2007年04月18日

必読本 第331冊目 あなたの生き方を変える断食の本

必読本 第331冊目
断食1.jpg

あなたの生き方を変える断食の本

北川 八郎(著)

1,400円(税込)

致知出版社

単行本(ソフトカバー):185ページ

2006年10月7日 初版



●断食をはじめると、体調が良くなるばかりでなく、

生活習慣が変わり、生き方まで大きく変わる。

今までの自分の悪習慣を追放することができる。

断食の仕組みや考え方から、実践法、Q&Aまで、

一人でもできる本断食を紹介。

●先日書評したばかりの一人さんの最新刊(必読本第328冊目参照)

の巻末で紹介されていた著者の中の一人、北川八郎さん。

正直どういう方なのか全く知識がなかったのだが、

よく行く書店に著作の中の1冊があり、

個人的に関心が高い健康関係の本だったので、

昨日求め早速読んでみることにしました。

●医者に行ってもなかなか治らない慢性病のため、

甲田光雄先生の本などを買い求め、

半日断食や青汁断食などを試してみた方は多いかと思う。

しかし、この本はそんな甘いものではないですよ。

水だけのいわゆる「本断食」を実践する本です。

●しかし、面白いのは、この本は単なるダイエット、

病気治療のための断食にとどまらない本だいうこと。

今までなかなか人生がうまくいかない、

ストレスがたまる、イライラする、その解決策の一環として

断食をしてみましょうという観点が面白い本です。

特に、この本の中で、「ありがとう」には3種類あるという

話があり、このことは、上記の一人さんの最新刊でも

紹介されている話でもあるのですが、

大変示唆に富む話です。

取り立てて現在、断食の必要性を感じない方でも、

正観さん、一人さん的路線の自己啓発書として読んでみても

色々な気づきを得られる有用な本ですよ。

●同じ出版社の正観さんの一連の本のように、

極めて文字サイズが大きいのも何かとありがたい。

ページ数も薄く短時間で読み終えることが出来ます。

●第3章には、専門の施設などに入らず、

この本1冊片手に断食が安全にできるように、

詳細なやり方が解説されている。

第4章には断食をする上で当然出てくる疑問点を

Q&A方式でわかりやすく25個分解答し、

エピローグでは、断食をやって劇的に人生が好転した

方の体験談が簡単に3つ掲載されている。

薄い本だが、全体を通して、細かい配慮が随所になされている。

●著者は、ありがとうおじさんや坂村真民さんのように、

浮世から離れ、山奥の仙人のような生活をされている方のようだ。

日々瑣末なことに一喜一憂している、我々現代人などには

なかなか見えてこない「真理」を悟ったかのような

たたずまいを持つ方である

今回の本で大変興味をそそられたので、

他の本も近々紹介していきたいと思います。



【著者略歴】

北川 八郎
昭和19年福岡県生まれ。小倉高校を卒業し防衛大学校に入学するも1年未満で退学する。カネボウ化粧品(株)に勤めるが人生の答えを求めて退社。インド放浪の後、熊本県の阿蘇外輪山中に居を構え、40歳で熊本県南小国町満願寺温泉はずれに穴窯を築窯、自然灰釉の器を創作する一方、自然農業に勤しむ。阿蘇外輪山の奥で独り、40日を超える完全断食を2度体験する中で、魂の存在意義、生き方の法則を解悟。毎年、銀座三越・池袋三越などで陶器の個展を開催している。

posted by miura at 13:45| 山形 ☔| 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。