2006年07月18日

必読本 第58冊目 人生を掃除する人しない人 達人二人、目からウロコの超実践哲学

必読本 第58冊目

hiro0718japan-img450x600-1142578896dsc05732.jpg

人生を掃除する人しない人 達人二人、目からウロコの超実践哲学

桜井 章一 (著), 鍵山 秀三郎 (著)

1,470円(税込み)

東洋経済新報社

単行本: 173 p

2005年3月 初版



●20年間無敗の麻雀界の鬼 桜井章一と、

ひたすら掃除道一筋に徹した 掃除会の鬼

もとい、掃除会の福の神(笑) 鍵山秀三郎との、

誰もが目を疑った、ありえない夢のコラボレーション。

●2人が交互に往復書簡のような形で、

さまざまなテーマを論じ尽くしております。

鍵山さんの多くの著作と同様、

余計なことは一切クドクドと述べない、

シンプルですが、含蓄ある言葉を述べられております。

よって、時間がない多忙な方にもオススメです。

●桜井さんも鍵山さんも、

どんな悪党にも、体制にもおもねることなく

ひたすら己の信念に従って生きてきましたので、

その主義主張が本当に心地よく我々凡人の心に

響いてきます。

自分にも他人にもウソがない真の達人というのは、

この2人のような生き様から生まれ出てくるのでしょう。

●自室やトイレや庭が乱雑に荒れ放題、汚れ放題で、

ホコリだらけ、ゴミだらけのような人は、まずそこから改善した方が

いいですよ。本なんて読むよりもはじめに…。

成功哲学書をウンウン唸りながら読んでいるよりも、

掃除をした方がよっぽど“成功”に近づきます。

鍵山さんだけではなく、小林正観さん(第42冊目参照)、

斎藤一人さんなど、掃除の重要性は改めて私が指摘するまでもなく、

多くの先生方が主張されております。

●鍵山さんの永遠の傑作を、

恐れ多くも、必読本ベスト10 日本人作家篇

第1位にあげさせていただき、

拙文ですが、書評も書かせていただきましたので、

併せてどうぞ。


日本を美しくする会 ホームページ http://www.souji.jp/




posted by miura at 06:43| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。