2007年10月27日

日々の気づき 309 【守護霊と、ひらめき、直感の関係】

日々の気づき 309

【守護霊と、ひらめき、直感の関係】



●この前読んだ本(必読本第503冊目)で、

いまだにずっと心に残っているのは、

霊能力の類がない一般の人々であっても、

守護霊の存在を感じることができる

という話である。

●その本によれば、たとえば、

図書館や本屋さんに行って、ブラブラ

背表紙をただ眺めている時に、たくさんある本の中から

一際気になる本を見つけることがある。

その時には、まず間違いなく、守護霊から導かれている、

つまり「その本を読んでみて、何かあなたにとって

大切な情報が含まれている本だから読んでみて」

というサインであるとのこと。

●又、車を一人で運転している時や、

一人お風呂の湯船に浸かっている時や、

朝起床した直後とかに、よく何かひらめいたり、

直感が湧いたりすることがあるかと思う

(個人的なことを言うと、半身浴をしながら

無念無想の精神、いわゆる瞑想状態で

お風呂に30分ぐらい浸かっていることは、

直感を生み出すのに最も効果的な方法であると思う)。

それも、自分の力で考え出したアイディアと見るよりも、

むしろ、守護霊からサインが送られていると

判断した方がよいとのこと。

「頭の中にひらめいた考えどおりにしてみなさい、

そうすれば、まず大丈夫だよ」という守護霊からの

アドバイスなのだという。




●又、そう簡単に決断のしようがない

難しい選択を迫られた場合などに、

街を歩いていて、やたらに○マークの物体や、

虹や何かに似ている雲や目の覚めるような青空を見たり、

自分が好ましいと常日頃思っているような

事物(好きなタレントやスポーツカーなどの看板、ポスター)を

頻繁に見たりした時は、

「自分の考えどおりにしてごらんなさい、

自分がいいと思う考えどおりすれば大丈夫だ」という

守護霊からの暗示的なメッセージなのだという

(逆に、×などのイビツな形のマークを見た時や、

何か非常に示唆的な言葉をテレビやラジオなどで偶然に

見聞きしたりした時や、

イラッとするような体験を立て続けにするようなことがあったら、

「今の考えはやめた方がいい」というサインなのだという)。

●守護霊などの話を一切信じない人には、

以上のような話はとても信じ難いことでしょうが、

私などはかなり引きつけられるものがある。

世の中では、一言では説明しにくい

超科学的な現象、不思議な話があるものだが、

以上のようなちょっとした現象にも注意を払って生きていけば、

何かと役立つと思うのですが、どうでしょうか。


ラベル:守護霊
posted by miura at 12:19| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の気づき・旅日記・その他告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。