2007年03月29日

日々の気づき 243 【苦しい時に笑顔になれるか?】

日々の気づき 243

【苦しい時ふらふらに笑顔わーい(嬉しい顔)になれるか?】



●ご存知のように、

開幕メジャーを目指していた桑田投手が、

全く不運としか言いようがないケガにより、

その目標を果たせなくなった。

引退も余儀なくされるような大ケガだったようだ。

●何かと不自由する異国の地、

ほぼ95%夢まで手が届いていた寸前の落とし穴、

とうの昔に辞めてもおかしくない高齢からの挑戦・・・。

色々な「ハンディキャップ」を抱え、

アメリカ野球に果敢にチャレンジした

桑田投手を応援されていた方は多かったことでしょうが、

彼の無念さを察すると、

慰めの言葉もかけようがないですね。

●しかし、本日あたりのニュース記事の写真を見ると、

こんなに苦しい状況下にもかかわらず、

意外に桑田選手に笑顔が見られる

(彼は普段から笑顔が多い人だったとしてもである)。

数日振りに報道陣のインタビューにもきちんと応えているようだ。

その内容も、例によって、彼の人間性を表したような、

しっかりとした受け答えである。

ぶつかった審判への恨み節など、当然のように、

一言もコメントしていない。

桑田投手の素晴らしさを改めて見せられる思いだ。

●やはり、人間、苦しい時、人生うまくいっていない時に、

笑顔をあえて出せるかどうかというのが、

その人間の器の大きさだと思う。

苦しい時に、顔が歪む、しかめ面になる、

ヤケクソになるのは誰でも当たり前だ。

しかし、内心とてつもない悩みや苦しみを抱えていても、

人前ではあえて笑顔を見せる。

何食わぬ顔で、平然としている。

だからこそ、本当の人間力が形成される。

凡人には実に難しいことだが、だからこそマスターしたい

資質である

(併せて、桑田投手の早期の復帰と、

メジャーでの活躍を強く祈りたい)。


posted by miura at 12:19| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。