2007年05月22日

必読本 第365冊目 全思考

必読本 第365冊目

全思考.jpg

全思考

北野 武(著)

¥ 1,470 (税込)

幻冬舎

単行本: 206ページ

2007年3月15日 初版

 

●生死、教育、人間関係、作法、映画・・・。

五つの角度から、稀代の天才が、

現代社会の病巣にメスを入れる!

北野武の「日々の思考」が、本書で全て明らかになる。

世界の真理に迫る、最新書き下ろしエッセイ決定版!!

●たけしさんの本年発売されたばかりの最新刊。

赤坂にある常連のお店のカウンターで、

その店のマスター「クマさん」や回りのお客さんに向け、

自分が今考えていること、思っていることを

存分に語るという、一種独特の構成をとった本。

イメージ的には、酒を酌み交わしながら、

普段寡黙なたけしさんが、興に乗って、

自分が思うところを語り尽くすという感じでしょうか。

●この本はちょっと感動しますよ!

タイトルにあるように、「世界のキタノ」が日々考えている

「全思考」が思う存分披露されておるのです。

あたかも、たけしさんの脳の中を切り開いて、

一つ一つの全細胞を分析又は俯瞰しているかのような印象さえ持ちます。

お笑い芸人、映画監督、作家、画家など

八面六臂の活躍をされる現代最高のエンターテイナーにして、

大学教授という最高の知識人でもある氏の、知能、思考法を如何なく味わうことができる大傑作です。

●しかし、既成概念や常識に捉われず、発想が実に柔軟、そして、

物事の真理をずばりと見抜く眼力にはさすがの一言です。

特に、ケータイ電話、インターネットを使えば使うほど、

人間の思考能力が低下し、逆に、金儲けがうまい人間にとっては、無限に

金を稼ぐことができる道具だという指摘は卓見です。

ネット社会に振り回されないためにも是非ご一読を。

全体的に硬いテーマの本ですが、文章は読みやすい。

おなじみの毒舌ぶりは鳴りを潜めているのですが、

お姉ちゃんとの下ネタ話がやはりかなり出てきますので、

お笑い好きの人も満足できる仕上がりです

●又、この本で興味深いのは、

あまりテレビでは語ったことがないはずの、

氏周辺の秘話を数多く挙げていることです。

例のバイク事件とその後の壮絶な手術の顛末、

ツービートで人気爆発していた時の金銭術や遊び方

(年収27億円の年もあったとのこと!)、

綾小路きみまろ、笑福亭鶴瓶、志村けん、世界の黒澤との知られざる交遊録、

最新作「監督・ばんざい!」をはじめとする映画撮影裏話、

などなどファン必読の面白エピソード満載です。

個人的には、貧乏旅行で日本にやってきた

フランスのたけしファンクラブの会長と副会長

(全くの素人)を手厚く歓待し、

カラオケボックスで心から感謝の言葉を述べるたけしさんの

真摯な人柄に、非常に感銘を受けました。

●又、特筆すべきは、

たけしさんが「トイレ掃除」を励行している理由を

告白していること。

飲み屋のトイレで自分の前の人が汚していると、

絶対に自分がキレイにしなくては出て来れないという。

それはなぜなのか?

昨今の「お掃除ブーム」を語る上で是非とも見逃せない部分でしょう

(ただ、ひとつ残念だったのは、一番弟子の

宮崎県東国原知事に関するコメントがなかったことでしょうか。

今最も旬なネタだっただけに、本書に是非とも盛り込んでほしかったものです)。

●必読本第293冊目には、

各分野の名人と対談したたけしさんの

近刊も書評させていただいておりますので、

併せてどうぞ(→こちらから)。

 

【著者略歴】

ビートたけし
1947年生まれ。明治大学工学部中退(2004年特別卒業認定)。漫才コンビ「ツービート」として、漫才ブームで一躍人気者となる。その後も、ソロとして、テレビやラジオの出演、映画や出版の世界などで活躍を続けている。映画監督・北野武としても世界的な名声を博す。’97年には「HANA‐BI」でベネチア国際映画祭グランプリを受賞。

オフィス北野 ホームページ http://www.office-kitano.co.jp/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沢尻エリカ事務所から放置!?猛バッシングで“女王様”も消える?(女優芸能 …
Excerpt: 現在、優香は「王様のブランチ」や「志村けんのだいじょうぶだぁ?」など … ... 爆笑問題 爆笑問題 動画 … 9:42:00 爆笑問題 RSS新聞 -昼刊- … ..
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-05-23 05:41

「笑い」と「怒り」の虚しさ
Excerpt: ズ、1970-80年代、とんねるず、明石家さんま、島田紳介、ビートたけし、タモリ、1990-2000年代、ウッチャンナンチャン、ダウンタウン、ナインティナイン、ロンドンブーツ、綾小路きみま...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-05-25 11:32

〜サラリーマンやめていただきます〜
Excerpt: ダウンロード版コチラをクリック≫〜サラリーマンやめていただきます〜 潜伏期間18年、インターネット利用人口8000万人をターゲットにあの手この手で挑んで見たが・・・『綾...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-05-25 14:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。