2010年09月27日

必読本 第922冊目 あなたのために―いのちを支えるスープ

必読本 第922冊目

4166PZ90ZXL__SS500_.jpg

あなたのために―いのちを支えるスープ

辰巳 芳子(著)

¥2,730

文化出版局

単行本:199 ページ

2002年9月2日 初版



●離乳食に始まり人生最期の時まで私たちを支えてくれるスープこそ、家庭料理のとりで。

自身の介護体験と和洋の料理研究の果てに築き上げたスープ、汁物のすべてを、懇切丁寧にお教えします。

●以前、通学していた調理師専門学校の栄養学の先生が授業で言及したことにより興味を持った本。

本書を読む前に、NHKから出ていた著者のDVDを先に鑑賞したのだが、

著者は、料理の中でも、とりわけスープ作りに情熱を注いできたらしい。

クリスチャンでもあり、聖心女子大出身、大手企業重役のお嬢様というセレブな育ち、

西洋哲学など、随所にインテリを感じさせる独特の文体が異色の料理本です。

●なぜ、スープ一筋にこだわってきたかというと、

実父が半身不随、嚥下困難になるほどの闘病状態になり、

その介護をする中で、唯一摂取可能だったのが、スープだったからであった。

私自身、ラーメン屋に行っても、麺よりスープの方にこだわるぐらい

汁物にはうるさいので、興味をそそられ、読んでみることにしました。

●専門の料理本らしい、ハードカバーの重厚な本で、

和風汁物と、洋風スープに大別し、代表的なレシピをカラー写真入りで

丁寧に説明していくというスタイルをとる。

著名な料理研究家でもある実母と、著者が師事した有名フランス料理シェフの

教えを巧みに取り入れ、著者主宰のスープ教室で磨きに磨きをかけて

完成された厳選スープがずらりと掲載されている。

●ただ、掲載されているスープの大半は、普通に手に入るありきたりな食材を使用し、

特に難しい調理法をするわけでもなく、

誰もがやる気次第で、難なく家庭で調理可能である。

料理素人にも、それほど敷居は高くない。

水、味噌、火力、出汁など、関連のコラムも、

著者の信念が詰まっていて読み応えがある。

汁物に関する知識、情報は過不足なく掲載されています。

●冒頭、辰巳さんの名を決定的に有名にしたと言っても過言ではない、

玄米スープとしいたけスープが掲載されているのだが、

これは、まさに薬効あらたかな漢方の煎じ汁と言ってもよいような代物で、

疲労回復、難病治癒など、多方面で効能があるらしい

(ネットで検索すると、そのレシピは容易に判明します)。

今手元に、良質な玄米と梅干しがないので、すぐに作ることができないのが残念だが、

私も疲労困憊した時などに是非一度自作してみようと思う。

写真を見ているだけで、体の悪いところが、一遍で治ってしまうような気さえ起こさせます。

この部分だけでも、本書を購入する価値があります。

●今年の8月以降、この本の影響と全く関係なく、

味噌汁を飲まない生活は健康に悪いと突如思い立ち、

昆布やしいたけで出汁をとり、2種類の合わせ味噌のみの超シンプル味噌汁を

毎日のように食しているのだが(刑務所で出されるような、具材を一切入れず、

味噌だけで溶いた味噌汁で飲むことが多い 笑)、

やはり、体調はかなり良くなりましたね(味噌汁を毎日飲む一方、

汁物替わりで頻繁に食していたカップラーメンを一切食べなくなったこともあるでしょうが)。

本書に掲載されているスープ、汁物を一通り眺めていますと、

こんなに食材にこだわり、手間ひまかけて、丁寧に汁物作りをすることが

習慣化されている家庭ならば、家族全員が健康に、なおかつ容姿端麗に育つだろうな、と

心底から思わされます。

お湯だけ注げば、あっという間に出来上がるような、

品質粗悪なインスタントみそ汁、スープ、カップラーメンの類などを一切欲しなくなるでしょうね。

●本書は、著者最大のベストセラーであることのみならず、

味噌汁やスープを極めたい方ならば必携の一冊と言っていいですね。

それなりの価格はしますが、これで家族全員の健康が守れると思ったら、安い買い物です。





※食事関係の本なので、今回の【マストポイント】は割愛いたします。



【著者略歴】

辰巳 芳子
1924年、東京生れ。料理家、随筆家。聖心女子学院卒業。料理研究家の草分け的存在だった母・浜子の傍らで日本の家庭料理を体得し、シェフ数人について洋風料理を長く学ぶ。雑誌やテレビなどで料理を発表するのみならず、日本の食文化を世界のそれと比較してとらえる視点や、食といのちのかかわりへの洞察をもって積極的に発言している。現在NPO「良い食材を伝える会」代表理事、「確かな味を造る会」最高顧問。「スープの会」を主宰し、自宅等で教室を開き、地域高齢者へのスープサービスも行なっている。







ラベル:辰巳芳子
posted by miura at 14:14| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。