2006年07月07日

必読本 第45冊目 バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

必読本 第45冊目

DSC02131.JPG

バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

ジョージ・S. クレイソン(著),大島 豊(翻訳)

¥1,575 (税込)

キングベアー出版

単行本: 252 p ; サイズ(cm): 19 x 13

2000/02 初版

 

 

●『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房)巻末推薦図書として

紹介されたこともあって、大ヒットした『お金持ち本』の

古典的名著です。

●いわゆる『お金持ち本』と言われる本の中では、

外せない一冊ですね。

原著はかなり昔の本ですが、現代でも色あせない普遍的な

蓄財の方法が載せられております。

現在のビジネス系作家でも、読んでいない方はいないのではないのか

というぐらいに、影響力の強い名著です。

●古代のバビロンを舞台にして、お金に関する黄金律を

誰にでも実行可能なように教えてくれております。

『ファイナルファンタジー』や、『ロード・オブ・ザ・リング』などの

古代ファンタジーものが好きな方にもおススメです。

●現在さまざまな理由で、「お金」に困っているがどうしたら

いいのかわからない、真剣に借金問題から

抜け出したいという方には、是非まず初めに

手にしていただきたい本ですね。

●金銭問題に悩まれている方は、そんなに

本に多額のお金をかけられない状況でしょうから、

まずこの本から読まれて、

その黄金律を愚直なまでに実行してみて下さい。

真面目に実行された方は、この本がこれほどまでに

絶賛されている理由が自ずからおわかりになられることでしょう。

●余談ですが、キングベアー出版は、

『7つの習慣』や、『ライフスタイル革命』などの出版元として

有名ですが、どうしてこんなに出版数が少ないのでしょうか。

これで経営が成り立つのでしょうか(笑)?

老婆心ながら気になってました。

誰か詳細をお知りになられている方は教えて下さい。

 

 

posted by miura at 10:20| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。