2007年06月14日

必読本 第388冊目 お金持ちになる人、ならない人の仕事術

必読本 第388冊目 

お金持ちに1.jpg

お金持ちになる人、ならない人の仕事術

ブライアン・トレーシー(著), 弓場 隆(翻訳)

¥ 1,050 (税込)

アスコム

単行本(ソフトカバー): 158ページ

2007年4月10日 初版

 

●「お金持ちになる人は、運を味方にする!」

「強い信念を持っている人が成功する!」

「貯蓄より、まずは自分へ投資しろ!」などなど、

大まちがいの仕事術を検証しながら、本当に役立ち、

成功するための60の「お金持ちになる仕事術」を徹底解説します。

世界34か国で発売されているトレーシー・ノウハウの集大成!!

●存命の自己啓発家の中では、

最も尊敬している方の一人、ブライアン・トレーシーさんの最新刊。

かつて同じ出版社からは似たようなデザインの本が

出版されたことがあった(→こちら参照)が、

その姉妹版とでもいった感じの本。

装丁デザインも中の作りもほとんど同一です。

●しかし、この方ほど、

日本語訳されている本の中で、

「当たりハズレ」が激しい方も珍しいと思う。

アマゾンの古本価格を比較すれば

一目瞭然だが、

良質な本はそれこそ感動の涙が溢れるほど、

一生手放せないようなハイレベルな本である

(『自己を築く』(きこ書房)(必読本第1冊目参照)などはその筆頭の本)。

●一方「ダメ」な本は、

同じ著者が書いたとは思えないほど、

凡庸というか、ありきたりな内容で、

一読したら放り投げてしまうぐらいに心に響かない

(もちろん、ダメとは言いつつも、

どうしようもないぐらい低レベルだという意味ではなくて、

どこにでもあるような平凡な本だということです)。

●一も二もなく崇拝している方なので、

あまり批判めいたことはこれ以上書かないが、

この本はちょっと「おや?」と声を上げそうになる本だった。

なぜなら、『自己を築く』と重複する法則、理論が

そこかしこに散見されるからだ。

●このあたりは、私のような熱狂的ファンは見逃せない。

即効性があるアファーメーションの言葉の数々、

「許す」テクニック、ほんの3%だけ人より

努力するなど、『自己を築く』のあの感動的理論が

この本の中で甦る。

高価なプレミアがついている古本に手が届かない方は必読でしょう。

●小冊子のような薄い本で、1,050円という安い価格もうれしい。

それほど氏に思い入れのない方には、一読後、なんじゃこりゃと

ちょっと落胆してしまうかもしれないが、細部は結構

侮れないお話が出てくる。

上位20%の人々だけが実行している習慣は、

大多数の80%の凡人達は一顧だにせず、小ばかにするだけだが、

だからこそ、最終的にはそんな差がついてしまうのだ。

年老いてから経済的に泣きを見たくない方ならば、

是非ともご一読を推薦致します。



【著者紹介】

ブライアン・トレーシー
1944年カナダ生まれ。カリフォルニア州サンディエゴに本拠を置く人材養成ビジネス会社“Institute for Executive Development”および“Brian Tracy Learning Systems”の社長。世界に46カ所の支社があり、彼のプログラムはこの46カ国において100万人以上が受講するという記録的大ヒットとなっている。ビジネスコンサルタント業務の権威として、戦略的計画・組織開発等の分野で高度なコンサルティングを手がける。これまでにフォーチュン500社に入る有力企業の200社以上に関わる。全米でトップ5に数えられる有能な講演家でもあり、世界中で講演活動を行い、販売・経営の師と仰がれている。

posted by miura at 18:05| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。