2006年06月09日

必読本 第1冊目 自己を築く

必読本 第1冊目

DSC06550.JPG

 自己を築く―心を支配する7つの法則で、これだけあなたは変わる  

ブライアン・トレーシー(著), 田中 孝顕(翻訳)

価格: ¥1,155 (税込)  

きこ書房

●私がこのブログを開始するにあたって、

是非とも一冊目にご紹介したかった本がこれです。

それぐらいに思い入れの強い名著です。

●座右の書と言えるぐらいの名著には、

長い読書人生においてなかなか出合えるものではないのですが、

私の場合は文句なくこの本が座右の書の中の1冊と言えます。

●自己啓発書、成功法則本と言われる書は

世間に数多く存在しておりますが、まず間違いなく

その世界の10本の指に入る名著でしょう。

●言葉の使い方、潜在意識の仕組み、愛の大切さ、

良好な人間関係の構築の仕方、ストレスコントロールの方法など、

ここまでよく考え抜いたものだと感心せずには

おれないぐらいに、目からウロコのテクニック満載です。

●実践マーケッター神田昌典さん、日本一のお金持ち 

銀座まるかん創業者 斎藤一人さんなど数多くの成功者が、

当書籍の影響を受けていることが、

ありありとわかります。

●現在絶版中のため、私は、新潟県内のブックオフにて

初めて入手しましたが、その後、猛烈に探し収集しております。

「何かいい本がない?」かと質問してくる知人友人に

プレゼントするためです。

●著者の日本語訳の書籍は、アマゾンにて検索しますと、

現在16作ほど入手可能ですが、他に読むべき必読作品は、

『大富豪になる人の小さな習慣術』(徳間書店 定価1,575円)です。

●上記2冊は、非常にコンパクトに成功法則がまとめられて

とても読みやすく、なおかつ、重要ポイントが網羅されているので、

この2冊の再読精読で、きわめて強固な

成功への思考法を完成できます。

(『フォーカル・ポイント 仕事の「その一点」に気づく人、気づかない人

』(主婦の友社)を推す声も多くありますが、この本は上記2冊ほど

推薦いたしません。絶版でプレミアがついていますので、

コレクターの方は、購入してもよろしいでしょうが・・・・。)

●多くの自己啓発本を読み漁っているのに、

なかなか行動が伴わず、又、成果が上がらない、

「自己啓発本オタク」、「自己啓発本評論家」に堕している人たちに

是非がんばって入手して精読していただきたい本です。

●『世界の成功哲学50の名著』(ディスカヴァー21 トム・バトラ−・ボ−トン著 定価2,100円)の中でも、

成功哲学の必読書50冊の中の1冊として挙げられていることを付記いたします。 


この記事へのコメント
はじめまして。いつも拝見しております。

この本、参考に購入して読んだところ、目からウロコでした。

本当にありがとうございます。
Posted by chocotto at 2010年11月16日 08:59

緊急事態wwwww
http://-uv-6p7.kxyasx.info/
あらゆる股間で大洪水wwwwwwこれはヤバいwwwwwwwwwwww
Posted by 欲求不満カイケツwww at 2011年03月22日 06:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。