2007年02月28日

必読本 第282冊目 愛を長続きさせる魔法の法則

必読本 第282冊目

愛を.jpg

愛を長続きさせる魔法の法則

ジョナサン・ロビンソン(著), Jonathan Robinson(原著), 片山 陽子(翻訳)

1,575円(税込み)

PHP研究所

単行本: 238ページ

2000年6月5日 初版

 

●どんな泥沼に陥ったカップルも、たちまち救われる!

米国の人気セラピストが明かす愛の「不安」と「いらだち」を解消する

究極のコミュニケーション術14章を紹介する。

●倦怠期の夫婦や、マンネリ気味のカップル

必読の傑作本。

アメリカで屈指のセラピストが、

出逢った頃の「アツアツ状態」を取り戻し、

永遠の愛情を維持する方法を示す。

●全14章あるのですが、各章末にその章のまとめと、

エクササイズがあるので、何かと便利。

又それらがすべて極めてわかりやすく、

容易に実行できるものばかりなのもうれしい。

特に最終第14章目には、この本の要諦とも言えるポイントが、

極めてコンパクトな形でカード型にしてまとめられておりますので、

自分で印刷するなりして、実地に役立てたいものです。

●この本は、石井裕之さんやアンソニー・ロビンズなどの

コミュニケーション術、人間関係術に親しまれている方には、

特にオススメです。

その手の心理テクニックに類似した手法が

数多く出てきますので、上記のファンの方には

特に入り込みやすい世界だと思います。

●ただ、この本もあいにく絶版で、

結構なプレミアがついております。

著者の他の著作と比べて、古本屋さんでは

あまり見かけない本ですが、

地道に探すとたまに見つかることがありますので、

頑張って探してみて下さい。

●最後に余談ですが、本文はじめの方にある、

『電気セックス』というものは、

以前何かの本で読んだ記憶がある、

実に興味深い「秘儀」です。

(おそらくこの本に出ていた→こちら)。

現在私は彼女がいないので試せないのが非常に残念だが(笑)、

パートナーがいる方は是非試してみたい。

実行した人だけしかわからない、

現実の性交以上の快感を得られるものらしいとのことです。



【著者略歴】

ジョナサン・ロビンソン
米国カリフォルニア州のサンタ・バーバラ在住の講演家、心理療法家、著述家。個人や企業に対して、コミュニケーション能力を高め、重要な目標を達成し、長期にわたってやる気を維持するための実践的な方法を提供する専門家。アメリカ全土の組織や企業で、セミナー、講演を行なっている。著書にベストセラー『大きな問いの小さな本』(未訳)、『ムダな努力をしないで幸福になる方法』『時間とお金をムダにしないで成功する方法』(以上、PHP研究所)などがある。

 

posted by miura at 19:33| 山形 ☔| 自己啓発(に外れたものも一部あるよ 笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。