2007年02月01日

必読本 第255冊目 「朝」日記の奇跡

必読本 第255冊目

朝日記.jpg 

「朝」日記の奇跡

佐藤 伝(著)

¥ 1,470 (税込)

日本能率協会マネジメントセンター

単行本: 197ページ

2005年5月1日 初版

 

●「日記を朝つける」「連用日記にする」「ワクをつくる」「反省を書かない」など、

これまでにない日記術で、夢をかなえる方法を具体的に説く。

たったこれだけで、ほんとうの自分がわかる! なりたい自分になれる!

●今アマゾンや大手書店などで、最も売れているビジネス系作家の一人。

ほとんど私も著者に関して情報がなかったのですが、

本日はじめてどんなものか触れてみることにしました。

●その感想なのですが、

ちょっと最近読んだ本の中で、ドキドキするような興奮を

味わえた、文字通り傑作の中の1冊です。

日記一つであらゆることをコントロールしようという考えはまさに秀逸の一言。

新たなベストセラー作家が誕生したというような感がありますねぇ。

昨年を代表するビジネス系作家と言えば、

舛田光洋さんで異論はないかと思いますが、

今年はこの方がまず間違いなく「来ます」ね。

未知の方は、今から要チェックしておいて下さい。

●日記で夢を実現しよう、幸せをつかもう系の本は、

過去に、違った著者によって何冊も出版されているが、

私はあまり引かれるものを感じず、全く読んだことはなかったのだが、

この本の内容はすぐに実行したくなるような即効性がありますね。

手書きで日記を書くやり方は別にそんなに目新しいものではなかったが、

表計算ソフトのExcelで日記を書くという方法

(下記著者ホームページ参照。特許まで取得しているとのこと!)は、

よくもこんな方法を思いついたものだなと、

ホトホト感心したくなるような素晴らしい発見です。

ダイエット、恋愛、人間関係、仕事などすべてに効果が期待できます。

●自分をコントロールする

(セルフマネジメントというのだろうか)というのは

言うは易く行うは難しのことであるが、

著者の提唱する方法であれば、難なくこなせそうな予感がした。

大企業の社長に日記をつけていない方はまずいないという指摘にも

ビックリしたし、日記習慣のない方は

早速実行しなくてはならないという気分に絶対にさせてくれますね。

●章末に挿入されているコラムも、

シンプルだが、なかなか鋭いことを書いていて、

好感が持てる。

全体を通した著者の人生観、成功哲学にも

共感できる部分が多く、読んでいて実に心地よかった。

こういう著者は個人的には強く応援したい。

後続本ももちろんここでドンドン紹介していきます。

●あとがきに、元アマゾンカリスマバイヤーで、

現在出版コンサルタントをされている、希代の読書家、

土井英司さんの指導によって、本書が完成した旨が書かれている。

道理でこんなに読みやすいはずだとつくづく合点がいきました。

舛田光洋さんの処女作(必読本第79冊目参照。

又、余談だが、佐藤さんも舛田さんも、

偶然にもバツイチで再婚経験者)と同じぐらい、

シンプルで、手際よくポイントがまとめらている良作です。

無駄なことが一切書かれていない。

(もしかしたら、その本も土井さんの指導が入っている可能性がある)。

未読の方は急いでどうぞ!

恐らく古本価格もドンドン上がるはずですから。

 【著者紹介】

佐藤伝(さとう・でん)
1958年生まれ。明治大学文学部卒。専門は学習方法論。都心にて、「自己実現のための創造学習空間」を提供する創造教育研究所を主宰する。
卒業生には、毎年長者番付に名を連ねる大富豪のご令嬢、誰もが知っている超有名コンサルタント、国際俳優のご子息などがいる。ユニークな学習法の紹介以外にも夢実現ナビゲーターとしての講演も多い。本書で紹介する「朝」日記のベースとなっている「ハイパーまんだら日記」は特許権を取得しており(特許番号PAT.第3089712号)、すでに全国のユーザーの絶大なる支持を得ている。
著書に、『夢の種を育てる人の生活習慣』(PHP研究所)がある。

佐藤伝さん ホームページ http://mandalanikki.com/ 

ラベル:佐藤伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。