2007年03月05日

必読本 第287冊目 本当の幸せをよぶ「心の法則」ノート

必読本 第287冊目

ジェームズ.jpg

本当の幸せをよぶ「心の法則」ノート

ジェームズ・アレン(著), 森川 信子(翻訳)

¥ 1,049 (税込)

イースト・プレス

単行本: 93ページ

2004年5月20日 初版

 

●自己啓発のバイブルとして世界中で読まれつづけている

ジェームズ・アレンの名著

「As a man thinketh」(邦題・「「原因」と「結果」の法則」)を

完全図解化!

ジェームズ・アレンの世界が一目でわかります。

●あらためて言うまでもない、『成功法則の祖』

ジェームズ・アレンの世界観・思想を

1冊にまとめたムック。

数多くのアレン氏の本を読む時間も費用も

ない方には最適な本。

●多くの成功者に影響を与えた、

アレンさんですが、抽象的で時に詩的とも言えるその文章、

一読してわかりづらい深遠な言葉には、

戸惑っていた読者は多かろう。

そんな人々にはうってつけのガイドブックです。

アレン氏のつかみどころのない

言葉をわかりやすい図と解説文で、

誰にでもマスターしやすいように

教えてくれる、親切な本です。

薄いので、1時間もかからず読みきれます。

●ちょっと前の本ですが、

改めて読みますと、斎藤一人さん、

野口嘉則さん、ブライアン・トレーシーさんなどの

本に出てくる理論と極めて似ており、

やはりこの方の影響力のすごさをまざまざと思い知らされますね。

色々な本を渉猟しつつも、

やはりこの手の「源流」ともいえる古典に

たまには戻ってくるのも、頭の整理になりますので、

大切なことだなと思います。



【著者紹介】

ジェームズ・アレン
1864年、英国生まれ。父親の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。以後、さまざまな仕事に就きながら独自に勉強を続け、38歳で執筆活動に専念する。作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読されている。


 

posted by miura at 11:11| 山形 ☁| 自己啓発(に外れたものも一部あるよ 笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。