2007年05月20日

必読本 第363冊目 居酒屋甲子園 (第1回)

必読本 第363冊目

居酒屋甲子園1.jpg

居酒屋甲子園 (第1回)

柴村 恵美子(著)

1,470円(税込み)

ゴマブックス

単行本: 238ページ

2006年7月10日 初版

 

●テーマは”夢”。全国から強者どもが集まった!

居酒屋日本一を決定する第1回「居酒屋甲子園」が開催された!

「魅力の案内人」柴村恵美子さんがその模様を熱く熱く報告する!

●あの、まるかん斎藤一人さんの一番弟子として有名な

柴村さんが、居酒屋全国大会でトップ5に入った経営者、店長の方々に

商売成功の秘訣を教えてもらった本です。

柴村さんが、なぜ居酒屋さんの本を出すのか、

疑問に思った方は多いでしょう。

しかし、著者は、知る人ぞ知るお酒好き、居酒屋好きとのこと。

ご自分が担当される全国至る所の地方を回る中で、

その土地の美味しいものとお酒を

味わうのを楽しみにされているとのことです。

巻頭には、オーラ漂う柴村さんの写真も掲載されております。

●しかし、この本で紹介されているお店スタッフの方々の

笑顔はなんて素敵なんでしょう。

働くことの喜び、人の喜びを我が事のように感じられる思いやり、

そして、居酒屋という仕事に自分の人生を賭けているという使命感。

飲食業、接客業に従事することの素晴らしさを

まざまざと思い知らせてくれる名著です。

柴村さんの文章も実に読みやすく、あっという間に読破できます。

●この本は、飲食業に従事されている方はもちろん、

一般のお店経営者も絶対に読んだ方がよい本です。

マニュアルではない、心からお客様の喜びを

考えることができる接客、おもてなしの心、サービス精神とはどういうことなのか?

又、お店側も、どうしたら楽しく生き生きとやりがいを持って働くことができるのか?

商売繁盛、経営成功のヒントが、全篇に渡って散りばめられております。

居酒屋チェーンワタミ創業者の渡邉美樹さんファンの方にも

本書は当然のようにオススメです。

●第2部には、

柴村さんの、商売成功のタメになるお話が語られております。

この中では、どんな嫌なことがあっても自分の中で消化し、

悪いものを外に撒き散らさないことと、

「無」から「有」を生み出す方法は、特に心に残りました。

ご参考になさってみて下さい。

 

【著者略歴】

柴村 恵美子
銀座まるかん柴村グループ代表。18歳のとき日本指圧学校で、斎藤一人氏と出会う。数年後、一人さんの、肯定的かつ魅力的な考え方に共感し、その弟子として、まるかんの仕事をスタート。いまでは13都道府県(北海道、富山、長野、神奈川(西部地区)、東京(17区エリア)、茨城、大阪、兵庫、岡山、香川、山口、宮崎、沖縄)のエリアを任され、統括している。

柴村恵美子さんホームページ http://www.tuiteru-emi.jp/

居酒屋甲子園 公式ホームページ http://www.izako.org/

posted by miura at 18:07| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。