2007年11月28日

必読本 第540冊目 一瞬で「自分の夢」を実現する法

必読本 第540冊目

robinns1.jpg

一瞬で「自分の夢」を実現する法

アンソニー ロビンズ(著), 本田 健(翻訳)

¥ 1,575 (税込)

三笠書房

単行本(ソフトカバー): 304ページ

2007年12月1日 初版




●絶大な人気と実力を誇るアメリカ1

カリスマコーチ、アンソニー・ロビンズを

代表する大傑作、待望の新刊。

のみならず、すべての成功哲学関係の本の中でも

5本指に入るとも言われるぐらいの伝説的な名著である。

かつて、邱永漢翻訳で出版された本(
必読本第153冊目参照)は、

アンソニー人気と、数が極めて希少だったせいもあり、

古本市場にて一時10万円以上もの価格がついたことさえあった。

●アンソニーの2大傑作本は

ずっと絶版で入手困難だったこともあり、

三笠書房には復刊希望が殺到していたのだろう。

昨年、あの本田健さん翻訳解説によって、

1冊は新訳として、見事復刊を遂げた(
必読本第175冊目参照)。

遅からず、本書も本田さんの翻訳で

出されるだろうと思っていたが、本年末になって

ようやくの出版とあいなった。

●例によって、読者家の本田さん翻訳だけに、

文章は極めて流麗で読みやすい。

300ページの分量だが、

内容的にもそれほど難解ではないので、

読破に時間はさほどかからないだろう。

ただし、早く読破することよりも、

再三再四熟読するのが大切な本ではあるが。

●内容的には、やはり、

本国で1千万部以上ものミラクルベストセラーになった

だけのことはあり、

成功哲学において必要な要素が、

ほぼ網羅的に記載されている。

特に、言葉の選び方、メタファーの使い方、

アンソニーで一躍有名になったNLPを使った

感情コントロール法など、

とにかく舌を巻くほど、各種のメソッドが続々と紹介されている。

●欠点を少々以下に挙げます。

やはり、前回のアンソニーの本でも言いましたが、

タイトルは原著の直訳でよかっただろう。

本田版の新訳2冊は、タイトルのセンスが悪すぎる。

というか、『一瞬で〜』というのは、

催眠術じゃないんだから、大いに語弊を招くだろう。

又、カバーデザインの安っぽさ、

ハードカバーでなくソフトカバーであること、

本文にイラストが皆無など、

全体的に、何か手抜き感が否めない。

この本の価値から言ったら、

外観にもうちょっと力を入れてほしかったものです。

●それと、誰もが遺憾に思うことだろうが、

全訳版として出すことができなかったのかということ。

かつて、本書の原書をアマゾンから購入したことがあったのだが、

ちょっとした辞書はあろうかというぐらいの分厚さにとても衝撃を受け、

ろくに読まないで他の人に譲ってしまったという経験があった。

●よって、あとがきで、本田さんが釈明している通り、

本書は抄訳版となっている。

にもかかわらず、

300ページ(よって定価も1,575円となった)もあり、

原書はこの4倍、つまり全訳で出したら、1200ページ。

1冊の本として出すことはほぼ不可能となる。

上・下巻2冊セットか、上・中・下3冊セットにでも

せざるをえないだろう。

にもかかわらず、英語が不得手な私などは、

全訳版を是非とも読みたいという気持ちを根強く持ってしまう。

お金に余裕があり、「本気」の人ならば、

専門の翻訳業者に依頼し、

全訳してもらって読んでいるのでしょうね、おそらく。



【マストポイント】

@決断のパワーが人生を変える。

「どんなことがあってもやる!」という決断と、

「そうなってくれればうれしいなぁ」という

ボンヤリとした夢や希望の間には、

驚くほどの距離がある。

A「黄金」の答えを得たかったら、素晴らしい質問を

しなくてはならない。

低レベルな質問からは低レベルな答えしか得られない

(例・サラ金からの借金5万円を返済するには、どうすればよいか?

→会社に前借りを要求するか、他のサラ金で借りるか、

パチンコや競馬で勝って返すか、

親に無心するか、それとも強盗にでも入って返すか、

はたまた、面倒だから、夜逃げするか)。

それと全く同じように、素晴らしい質問をすれば、

「自動的に」素晴らしい答えが得られる

(誰にも迷惑をかけず、一生安定した経済生活を送るには、

何を変えなくてはならないか?

→どんな本を読めばよいのか、どのような仕事に就けばよいか、

蓄財や投資はどうすればよいか・・・etc)。

B言葉の使い方やメタファーが、その人の感情を変え、

ひいては人生、運命まで変える力を持つ。

日頃、「超ムカつく」という言葉が口ぐせになっている人は、

どんな些細なことにでも、「ムカつく」反応をしてしまう。

ひいては、自分の人生を「ムカつく」ことだらけの

不機嫌極まりない人生に知らず知らず作り上げてしまう

(「ムカつく」→「ちょっとイマイチな感じだね」などの言葉に変える)。

何か嫌なことが起こった時に、

それを「自分を試している神様からの『テスト』」だと思うか、

「自分は不運な人間だから、悪魔が贈ってきたいつもの『罰』」だと

捉えるかには、天地の差がある。


【著者略歴】

アンソニー・ロビンズ
世界ナンバーワン・カリスマコーチとして活躍。個人の未開発のままになっている能力をいかに引き出すか、その画期的な方法で世界的に有名なロビンズ・リサーチ・インターナショナル(Robbins Research International)社長。著書に、コーチングやNLP理論などを元に、著者が実体験で得た能力開発の具体的方法を集大成した『一瞬で自分を変える法』(本田健訳、三笠書房刊)がある。

本田健
神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。卓越したコンサルティング手法により、多くのベンチャー起業家を育てる。執筆活動の他、「お金と幸せ」に関する講演、カウンセリング、セミナーなどで活躍。著作シリーズは、世界中の言語に翻訳されつつある。2005年より、アメリカに拠点を移し、現在はアメリカの大学と共同で幸せの研究を行なっている。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『きっと、よくなる!』『幸せな小金持ちへの8つのステップ』、翻訳書にロビンズの著作の他、『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人』(ハーブ・エッカー、三笠書房刊)など多数がある。

本田健さん 公式ホームページ 
http://www.aiueoffice.com/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【運命の一冊】一瞬で「自分の夢」を実現する法
Excerpt: 今回のフォトリーディングのターゲットは、本田 健さん翻訳の『アンソニー・ロビンズの一瞬で「自分の夢」を実現する法』です。 前作、一瞬で自分を変える法より一年。待望の続編が満を待して登場! それ..
Weblog: フォトリーディング@Luckyになる読書道
Tracked: 2007-12-08 10:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。