2006年09月05日

必読本 107冊目 成功曲線を描こう―「みる夢」から「かなえる夢」へ

必読本 107冊目

hiro0718japan-img450x600-1150605010dsc06604.jpg

成功曲線を描こう―「みる夢」から「かなえる夢」へ

石原 明(著)

¥ 1,890 (税込み)

一世出版

単行本: 254ページ

1997年11月7日 1刷



●努力と成功は正比例(直線)の関係にはない。

目標達成のための習慣の変え方と「成功曲線」の描き方を教える。

●初版から10年近く経過する、ちょっと古めの本ですが、

大変読みがいのある、目からウロコの画期的な成功法則本です。

多くの同系の本を読んでも、なかなか結果が出ない方などに

特にお勧めいたします。

●各章にわたって、他の本でも読んだことがあるような、

馴染みのある理論やアイディアが多く出てきますので、

この手の本好きの“ベテラン”の方には、

新味なところがない“凡庸”な本だと

速断してしまう方もおられるかもしれませんが、

そんなことはありません。

必要最低限の成功法則をここまでコンパクトに凝縮して、

また、著者に近しい人間の

成功例を豊富に掲載しているという意味において、

大変取り組みがいのある有益な名著だと判断いたします。

●著者が主張する、数多くの斬新なアイディアの中でも、

とりわけ、タイトルにもなっている「成功曲線」の考え方は

極めて重要です。(本書121ページの図参照。)

様々な新規事業に着手しても、結果が出ず、すぐに諦めてしまう方は、

この図を一瞥しただけで、今まで上手くいかなかった真の疑問点が

一瞬にして氷解してしまうことでしょう。

●できれば、時を開けて、繰り返し再読し、

ポイントをおさらいしたい本ですね。

一読して本棚に飾っておくにはもったいないぐらい、

多くの気づきを与えてくれますよ。

●必読本 第2475冊目にも石原さんの名著を

ご紹介させていただいておりますので、

併せてどうぞ。


【著者紹介】

石原 明
経営コンサルタント。(株)日本経営教育研究所代表取締役。「成功哲学」「売れるしくみ作り」「成長のための組織作り」等のポイントを中心とした講演、執筆、各社顧問および幹部教育等により経営サポートを実践、独自のマーケティング理論は各方面からの強い支持を受けている。それらの理論を総じて、成長企業に関する概念・知識を集積し、「知のプラットホーム」として体系化している。経営者向けマーケティング情報提供を行う「高収益トップ3%倶楽部」を主宰。

石原明さんホームページ http://www.nihonkeiei-lab.jp/




ラベル:石原明 成功曲線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。