2006年11月09日

必読本 第172冊目 会社が光る―「掃除」の実学 やさしさと辛抱強さこそ

必読本 第172冊目

DSC07275.JPG

会社が光る―「掃除」の実学 やさしさと辛抱強さこそ

浅野 喜起(著), 鍵山 秀三郎(著)

¥ 1,050 (税込)

皓心社

単行本(ソフトカバー): 197ページ

1998年2月20日  初版

 

●人間と会社の本質を見抜き、育てあげてきたベテラン経営コンサルタントと、

独自の哲学で自動車用品の卸・販売会社イエローハットを営む経営者が語り合う仕事・会社・人の幸せ。

●定評ある名コンサルタントと、「掃除学の権威」として絶大な尊敬を集める名経営者の対談集。

あまり有名な出版社でないこともあり、

今まで鍵山さんの本の中でも入手できずにおりましたが、

本日やっとゲットでき早速読んでみました。

対談本なので、文章が大変読みやすく、又初めて知る、

鍵山さんの感動のエピソードがたくさん出てきますので、

あっという間に読了できます。

●利益、効率、数字ばかり重視し、「人間の心」をおろそかにしてきた、企業や学校。

それがこれほどまでに、さまざまな問題を現在引き起こしてきたと言えないだろうか。

徹底して、人を思いやる、人の心を荒ませないことを

第一義として経営されたきたお二人の発言には、

世の指導者層の方々にとっては、

大変参考になる指摘が多いかと思われます。

●大企業、中小企業を問わず経営者なら必読の本ですね。

のみならず、学校の校長、スポーツチームの監督など、

組織のトップの方々にも是非とも読んでいただきたい本です。

現在直面している行き詰まりの原因を必ず見出せるはずです。

●どんなときでも偉そうな素振りなど微塵も見せず、

いつもニコニコ笑顔、そして社長室で終日ふんぞり返っていても

おかしくない身分にもかかわらず、朝一番で会社内外を徹底して掃除し、

年末年始の繁忙期には、一介の作業員として、工場の細々とした仕事を

ひそかに手伝う。

成功しても絶対におごらず、不遇の際にも絶対に逃げないで

一人立ち向かった鍵山さんの姿は、現在色んなことで悩まれている方々には

大いなる示唆と勇気を与えてくれるはずです。

 

 

【著者紹介】

浅野 喜起
大正6年中国大連市生まれ。昭和16年より日本興業銀行勤務。同45年より日本経営システム勤務。社長、会長、相談役を歴任。現在も経営コンサルタントとして活躍中。

鍵山 秀三郎
昭和8年、東京生まれ。昭和27年、疎開先の岐阜県立東美濃高校卒業。昭和28年、デトロイト商会入社。昭和36年、ローヤルを創業し社長に就任。平成9年、社名をイエローハットに変更。平成10年、同社取締役相談役となる。創業以来続けている「掃除」に多くの人が共鳴し、近年は掃除運動が内外に広がっている。「日本を美しくする会」相談役。

日本を美しくする会 ホームページ http://www.souji.jp/index.html

イエローハット ホームページ    http://www.yellowhat.jp/

日本経営システム ホームページ http://www.jmsinc.co.jp/

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。