2007年11月10日

必読本 第525冊目 菜根譚

必読本 第525冊目

DSC09342.JPG

菜根譚

洪 自誠(著), 石川 力山(訳)

¥ 1,313 (税込)

講談社

文庫: 441ページ

1986年6月10日 初版

 

●『菜根譚』は今から三百数十年前、

中国明代の洪自誠が人間いかに生くべきかを、

様々な角度から論じた人生指南の書である。

本書は、「儒・仏・道」の三教を根幹とする

『菜根譚』の真髄を体得して日常生活の指針とするため、

儒・道教の専門家と仏教、特に禅学を専攻する学者の2人が、

長年に亙り原典を全面的に見直し、これを究明し、

その成果を新たに書き下ろしたものである。

現世を生きぬく知恵と処世の極意が満載された必読の書。

●『論語』や『老子』などの超メジャー級の

中国古典しか読んでなかったので、

本当にお恥ずかしい限りなのだが、

今回は『菜根譚』のご紹介します。

●そのタイトルから、貝原益軒『養生訓』と

混同しがちで、これも笑われるような話だが、

健康読本、はたまた料理本のたぐいかと

ずっと誤解していた。

私が敬愛している大久保一彦さんが座右の書と

しているとのことだったので、

最近古本屋さんで色々な出版社のものを

比較検討していたのだが、

読みやすさ、価格面など総合的に優れていたので、

講談社学術文庫のものを選んでみることにする。

●この著者は、

今から300年前の中国明の時代の洪自誠という学者で、

プロフィールはあまり詳しいところがわからない

謎めいた人物らしい。

内容的には、

人生をより良く生きるための格言、警句、箴言の類を

集めたものである。

この著者の本が珍重されている最大の理由は、

何と言っても、儒教、仏教、道教の三教を根幹として

学んだ著者による本であることだろう。

つまり、相互に対立、反目し合う理論が多く、

相容れないと一般には思われている釈迦、ブッダ、老子の思想の

最重要なエキスがこの1冊に統合、凝縮されているのである。

●書き下し文、原文、語義、訳文の配置も

スッキリと整理されているので読みやすい。

多忙な方は、中間部分はすっ飛ばして、

書き下し文→訳文の順序でドンドン読み進んでもいいだろう。

一つ一つのことばは、『論語』のように短いので、

ドンドン読み進んでいけるし、

各言葉は相互に独立しているので、どこから読んでいっても

よいし、疲れたら休んで、又開いて読める気楽さがある。

400ページの分厚さで、一気読みは難しいでしょうし、

なおかつ一遍読んでそれっきりにしてはいけない

重々しい本ですから、じっくり腰を据えて読みたい本です。

●ただ、巻末の解説は、

何が書いてあるのかさっぱりわからない悪文で、

これだけは非常に失望した。

本文が非常に読みやすいだけに、

もっとまともな内容に改められたい。


【マストポイント】

@「世におりては、必ずしも功を求めざれ。過ちなきはすなわち是れ功なり。

人に与えては、徳に感ずることを求めざれ。怨みなきはすなわち是れ功なり」

人間が現実の社会で生きていく時には、必ずしも功名を期待してはならない。

大きな過ちがなく過ごすことができれば、それがそのままとりもなおさず功名である。

また、他人に対して恩恵を施す時には、その恩恵に感謝されることを求めててはいけない。

他人に怨まれるようなことをしなかったならば、それがそのまま恩恵である。

A「真廉は廉名なし。名を立つるは、正に貪と為す所以なり。

大巧は、巧術なし。術を用うるは、すなわち拙と為す所以なり」

ほんとうに清廉潔白な人には、清いという評判は立たないものである。

清いという評判がたつのは実はまだ欲望の心が残っている証拠である。

ほんとうに巧妙な術を体得した人は、巧妙な術を見せるようなことはないものである。

巧妙な術を見せるというのは、それがまだ未熟な証拠である。

B「人生は、一分を減省せば、便ち一分を超脱す」

人間が生きていく時に、余分なものを少しでも減らそうとすれば、

その分だけ世俗の悩みから抜け出すことが出来る。

 

【著者略歴】

中村璋八
1926年神奈川県に生まれる。東京文理科大学卒業。駒沢大学教授。文学博士。主著は『緯書の基礎的研究、資料篇』『五行大義の基礎的研究』『重修緯書集成』(6巻)『五行大義校註』『日本陰陽道書の研究』『五行大義全釈』など。


石川力山
1943年宮城県に生まれる。駒沢大学仏教学部禅学科卒業。駒沢大学仏教学部教授。著書は『慧能研究』『作る心食べる心』(共著)など。

ラベル:菜根譚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。