2007年12月26日

必読本 第564冊目 レバレッジ勉強法

必読本 第564冊目

rebarejji1.jpg

レバレッジ勉強法

本田直之(著)

¥ 1,365 (税込)

大和書房

単行本(ソフトカバー): 200ページ

2007年10月5日 初版

 

●年収UPを目指すなら、働くよりも「勉強」しなさい!

 「時間がない」「やる気が出ない」「続かない」

そんな忙しいビジネスパーソンのための、

最短距離で最大限のリターンを得る技術を紹介する。

●高校時代は成績ドン尻の「超抵抗飛行」だった著者が、

短期間の勉強で有名私大現役合格、

外資系企業に就職後も、英会話、ITスキル、

MBA、ワインアドバイザー、世界遺産試験など、

次から次へと難関試験や人気資格をマスター。

数多くの企業経営に携わる多忙の身でありながら、

なぜそんなに思いどおりの結果を出せるのか?

著者が考案した、

最小限の労力でハイリターンを得る、

「レバレッジ勉強法」を詳細に解説する。

●我々社会人は、大学卒業を境に、

一気に「勉強」と名のつくものから遠ざかりがちだと思う。

しかし、今や大卒、有名企業就職しただけでは、

何も保証されていない厳しい世の中。

社会人になってからも、

確実にリターンの期待できる「勉強」に投資することが

何よりも肝心だと著者は強く主張する。

●他の著作と同様、

理論的、概念的な記述をできるだけ省き、

実践的なメソッド、スキルを紹介することに重点を置いている。

オススメ教材、雑誌、ホームページの紹介など

情報量も豊富。

文具好きの私としてうれしかったことは、巻末に

本田さん愛用の万年筆、ボールペンなどの

文具情報が沢山紹介されていたこと。

又、文章も例によって読みやすく、

200ページだが、大して時間を要せず読みきれます。

著者の個人的なエピソードも、

他の本より多目です。

●本書でも再三再四記されていることだが、

ごくごく一部のノーベル賞級の超天才以外は、

人間の持って生まれた能力などというものは、

結局大した違いがない。

それなのに、社会に出てから地位や収入に

差が出てしまうのは、

やはり、勉強する際の「仕組み作り」や「コツ」と

言われるたぐいのことに疎いからである。

どうも自分は要領が悪い、

頑張っているわりに成果が上がらないとお悩みの方には

是非とも推薦したい本である。

●ただ、細かいことだがちょっと気になったのは、

おそらく編集者の意向だろうが、

各章タイトルが「〜してはいけない」、「〜せよ」式の

押し付けがましい命令調の文章であること。

どんなに名高い著者であっても、

やはり有無を言わせぬ強制的な口調で言われると、

読者に拒否反応を知らず知らず抱かせてしまう。

本で読む限り、本田さんはそれほど

居丈高な熱血教師タイプではないと思うので、

もっとソフトな言葉づかいがよかったでしょう

(おそらく、それがアダになったのか、

本田さんの著作の中では最も評判は芳しくないようである)。

 

【マストポイント】

@人生の選択は、熟考するより

憧れや直感で決めてしまった方が

いいことがある。

しかし、ゴールの全体像を俯瞰した後には、

それを逆算して、具体的なタスクを

明確化することが是非とも欠かせない。

A会議でも勉強でも読書でも、

やらされているものは絶対に長続きしない。

何事も、パッシブ思考からアクティブ思考へ。

つまり、自分からやり始めたという能動性、主体性を

持って、事に当たるようにする。

B外国語マスターにネイティブ並みの100点満点を

設定してはいけないし、どだいクリアできるわけがない。

60点以上で十分、または、自分が関係する

分野(仕事、趣味など)で支障なく会話が成立すれば合格とする。

はじめに自分で最低ラインを設定すると、

成果が上がりやすくなる。
 

 【著者略歴】

本田直之(ほんだ・なおゆき)
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果を上げるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役を兼務。ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで過ごす。著書にベストセラーとなった 『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)と『レバレッジ時間術』(幻冬舎新書)、訳書に『パーソナルブランディング』(東洋経済新報社)がある。明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。

本田直之 さん 公式ホームページ http://www.leverageconsulting.jp/index.html

ラベル:本田直之
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。