2007年01月11日

必読本 第234冊目 心霊力―潜在する不思議な力を解明する

必読本 第234冊目

DSC07647.JPG

心霊力―潜在する不思議な力を解明する

関 英男 (著)

777円(税込)

光文社

新書:211ページ

1990年8月30日 初版





●私たちの目に見えない大いなる存在、

それが心霊界である。

そして、その存在を感じ、神秘的パワーを受ける能力が

心霊力である。

様々な誤解や偏見が渦巻く心霊力を素人にもわかりやすく解説し、

どうやったらその能力を身につけることができるのかまで

踏み込んで指南する。

●テレ朝系『オーラの泉』ファンの方ならば、

特に興味深いテーマの本ではないでしょうか。

江原さん、美輪さんの霊視に驚嘆しつつも、

いまだに半信半疑の方々には、

霊能力の何たるかをわからしめてくれるという意味において、

かなり「使える」本です。

●現在絶版の本ですが、

アマゾンやブックオフの新書コーナーを探して

入手してみて下さい。

関さんの本の長所は、この手の怪しげなテーマに関して、

単なる興味本位のトンデモ本と違って、

科学的理論に依拠して詳細に解説してくれている点にあります。

●余談ですが、ちょっと古い時代の本なので、

本文のイラストが、あまりにも写実的過ぎて、

夜読むと恐怖感を覚えます(笑)。

注意して下さい。

必読本 第231冊目にも

関博士の名著を紹介させていただいております。

併せてどうぞ。




【著者紹介】

関 英男
1905年山形県生まれ。東京工業大学電気工学科卒業。工学博士。東京工業大学、ハワ
イ大学、電気通信大学の教授を歴任し、現在は加速学園代表として後進の指導にあ
たっている。紫綬褒章、勲三等瑞宝章を受章している。著書には『エレクトロニクス
の話』(岩波新書)『情報科学と五次元世界』(NHKブックス)『超能力』(光文
社)『念波』(加速学園出版局)などがある。また日本サイ科学会会長として高次元
科学の世界的頭脳との評価が定着している。


ラベル:関英男
posted by miura at 12:13| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界・不思議系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。