2008年01月06日

必読本 第575冊目 イヤな客には売るな!―石原式「顧客化戦略」の全ノウハウ

必読本 第575冊目

イヤな客1.jpg

イヤな客には売るな!

―石原式「顧客化戦略」の全ノウハウ

石原 明(著)

¥1,260(税込み)

PHP研究所

単行本:194ページ

2004年1月13日 初版



●お客さんが会社を選ぶのではない、

会社がお客さんを選ぶのだ!

常識を覆すマーケティング戦略を提案する営業マン必読の書。

お客を選別し「顧客化」するステップをじっくり解説する。

●明日から仕事始めの方も多いかと思います。

成績の悪い営業マン、売上げが上がらない会社の

社長は、又、憂鬱な一年が始まりますね(笑)。

儲かっていない仕事、お金が稼げない仕事ほど

気が滅入ることはないですから。

●なぜ、仕事がつらいのか。

儲からないのか。お客さんが来店しないのか。

それは、あなたの会社が「顧客化」する仕組みが

ないから。

一回だけ買ってくれたお客さんがそれっきりになっていないか。

イヤなお客にも、ペコペコして、安売りして

是が非でも買ってもらおうと「懇願スタイル」になっていないか。

●著者最大のベストセラー『営業マンは断ることを覚えなさい』と

同じく、サラリと読める平易な文章。

にもかかわらず、理論は秀逸の一言。

この手のセールス本、マーケティング本は、

えてして文章がギュウギュウ詰めで、

やたら小難しい図表や専門用語を多用し、

パラパラめくっただけで読む気が失せるものが

少なくないが、これほどまでに

シンプルな言葉で、要点だけをズバリとまとめられるというのは、

本当に希有な才能だと思う。

重要ポイントは太字になってますので、

読了後、見直しする時にも非常に便利です。

●内容的にも「売ること」一辺倒に徹し、

無駄に話題を脱線しない。

挑戦的なタイトルながら、この手の職業人に多く見られる

人を小ばかにしたような

性格の悪さが全く感じられないのも、非常に称賛できる。

同業者の中では著作数も少なめで、

地味な存在かと思うが、

その本の効力の強さ、職業人として気高さは

群を抜いている。

●お客さんを個別化、選別化できていず、

すべて一緒くたにして扱っている営業マンや、

お客さんが「一見客」ばかりで、

リピーターに仕立て上げる仕組みが皆無だった

店長さん、社長さんなどに強力に推薦したい本です。

新年、優良な信者客を多く抱えて、

主体的かつ戦略的に商売をしたいとお考えの方は必読の本ですよ。


【マストポイント】

@礼儀知らず、値切り屋、クレーマー、ひやかしなど、

イヤな客とばかり付き合っていたら、

ドンドン売上げは先細りになり、人生は破滅的な方向に向かう。

あなたの商品を気に入ってくれ、

あなたの言い値で、何度も購入し、

友達にも口コミしてくれる良質な客とだけ付き合っていけば、

売り上げは安定し、繁栄の道をずっと歩むことができる。

あなたが、付き合う人間を、自分で選ぶ。

イヤな客やイヤな取引先は、角が立たないよう

あなたの元からキレイサッパリお引取り願う

(付き合う恋人や友達、身につける装飾品などにも

同様なことが言える。

安ければ何でもよい、異性ならば誰でもよいと

いうわけにはいかないでしょう)。

A「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」というように、


まさに、人はその人に相応しい店に集まる。

一皿100円均一の回転寿司屋には、

その回転寿司屋にピッタリのお客だけが

毎回来店する。

ミシュラン三ツ星の高級寿司店には、

その店にピッタリのお客だけが毎回来店する。

よって、いい意味での「差別化」が商売人には必要である。

回転寿司屋は三ツ星店の客を、

三ツ星店は回転寿司屋のお客を、

それぞれ相手にするべきでなく、又、したとしても

双方幸福な結果を得られない。

営業マンは、お客にとっても店側にとってもふさわしくない時は、

こちらからお断りする姿勢が必要である。

B「釣った魚には餌を与え続ける」。

一度掴まえたお客さんと1回こっきりで

終わってしまう店が世の中多すぎる。

「よい商品」は、黙っていてもお客さんの方から

勝手に買いに来るというのは幻想以外の何ものでもない。

お客さんは日々膨大な情報に触れていて、

あなたのライバル店にいつ浮気するかわからない。

良質なお客さんには、一生のお付き合いの精神で、

親切さを基本とした情報を与え続ける。

継続的にコミュニケーションをとり、

あなたの存在を絶対に忘れさせないこと。


【著者略歴】

石原 明
経営コンサルタント。1958年、静岡県生まれ。ヤマハ発動機(株)を経て、85年、外資系教育会社、日本代理店に入社。セールス部門で世界約6万人のセールスマンの中で常にトップクラスの実績を収める。またセールス・マネージャーとしても、年間を通して最高の成果を発揮した営業管理職に贈られる「セールス・マネージャー世界大
賞」を受賞する。研修講師としても約200社の研修を担当した実績を持つ。95年、日本経営教育研究所を設立し、経営コンサルタントとして独立。以来、講演活動、執
筆、各社顧問及び幹部教育などで活躍中。経営者向けにマーケティング情報を提供する「高収益トップ3%倶楽部」には、全国約1000社が参加。ビジネスマン向けに開催し
ている「成功哲学セミナー」基礎コース・実践コースには、延べ3万人が参加している。日本経営合理化協会講師も務める。主宰する団体に、「高収益トップ3%倶楽部」。

石原 明さん 公式ホームページ http://www.nihonkeiei-lab.jp/

ラベル:石原明
posted by miura at 18:10| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セールス・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。