2007年02月25日

必読本 第279冊目 夢の種を育てる人の生活習慣―60兆の細胞を光り輝かせるとっておきの手法。

必読本 第279冊目

佐藤ひとし.jpg

夢の種を育てる人の生活習慣―60兆の細胞を光り輝かせるとっておきの手法。

佐藤 ひとし(著)

¥1,575(税込み)

PHP研究所

単行本: 261ページ

2001年10月15日 初版

 

●感情・健康・イメージ・行動・プレゼン・人間関係・祈念、

この7つのパワーで「なりたい自分」になる!

わくわく感情生活が人も物もお金も情報も時間も引きつける。

●今超話題の「ハイパーまんだら日記」著者の、

幻の処女作。

今と違い、「佐藤ひとし」名となっているが、

「佐藤伝(でん)」氏と同一人物である。

そういう事情もあるのか既に絶版になっているが、

ずっと古本屋さんで地道に探していて

昨日やっと発見しましたので早速読んでみました。

●上記の「まんだら日記」のやり方ももちろん

出てくるのですが、

その他にも、「胎内瞑想」、「裸足健康法」、「感情テーブル」など、

他の書物ではまずお目にかかれないような

独創的アイディアが数多く提供されている。

情報量は圧倒的と言ってよい。

●著者の考えは、結局、

誰にでも同じだけ与えられている

24時間という限られた時間の中で、

どのように自分を客観的に把握し、

至らぬ所を常に微調整しながら、

すぐれた成果を上げていくかを考え抜いた

ことにあると言える。

その初期の成果とも言える本ですね。

●都心で20年間子供たちや社会人に向けて

小さな塾を経営し、必ず結果を求められる

立場上、苦心の末考え出したアイディアばかりだろうが、

自分の中でピンと来るものは実践してみたらよいだろう。

初版が2001年なので、ちょっと古い情報も

散見されるが、そこらへんはご自分の判断で取捨選択して下さい。

個人的には、オプティマル・ヘルス(究極の健康)を

得るために、著者が考え抜いた第6章「肉体を改造する」の章が、

食が乱れ、体も動かさず、いい加減な日常になりがちな

現代人必読の知見に満ちているので、特に精読したいと思いました

(著者の顔の肌ツヤの良さを見たら、実行したくなること必定である)。

●「まんだら日記」に関しては

後続本に詳細が出ているので、

それを参照したいが、

あの原田隆史(必読本第31冊目参照)もこのアイディアを取り入れて

ご自分の学校の部活の成績を飛躍的に

上げたことから、効果は絶大のものがあるだろう。

今最も熱い注目を浴びている、

人気の手法なので、未知の方はすぐに情報を得てみて下さい。

●健康法、成功思考、ツール類の工夫など、

1冊の中にほぼすべての情報を盛り込んだという

意味において、かなりの労作です。

処女作なので、文章的に舌足らずな部分も

あるが、それはご愛嬌として、個人的にはかなり評価したい本です。

●現在ほとんど注目されていない本なので、

アマゾンでも安い価格で売られているが、

佐藤氏の名声が高まるごとに値段が跳ね上がってくる

はずだから、今のうちに入手しておくことを

強くオススメしたい。

復刊されない限り、値段はグングン上昇するはずでしょう。



 【著者紹介】

佐藤伝
1958年生まれ。明治大学文学部卒。専門は学習方法論。都心にて、「自己実現のため
の創造学習空間」を提供する創造教育研究所を主宰する。
卒業生には、毎年長者番付に名を連ねる大富豪のご令嬢、誰もが知っている超有名コ
ンサルタント、国際俳優のご子息などがいる。ユニークな学習法の紹介以外にも夢実
現ナビゲーターとしての講演も多い。本書で紹介する「朝」日記のベースとなってい
る「ハイパーまんだら日記」は特許権を取得しており(特許番号PAT.第3089712
号)、すでに全国のユーザーの絶大なる支持を得ている。
著書に、『夢の種を育てる人の生活習慣』(PHP研究所)がある。

佐藤伝さん ホームページ http://mandalanikki.com/

 

posted by miura at 06:57| 山形 ☁| 自己啓発(に外れたものも一部あるよ 笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。