2007年01月04日

日々の気づき 168 【むやみに人を疑わない】

日々の気づき  168

【むやみに人を疑わない】




●何か犯人がわからない嫌な事件が発生した時に、

憶測や噂、状況証拠だけで、絶対に

人を疑ったりしないようにしましょう。

●この社会で生きている限り、

ちょっとした手違い、置き間違い、

伝達ミスなどで、物やお金が紛失したり、

変な誤解を生じたりすることがよくありますが、

100%の証拠がない限り、ある特定の人を

犯人扱い、悪者扱いするのは厳禁です。

●限りなく「クロ」に近くても、

客観的な証拠がなければ、それでも犯人扱いしてはダメです。

濡れ衣を着せられた方はたまったものではない。

一生のトラウマになります。

●直観が鋭い人でも、先入観、思い込み、

固定観念をえてして持ちがちで、

それで判断を誤ることはままあります。

だから、むやみに人を疑ってはならぬのです。





●他人がやっていることを悪く捉え始めたら、

際限なく悪く考えてしまう。

好意でさえ、自分をおとしめる

悪事をしているのではないかと、

被害妄想的になってしまう。

●たとえ、犯人のわからない嫌な事件が

起こっても、それも修行修行!です。

その時の反応を天から試されている。

その時の対応如何で、あなたの器が決まってしまう。

●罪を憎んで人を憎まず。

仮に物を盗まれても、

厳重に管理してなかった自分が悪かったのだ、

盗まれるような余地をちょっとでも残しておいた

自分の手落ちだったと捉える。

●車にコインでキズをつけられても、

そんなしょうもない奴など相手にしない。

犯人探しに躍起になる必要はない。

大体勘で、誰がやったのかはピーンと来るものだが、

それでも犯人だと一方的に決め付けて、

当人に食って掛かったりしてはいけない。

警察沙汰になるような事案以外は、

天の導きに任せて、後は放っておけばよい。

●意味がないことは、この世の中では絶対に起きない。

意味があるから悪いことでも起こる。

それを自分がどう捉えるかである。



posted by miura at 22:49| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。