつも笑顔で人に接すること。

3、感謝の心を大切にすること。

4、明るく親切にして奉仕の心を抱くこと。

5、常に謙虚な姿勢を忘れないこと。

(神田明神が巫女さんを採用する際に、

是非とも持っていただきたいと考える心構え5原則)

B1、「ハイ」という素直な心

2、「させていただきます」という奉仕の心

3、「ありがとうございます」という感謝の心

(お正月初詣の時に、神田明神が

アルバイトの巫女さんたちにお願いしている心構え3原則)

 

※神田明神 公式サイト http://www.kandamyoujin.or.jp/

 



ラベル:巫女 神田明神
posted by miura at 17:16| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界・不思議系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。