2007年03月18日

必読本 第300冊目突破記念企画!!【”幸せ”の五重の塔】

必読本 第300冊目突破記念企画!!

【”幸せ”の五重の塔】

 

●皆様の暖かいご声援とご愛顧により、

どうにかこうにか本日300冊目を突破することができました!!

(昨年2006年6月7日にスタート)。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

(ちなみに100冊目突破企画はこちらと、

200冊突破企画はこちらから) 

●今回は、そのお礼といいましては何ですが、

私の地元の、鶴岡市(旧羽黒町)の

出羽神社と五重塔の写真をご紹介いたします

(以下の写真は昨年の9月に撮影したものです)。

●出羽三山神社には、日本一の大社殿という三山の神の合祭殿があり、

山伏修行で特に有名ですね

(参拝すると、よく山伏の姿も見かけますよ)。

DSC06969.JPG

DSC06966.JPG

DSC06967.JPG

●この神社の境内にある五重塔は931年〜938年に平将門が寄進したという伝説があり、

1608年に最上義光によって改良・修繕されたと言われております。

現在国宝に指定されております。

DSC06974.JPG

DSC06972.JPG

DSC06975.JPG

●境内は無数の樹木に囲まれ、

樹齢何千年とも言われる巨木、ご神木があります。

我々のほんの100年足らずの短い人生など、

及びもつかないような長い歴史を生きているのです。

自然の偉大さを実感しますね。

DSC06976.JPG

ちなみに、出羽三山とは、羽黒山修験の祖と言われる崇峻天皇の子、

蜂子皇子(はちすのみこ)が開祖したと言われている

(伝説によれば、3本足の「霊烏」に導かれてこの地で

修行をしたと言われる。

よって、「羽黒」山と名づけられたらしい)。

山岳信仰の聖地であり、羽黒山(修験)・月山(山駆け行)・

湯殿山(霊魂:奥の院)の総称を言います。

入り口の門前町には33もの宿坊があります。

現在地元では、この出羽三山一帯を世界遺産に認証しようという機運が

高まってあり、地元や行政の方では活発に動いておるようです。

全国的にも人気の観光地のひとつでもあります。

機会がありましたら、是非お越し下さい

(詳しくはこちら)。

●自分で始めたブログなので、

愚痴めいたことは絶対に言いたくないのですが、

毎日最低1冊の本を紹介するという習慣は、

時にヒヤヒヤものの綱渡りの時もあります

(時間ギリギリで急いで読破し、自分でも情けなくなるような拙い文章で

不承不承アップしていることも結構多いんですよ)。

しかし、それを補って余りある効果、変化

つまり、読書は人間を必ず変えてくれる!!ということを

やはり最近ものすごく実感しております。

これからもより一層がんばっていきますので、

ご愛顧よろしくお願い致します!!               hiroyoshi                     

 

 

posted by miura at 19:09| 山形 ☀| 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。