2007年04月14日

必読本 第327冊目 顧客は追いかけるな!48時間で顧客が集まるシンクロニシティの法則

必読本 第327冊目

14.jpg

顧客は追いかけるな!

48時間で顧客が集まるシンクロニシティの法則

ジャン・ストリンガー(著), ステーシー・ホール(著), 牧野 真(監修)

1,680円(税込)

ダイヤモンド社

単行本(ソフトカバー): 237ページ

2006年9月14日 初版



●「引力の法則」をビジネスにできるだけ早く、

戦略的に応用するための手引書。

不特定多数の顧客をやみくもに追い求めるのではなく、

「完璧な顧客」だけを相手にし、

その顧客との長期的信用関係を築くことが

ビジネス成功の秘訣だということを示す独特なマーケティング本。

●「シンクロニシティ」とは、言うまでもなく、

同時現象的に偶然の一致が起こる不思議な現象。

スピリチュアル的なものとして、今まで

あまりビジネスなどには導入されてこられなかったのですが、

その仕組みをいかにして、マーケティングに取り入れればよいかを

わかりやすく解説してくれる良書。

●神田昌典さんなどの著書でおなじみのように、

無礼なお客、不合理な要求をするお客、

価値観が合わないお客といやいやながら取引きをするのは、

もう時代遅れの商売のやり方です。

この本で取り上げられているように、

これからは、自分と価値観と合致し、感じもよく、

金の払いもよく、色々と他のお客様も紹介してくれる

いいこと尽くめのお客さん、

本書で言うところの「完璧なお客」とだけ

付き合うことが肝要です。

そんな夢のような商売のやり方を知りたい方は是非ともご一読を。

●PART1では、「顧客誘引プログラム」を使い、

意図的に「シンクロニシティ」を引き起こす6つの原則を紹介する。

PART2では、実際の「顧客誘引プログラム」を作成する。

PART3では、「21日間の実践プログラム」を通じて、

「引力」をさらに強化し、「完璧な顧客」をもっと引き寄せる方法を解説する。

特に精読したいのは、最後のPART3の21日間プログラム。

人間の行動を変えるには、21日間毎日継続しなくては

ならないとはよく聞かれることだが、

シンプルで実行しやすいプログラムが21日分列挙されている。

すべてのものが秀逸なものばかりなので、是非とも実行したい。

●帯に「ブライアン・トレーシー、ロバート・アレン推薦!」と

デカイ文字であれば、

手にとらないわけにはいかず読んでみた本ですが

(他にジャック・キャンフィールド、マーク・E・バーガーなども

推薦の言葉を寄せている)、

この本で主張されていることは、

現在既に「成功者」と呼ばれているような方ならば、

直観的にわかっていることでしょうね。

その手の方々の多くは、人知れず

ジョセフ・マーフィー的なこころの不思議現象、潜在意識現象などを

上手く自分の仕事に取り入れているものですが、

そういう意味においても、非常に読む価値のある本ですよ。

●巻末には、シンクロニシティマーケティングを

より深く理解するためのホームページの紹介がある。

いい意味でも悪い意味でも、「浅く」書かれている本なので、

より詳しい情報を求める方はホームページへどうぞ。



【著者略歴】

ジャン・ストリンガー
20年以上にわたり、数々の企業を対象に事業戦略、営業部門のコンサルティングやコーチング活動を行い、PerfectCustomers社を設立。同社の戦略的シンクロニシティによるマーケティング・プログラムは、全米の数々の企業で大きな結果を生み出し話題になっている。

ステーシー・ホール
20年以上にわたり、バジェット・レンタカー、フェディラル・エキスプレス、ヒューストン大学などにグローバルマーケティング戦略を指導。ビジネスを超えた顧客と関係を重視するという革新的なマーケティング戦略で有名。

posted by miura at 20:01| 山形 ☁| セールス・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。