2007年03月30日

日々の気づき 244 【「美人=アッチの方も最高にイイ」わけじゃない話】

日々の気づき 244

【「美人=アッチの方も最高にイイ」わけじゃない話】



●良識ある方々に向けて、

こんな下ネタ話を言うのもなんですが、

あえて書いてみます。

●AV揺れるハートなどを見てても、最近非常に痛感することなのだが、

パッと見で、自分好みの美人であっても、

いざ一戦交えてみると、ろくに「仕事」をしない、

つまり男の喜ばせ方を知らない、

どうやったら場が盛り上がるのか、双方興奮するのか、

いわゆる性のテクニックの何たるかに疎い、

というかはじめから学ぶ気が全くない、

何もわかっていない愚鈍な女性が最近多いような気がします。

●脱いだら、いわゆる「マグロ」状態。

マネキンのようにゴロリと寝転がって

ただ男性からされるがまま。

手を変え、品を変え、色々なテクを男性側が

施すのだが、全くの無表情、

声も出さない、気持ちいいのか悪いのか、

感じているのか感じていないのか全くわからない

(たとえ、大勢の前でカメラで撮影されているという

緊張感があることを割り引いてもである)。

お互いにセックスを協力的に盛り上げて、

快感を得ようという気持ちが皆無。

よって、自然と男性側はテンションが下がる。

あっちの方も当然萎えるバッド(下向き矢印)

(昔のAVの女優の中には、ウソでも感じているふりなど

時には過剰な演技をして、

視聴者を大いに奮い立たせようグッド(上向き矢印)という、

サービス精神あふれる「いい仕事」をした名女優が結構

いたもので、最近その手の女優が少なくなったのは

実に嘆かわしいものだ)。

●甚だしきは、「これやって」とか男性側が

丁重にお願いしても、「私できませーん」とか

「そんなことしたことありませーん」とか

ヌケヌケとのたまうバカ女がいることだ。

裸になってHするのがお仕事なのに、

お前は何しに来たんだよ!?ちっ(怒った顔)

相当の美人であっても、

こういう女は相当頭が悪いなぁと思わざるをえない

(一般の女性であっても、交際が長続きしない人は、

この手のタイプが多いのではあるまいか)。




●よく、芸能人の美男美女同士が結婚して早々、

すぐに離婚失恋してしまうケースがある。

一方、すごい美男の俳優が、

十人並というか、それほど美人でもない、

場合によっては、

外見的に相当厳しい女性と結婚して、

周囲を驚かせることがある。

●前者は、要するに、あっちの方の相性が合わなかった、

更に突っ込んで言えば、女性側(あるいは男性側)の

夜の生活に関する献身ぶりが全くなかった、

セックスに対するサービス精神の欠如があったということが

原因として大いに考えられることなのではあるまいか。

又、後者は、逆に、研究心を常に怠らず、

男の「ツボ」を相当心得た、実に聡明な女だったのではあるまいか

(もちろん、それらが原因のすべてだとまでは言わないが)。

●こんなことをブログで堂々と書くのも

非常に憚られることなのだが、

セックスに関しても、世で知られる“成功法則”の通り、

「先に与える」ことがとても大事ですね。

どうやったら、相手が気持ちよくなるか、

興奮してくれるのかを自分の方から先に考える。

そして、実行する。

自分がしてもらうことばっかり要求していたら、

絶対に相手は嫌気がさしてくる。

早晩破綻をきたす。

●あわせて、

「下の口(=SEX)と上の口(=食事)を常に満たしていれば、

男はその女から離れられなくなる」という

名言(迷言?)を吐いた芸能人がいたことも

知識として覚えておくといいかもしれませんね。

くだらない話に長々とお付き合いいただき、

大変申し訳ございませんでした。


posted by miura at 12:55| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。