2007年03月19日

必読本 第301冊目 夢をかなえる9マス日記 日記と手帳のツインエンジンで夢実現を加速せよ

必読本 第301冊目

佐藤伝319.jpg

夢をかなえる9マス日記 日記と手帳のツインエンジンで夢実現を加速せよ

佐藤 伝(著)

¥ 1,575 (税込)

ソフトバンククリエイティブ

単行本: 224ページ

2006年3月27日 初版

 

●マトリックスに潜む不思議パワーで、仕事の「困った!」を解決。

日記と手帳が合体した、史上最強の夢実現ツール「9マス日記&9マス手帳」。

その具体的ノウハウを明らかにする。

あっと驚くユーザーの活用術も満載する。

●「日記や手帳を使って、スケジュールを効率的に管理し、

ひいては自分の夢を達成しましょう」系の本は、

世に数多くあるが、習慣化できるものは実に少なく、

又、著者が盛んに訴えるほど

目の覚めるような効果が現実にあるようなものは

ほとんどなかったと思う。

その点、実効力と継続性を保てるという意味において、

「真の本物」日記本が登場した感があります。

●詳しくは著者の本やホームページを参照してほしいが、

個人的に思うのは、

「マンダラ的に」物事を考えていくというこの試みは、

何か仏教的というか、とてつもない宇宙的パワーのようなものが

願望実現の後押ししてくれるような感じを当初から受けていて、

前々からずっと気になっていました。

この仕組みを考え出した著者は、

やはりタダ者ではあるまい。

●9マス日記は、表計算ソフトのエクセルを使って、

自作もできるようだが、USBフラッシュメモリー型の

9マス日記は著者ホームページより購入できるようである。

価格的に安くはないが、

一生続ける覚悟の「本気」の人にとっては、

購入を検討してみる価値はあるだろう。

●第5章には、既に9マス日記を活用して

人生を好転させることに成功した、

社会人、学生の興味深い体験談や独自のアイディアが

数多く掲載されていて、

9マス日記の効果を実証している。

参考にするとよいだろう。

●最終章では、著者の人生観、成功哲学とも言える

考えをわかりやすい文章で簡潔に述べている。

特に、DQ(夢指数)という概念は、他の本では

なかなかお目にかかれない独自のもので、

とても参考になると思う。

又、日記をつける前の著者は、我々凡人とさほど変わらない

悩み多き人間だったなど、

著者の人柄をあらわすような微笑ましいエピソードが

数多く紹介されていて、大物ぶっていない親近感を感じさせる。

●別に自慢するわけではないが、

著者の提唱されている理論や健康法は、

私がかねてからよいと思っているものと

似ているものが実に多いことが

前々からすごい不思議だった

(おそらく、読む本の傾向が似ているためだと

思われる)。

最近の成功法則、自己啓発の分野では

最も信用できる方の一人なので、

愛読者として、著者の本は文句なくおススメできます。


【著者略歴】

佐藤 伝
1958年生まれ。明治大学文学部卒。専門は学習方法論。都心にて、「自己実現のための創造学習空間」を提供する創造教育研究所を25年間にわたって主宰。MMM(マンダラ・マトリックス・メソッド)などユニークな問題解決法で、企業のリーダー研修・新人研修に引っ張りだこの夢実現ナビゲーター。9マス日記のベースとなっている夢実現ツール「ハイパーまんだら日記」は実用新案特許を取得しており、すでに全国のユーザーの絶大な支持を得ている。

佐藤 伝さん ホームページ http://mandalanikki.com/

 



posted by miura at 18:45| 山形 ☁| 自己啓発(に外れたものも一部あるよ 笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。