2007年03月16日

必読本 第298冊目 我謳(ガオオーー)!!―人生に喝(勝つ)!経営に喝(勝つ)!生きる勇気が湧いてくる本

必読本 第298冊目

ガオオー.jpg

我謳(ガオオーー)!!―人生に喝(勝つ)!経営に喝(勝つ)!生きる勇気が湧いてくる本

市川 善彦(著)

1,680円(税込み)

長崎出版

単行本: 315ページ

2006年7月29日 初版

 

●人生に喝(勝つ)! 経営に喝(勝つ)!

24歳で会社を興し30年間無借金経営を続ける、

小さくても強い会社の社長が、「幸せ」を呼び込む成功法則「我謳」を教える。

生きる勇気が湧いてくる本!!

●初見で読んだ時の衝撃力、感動力という意味では、

中村文昭さんの本(必読本 第22冊目)に

勝るとも劣らない大傑作。

大手書店ではあまり平積みにされているのを見かけないが、

ネット書店では、あまり有名ではない著者にもかからず、

驚異的な売れ行きを続けている本です。

●良識派の方には、ふざけたようなタイトルを見て、

いかがわしい本かと敬遠されがちだが、侮るなかれ。

自己啓発、経営哲学、人間関係、お金の使い方、交友術など、

とにもかくにも、情報量が多く、お買い得の1冊。

内容的に分けて、上・下で売れば、

もっと売上げを得られたのでは?

とゲスの勘繰りを入れたくなるぐらいに

内容は濃い。

著者が実際に見聞きした体験談も、

涙を禁じえないような感動話が多く、

著者の教え以上に参考になります。

売れているのも納得の1冊です。

(特に、著者が提唱する「半分の法則」は、

他の本では見かけない独特な理論。

是非目を通しておきたい)。

●やはり、地べたを這うようなどん底生活から

這い上がって、独力でサクセスをつかんだ

人間の話は文句なく説得力がある。

自分ではろくに体験も実践もせずに、

机上の空想だけで適当な本を書き上げる、

一部のイカサマ作家とはわけが違う。

久しぶりに、魂がこもった、真の名著に出合えたなと

心底思いました。

●又、他の特色としては、

中国の古典、日本の歴史などの引用が

とにかく多いことが挙げられる。

著者は若い頃、筆舌に尽くしがたい不遇をかこち、高校も中退、

若い頃はおそらくそのことが相当コンプレックスだったのだろう、

人知れず独学、読書に猛烈に励んでいたのが

如実に垣間見れる。

やはり、やる気さえあれば、学校に行かずとも人間磨きは

出来ることがわかります。

●会社経営に迷いのある経営者、

毎日ダラダラ自堕落な日々を送っているニート、フリーター、学生、

人には言うに言えないツライ過去を引きずっている方などに

特におススメです。

読破した後は、人生が変わる手がかりを必ず得られるはずです。

●ブログ、メルマガの文章をよくチェックもせず、

そのままコピペして書籍化したせいか、

はたまた編者者の手抜きのせいか、

誤字脱字の類があまりにも多いのがタマにキズ。

小出版社ではありがちなことで、

それだけはちょっと残念だった。

この本の評判がいいだけに、次回作は、

もっと大手の出版社から、しっかりした作りで出すべきでしょう。

 

【著者略歴】

市川 善彦
日本ガードサービス株式会社代表取締役。福岡大学経済学部非常勤講師。福岡信用金庫総代。博多警備業防犯組合長。中小企業大学校講師。1952年1月、長崎県佐世保市生まれ。中学の時、父の事業倒産を経験。地元県立高校に進むも中退し、単身上京。スーパー店員、書籍セールスマン、自衛官、警備員を経て福岡にJターン。24歳で警備保障会社を設立、社長就任。裸一貫から、24歳で、オーナー社長になって以来30年間完全無借金経営。内容の濃さと巧妙な話術で人気抜群のカリスマ経営者。

市川善彦さん よびりん人生大学 http://plaza.rakuten.co.jp/yobirin/

 

posted by miura at 19:01| 山形 ☀| 自己啓発(に外れたものも一部あるよ 笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。