2012年02月23日

必読本 第1019冊目 潜入ルポ 中国の女

必読本 第1019冊目

9784163737102.jpg

潜入ルポ 中国の女

福島香織 (著)

文藝春秋

¥1,575

単行本: 232ページ

2011年2月22日 初版



●政治的にも社会的にも自然環境的にも過酷な国で、

女性に生まれることは、決して幸福とは言い難いのに、

それでもたくましく、体を張って生きて、恋し、子供を産み、戦っている女たち。

元女性北京特派員が凝視・直視・驚嘆・取材した「中国女」の全て。

●今月頭に中国北京を訪問したこともあり、その影響で手にした本。

香港や北京に駐留し、生の中国の現状に精通した、

元新聞記者である著者がレポートする、中国女性の真実の姿。

●日本でもよく知られるように、

中国大手マスコミは、国直轄の機関であることもあり、

自国に不利な情報、ネガティブな情報はほとんど報道しない。

かなり強力な情報規制、検閲、出版物の発禁が行われている。

よって、どこの国でも必ず普通に目にすることができる、

売春、エイズ、麻薬などの犯罪組織、出生やセックスに関する問題、

政治や宗教がらみのニュースなどの真相を、

一般の人間が知ることは容易ではない

(東スポなどの暴露系、エログロ系の夕刊紙、

時の為政者、有名人などを平気でこき下ろし、

民衆の不満を解消するビートたけし的な存在が、

現代中国には存在し得ない)。

●本書は、中国滞在歴も長く、現地人たちとのコネも豊富な

女性ジャーナリストの著者が、

現在の中国の“ダークサイド”を果敢に取材して回ったものである。

売血のせいでエイズに罹患しながらも、無謀にも子供を出生した“エイズ村”の女性

(国籍を詐称して潜入取材するのだが、それがバレない語学力、演技力がすごい)、

貧困から逃れるために地方から都市部に売春婦として働きに来る若い女性たち

(売春婦の女の子たちの歓心を買い、友達同然にプライベートまで仲良くなる。

日本のキャバクラの女性が、閉店後にホストクラブで鬱憤を晴らすように、、

売春婦が売春夫を買いに行くなどの話はショックを受けること必定)など、

冒頭から息を呑むような悲惨な女性たちが続々と登場する。

北京、上海、広州などの沿岸部の都市では、

華やかなニュースしか報道されないことが多いが、

ちょっと離れた内陸部では、いまだに前近代的な悪習、迷信がはびこっていたり、

ちょっと信じがたいような貧困格差や食糧難が根強く存在していることがわかり、

やはり、大きな衝撃を受けます。

●前半は、そういうどぎつい状況で働いている闇の女性たちを取材しておりますが、

後半では、一代で巨万の富を築いた企業家や、

流行作家、漫画家、NPO主宰者、人権活動家などの、

華やかな舞台で活躍されている女性たちの姿を

詳細にレポートしてくれております

(ただ、公安から拉致監禁されて、有名な収容所に連れて行かれ、

暴力的な取り調べを受けたチベット問題活動家の話は、やはり恐怖を覚えます。

一党独裁が原則の中国では、下手に政治問題、人種問題を論ずることは、

大きなリスクを負うことになることを痛感させられました)。

●中国に留学、赴任する予定の方は、

超近代的なビルやブランドショップが続々と建設される都市部の華やかな姿の裏に、

先進国では到底考えられないほどに衛生観念が低く、無教育な「夜の女性たち」、

一人っ子政策の負の面と言える、人身売買、幼児誘拐が厳然と存在するということ、

携帯電話、メール、スカイプでも、やろうと思ったら平気で

盗聴、傍受されるという公安の情報収集能力の凄さなどを

本書で事前に学んでいった方がよろしいかと思います

(個人的には、好意を持っている風を装って、

巧みに日本男性のお金をかすめ取る中国女性の手口、

男児を産むことに固執するが、離婚することには意外に抵抗が少ない結婚事情、

などを知ることができたのが収穫だった)。

●著者には、是非本書で取材しきれなかった人たちを

レポートした第2弾を期待したい。

たとえば、就職難から、成金男性と結婚したり不倫したりするインテリ女子大生、

日本のアニメ、歌手、小説に熱狂する女の子、

ブランドのコピー商品を製造販売する組織、

アイフォーン製造などで過酷な労働を強いられる工場勤務者、

日本人男性を騙して大金を得た女性などを潜入レポートしてもらいたいものです。



※今回の【マストポイント】は、割愛いたします。



【著者略歴】

福島 香織
ジャーナリスト。1967年奈良市生まれ。大阪大学文学部卒業後、産経新聞社に入社。大阪文化部などを経て上海・復旦大学に語学留学。2001年から産経新聞香港支局長に赴任、2002年に香港支局閉局にともない中国総局(北京)に異動。2008年まで常駐記者を務めた。帰国後は東京政治部で麻生太郎政権を取材。2009年に退職し、中国関連分野でフリーの活動を開始。







ラベル:福島香織
posted by miura at 14:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・詩集・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。