2007年02月18日

必読本 第272冊目 運命が変わる未来を変える―五日市剛・矢山利彦の 検証ツキを呼ぶ魔法の言葉

必読本 第272冊目

ありがとう2.jpg

運命が変わる未来を変える―五日市剛・矢山利彦の 検証ツキを呼ぶ魔法の言葉

五日市 剛(著), 矢山 利彦(著)

¥ 1,000 (税込)

ビジネス社

単行本: 126ページ

2007年2月11日 初版

 

「想い」「言葉」「行動」のつながりを意識して、

魔法の言葉がいかに「からだ」や「健康」に影響を及ぼすのか。

さらには「人生の流れにも大きく作用するか」を、わかりやすく分析してみる。

皆様の運命がどんどん好転し未来を変えてしまう、

そんなインパクトのある実践的なお話がちりばめられています。

●処女作で世間に大反響を巻き起こしたコンビが送る、

出たばかりの第2弾(五日市さんは公には第3作目)。

誰もが読めるように、易しい文体、薄いページ数、安い価格と

実に気遣いがうれしい本です。

サラーっと1時間もかからず読めますが、内容は充実しています。

ツキを得るための仕組み、いい言葉習慣、

病気が治る仕組みなど、万人に

即効で役立つお得情報満載の本です。

●処女作で言葉足らずだった点を補足し、

新たな情報も盛り込まれております。

前著を読んで誰もが感じた疑問点をQ&A形式で答えるコーナーあり、

いい言葉習慣で奇跡を起こした方々の体験談あり(キムタクの熱烈ファンだった方が、夢実現した話など)、

前著に勝るとも劣らない傑作です。

五日市さんの部分もさることながら、

矢山さんの気の話、医学的な話もとても興味深いですね。

矢山さんのことは、今まであまり注目してこなかったので、

これから徐々に追って行きたいと思います。

●個人的に面白いなぁと思った部分は、

いい言葉を口に出して十回唱えると、物事は「叶」う。

又その言葉は「プラスの言葉」でなくてはならない

(「叶」の文字の右側部分が+となっていることからも)。

逆に、悪い言葉を十回の内、一回でも口に出すと、

言葉を「吐」いてしまうだけになり、

いい言葉が相殺されてしまう(右側部分がプラマイゼロになる)。

よって、願望、夢は「叶」わなくなる。

五日市さんは実にウマイ事を言いますね!

ザブトン一枚!って感じでしょうか。

●他にも「すぐやる、必ずやる、できるまでやる、ダメモトでやる、

すると、たいていのことはできる」の話や、

弘法大師空海の話など、ためになるお話満載です。

未読の方は急いでどうぞ。

やはり、五日市さんの本は

すべて読んでおかれた方がよろしいでしょう

(五日市さん監修の絵本がネット通販で

発売されておるようです。

一般書店売りはされていないようですので、

御希望の方は御自分で探してみて下さい)。

 

 

【著者紹介】

五日市剛

昭和39年7月生まれ。
国立宮城高専を卒業後、豊橋技術科学大学に編入学。その後、アメリカのマサチューセッツ工科大学へ留学。工学博士。
某大手企業で新規事業および研究開発に従事、その後、自ら会社を興し、現在6社の顧問も兼務している。26歳の時のイスラエル旅行での出会いがきっかけで人生がガラリと好転。ツキを呼ぶ魔法の言葉を知ったことが原因と氏は語っている。

 

矢山利彦

1980年九州大学医学部卒業。1983年3月まで福岡徳洲会病院にて救急医療を中心に研修。福岡医師漢方研究会にて東洋医学を学び始める。1983年4月九州大学医学部第二外科入局。1987年佐賀県立病院勤務。同病院好生館外科医長、東洋医学診療部長を歴任。医療法人山桃会 Y.H.C. 矢山クリニック 院長。「気」の理論と実際を伝える、ユニークな「気」の研究家 。小周天の循環方向の男女差や、「気」によるチャクラオープン法を見つける 。難治の患者を中心にこれらの気功法を指導して実績をあげる一方で、「気」の実践家や企業のリーダーに受け入れられて高い評価を受けている 。空手道五段でもある 。主な著書に「気の人間学」(ビジネス社、1993年)「気をひきだせ無限の治癒力」(太郎次郎社)がある 。

コスミックエナジー研究所 http://www.cosmic-energy.co.jp/index.cfm

 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。