2006年07月10日

必読本 第49冊目 修身教授録―現代に甦る人間学の要諦

必読本 第49冊目

DSC01782.JPG

修身教授録―現代に甦る人間学の要諦

森 信三

¥ 2,415 (税込み)

致知出版社

単行本: 531ページ

2001/06 初版

 

 

●95歳の天寿を全うした、「哲人」、「覚者」とも

別称される、偉大な教育者が残した

講義録。

●致知出版社の多くの人間学の名著のみならず、

日本に現存するすべての自己啓発書の中で、

真っ先に手にするべき傑作の中の一冊です。

●一日一章ずつでも、寝る前や起床後に

読まれると、人生の荒波を生きていく上での

さまざまなヒント、勇気を与えてくれるので、

本当に重宝いたします。

500ページ以上ありますので、

一読して済ませるのでなく、一生読み続けて行きたい大作です。

●現代教育においては、既に「修身」という

科目はなくなってしまいましたが、

マナーや礼儀を知らず、いい加減な若者が堂々と闊歩する

こういう廃れた世の中だからこそ、

この本で述べられている人間として生きていく上での

大切な要諦を、素直に勉強することの重要性が

改めて思い知らされます。

●将来、ひとかどの人物になろうと考えている、

有為の若者は必読の本です。

ただ、学歴がある、偏差値が高い、だけでは

世の中で成功することは難しいですよ。

ご自分の専門分野以外でも、このような

定評のある本を熟読して、内面も磨き上げていって下さい。

第3冊目にも森さんの本を紹介しております。

また、必読本ベスト10 日本人作家篇 の第2位にも

ランク入りさせていただきましたので、

併せてどうぞ。

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。