2007年02月07日

必読本 第261冊目 富と宇宙と心の法則

必読本 第261冊目

チョプラ2.jpg

富と宇宙と心の法則

ディーパック・チョプラ(著), 住友 進(翻訳)

¥ 1,575 (税込)

サンマーク出版

単行本: 126ページ

2007年1月5日 初版

 

●欲しいものを手にするためにはどうしたらよいのか?

人間の欲求に対するチョプラの答えは、「富の意識」を身につけること。

本書を読むことで、自分の中にもともとある「富の意識」と「本当の豊かさ」に

気づくけるはずでしょう。

世界35言語、2000万読者に支持される著者の、

あらゆる願望をたちまちかなえる究極のメカニズムです。

アマゾンや大手の書店などで、

現在記録的な売り上げを誇るベストセラー!

最近の人気本のタイトルに

キーワードとしてよく取り入れられる「宇宙」という言葉の

不思議な魅力と、お金持ちになりたいという

多くの一般読者の金持ち願望を上手くミックスさせたことが

大成功の要因といえる本。

ページ数の薄さを、豪華な装丁でカバーし、

絶妙な価格設定をする。

サンマーク出版の戦略の見事さが、今回も

如何なく発揮された感がありますね。

●はしがきに、超ベストセラーになった

『小さいことにくよくよするな!』(必読本第88冊目参照)の

著者のリチャード・カールソンが推薦の辞を

寄せている。

双方大物だけに、やはり、昔から

深い関わりがあるようである。

日本での出版社が同じだという関係もあるか。

●本文全体は大きく分けて2部構成になっている。

前半部はアルファベットのAからZの頭文字ごとに

富を獲得するための心がまえを、

シンプルな文句で解き明かしてくれる。

前半部は誰でも気軽に読めるわかりやすい内容。

後半部は、宇宙の中のすべての富の源である

「統一場」に関する解説である。

その後半部であるが、量子論などチョプラ氏の著書では

おなじみの物理理論が出てくるが、やはり抽象的過ぎて

初心者は難解な感じがするだろう。

わからなければ、飛ばしてもよいと思う。

巻末には、その本文全体のキーワードが、

コンパクトにまとめられているので、

復習には最適です。

●著者の本の中では

極めて頻繁に取り上げられることの多い

「瞑想」の大切さが本書でもやはり出てくる

(「超越瞑想」というものらしい)。

残念ながら、瞑想に関して、私はほとんど知識が無い。

だが、何かものすごい効果があるような気が

以前からずっとしていたので、

その方面の本をこれから読んでみることがおそらくあると思う。

このブログでも近々紹介することになると思いますので、

ご期待下さい。

●チョプラ氏のこの本は、

ジェームズ・アレンやウォレス・D. ワトルズの

一連の抽象的啓発本を彷彿とさせますね。

極めて暗示的なメッセージと言いますか、

具体的にどうすれば金持ちになれるかという、

即物的なアドバイスは一切出てこない。

終始一貫、どのような心構えを持って生きるべきか、

極めて哲学的な言葉を、淡々と提示してくれるのみだ。

一読して難解な言葉も少なくないが、

何度も何度も再読していると、いつかは

ピン!と腑に落ちてくる時があるかもしれないですね。

 

 

【著者紹介】

ディーパック・チョプラ

医学博士。インド出身。ボストン・リジオナル・メディカルセンター主任スタッフを経て、1980年代には内分泌学で実績を上げる。90年代には米国アーユルヴェーダ医学協会会長を務め、身体と心を総合的に癒す独自の論を展開、実践のためのプログラムを提唱。現在はカリフォルニアに非営利組織「チョプラ・センター」を創設し、非局所性の科学的研究に取り組んでいる。また、ハーバード・メディカル・スクール主催などの国際的医療イベントで精力的に講演活動を展開。全米のスピリチュアル・リーダーとして絶大な人気を誇る彼の著書は、35の言語に翻訳され、全世界に2000万人以上の読者をもつ。おもな邦訳書に『迷ったときは運命を信じなさい』(小社)、『人生に奇跡をもたらす7つの法則』(PHP研究所)などがある。

 

posted by miura at 18:40| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界・不思議系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。