2006年06月19日

必読本 第11冊目  トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!

第11冊目

hiro0718japan-img450x600-1144627784dsc05971.jpg

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!  

トム ピーターズ(著), 仁平 和夫(翻訳)

¥1,365 (税込)

TBSブリタニカ

第6冊目で既に紹介済みの、書評メルマガ『Webook of the Day』を

発行されている松山真之助さんの著書『マインドマップ読書術』

(ダイヤモンド社  ¥1,470 (税込))や、

第2冊目の平野秀典さんの本『儲けを生みだす表現力の魔法』

の中でも絶賛されている名著です。

●サラリーマンの世界は日々激烈さを極めております!

リストラが当たり前になった現在を生き抜くために頼りになるのは自分の腕だけ。

一目で違いが分かり、お客さんの期待を裏切らず、人の心を癒す、

あたかもルイ・ヴィトンやロレックスなどに代表される「ブランド品」さながらの、

「ブランド人」になる方法を教えてくれます。

●この本の特長といいますか、

まず真っ先に挙げられる美点が、

仁平さんが翻訳された「COOL」な文章でしょう!

原著を読んでいないので何とも言えないのですが、

カバーデザインも含めまして、

こんなにセンスがよく、カッコいいビジネス関係の書物はなかなかありません。

●しかし、見掛け倒しではなく、内容的にも

すぐに自分を変革できるような目の覚めるようなアイディアが

豊富に掲載されております!

アメリカ隋一の人気経営コンサルタントの名に恥じない

秀逸さです。

●当書含めまして、シリーズ3冊がありますが、

3冊とも必読です。

一味も二味も違う「できる」サラリーマン、OLさんを目指す方は、

これぐらいに大胆かつカッコいい作戦を考えて、

その他大勢より一歩先を行きたいものです!

●著者の若い頃の大傑作書『エクセレント・カンパニー』(講談社)も

未読の方は是非読んでみて下さい。

著者の新シリーズ『トム・ピーターズのマニフェスト』

の魂4冊シリーズ(ランダムハウス講談社  各1,680円(税込))も

好評発売中のようです。

まだ読んでないので、早期に私も読みたいと思っております。

●常々痛感していることですが、仕事の上であっても、

「カッコいい」ことはとても大事なポイントだと思うんです。

社員さんの髪型がカッコいい、制服がカッコいい、名刺デザインがカッコいい、

会社ロゴがカッコいい、あいさつや応対がカッコいい、

仕事にかける情熱がカッコいい・・・・・。

しかし、なんと多くの企業、商売人が、この「カッコいい」かどうかを

無視した、凡庸で、ダサダサの古臭い視点しか持てないのでしょうか?

ダサい商品、ダサい制服、ダサいホームページ、ダサい店の外観、内装・・・・etc。

あらゆる部分がカッコよくないと、モティベーションが上がらないし、

プライドや業績もアップしないことは素人でもわかることでしょう。

トム氏の書籍を精読し、

アメリカの超一流企業にも負けない「カッコよさ」を

マスターしたいものですね! 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。