2006年11月10日

必読本 第173冊目 ビジョナリーカンパニー【特別編】

必読本 第173冊目

ビジョナリーカンパニー特別篇.jpg

ビジョナリーカンパニー【特別編】

ジェームズ・C・コリンズ(著), 山岡洋一(翻訳)

¥ 1,050 (税込)

日経BP社

単行本: 96ページ

2006年6月26日 初版

 

●ピーター・ドラッカーを継ぐ経営学の巨匠コリンズが「発見」した偉大な組織に飛躍する法則とは?

全米で200万部の大ベストセラー『ビジョナリーカンパニー2』付属論文。

医療、教育、役所、NPOのリーダー必読本です。

第162冊目で既に紹介済み、経営学の大名著の補完的内容の本です。

「偉大な存在となった企業の条件」は、営利企業だけではなく、

さまざまな社会組織にまで押し広げて適用できることを説明する。

本書のなかで実際に取り上げられている社会組織は、

ニューヨーク市警、クリーブランド管弦楽団、ガールスカウト、公立学校、大学、病院など

広範囲に及んでおります。

●値段も安価で、肩がこらない短い論文なので、

すぐに読み終えることができます。

是非とも『ビジョナリーカンパニー2』読了直後に併せてお読みになられることを

おススメいたします。

スポーツ、学校、ボランティア組織など、団体のリーダーの方は、

組織運営の要諦がズバリと載せられておりますので、

読まずにいられない本の1冊ですね。

●巻末には、やや大著であった『ビジョナリーカンパニー2』の

重要ポイントがコンパクトにまとめられておりますので、

既読の方の復習本、という意味でも大変有意義な本です。

 

 

【著者紹介】

ジェームズ・C・コリンズ
世界的なベストセラーになった『ビジョナリーカンパニー』(ジェリー・ポラスとの共著)、アメリカだけで200万部を超える大ベストセラーになった『ビジョナリーカンパニー2―飛躍の法則』をはじめ、4点の著書がある。スタンフォード大学ビジネス・スクールで研究者、教育者としてのキャリアを開始し、1988年には優れた教授として学内表彰を受けた。1996年に出身地のコロラド州ボールダーに戻り、経営研究所を設立して研究を行うとともに、企業セクター、社会セクターの指導者に助言するコンサルタントとして活躍している。

 

posted by miura at 13:18| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。