2008年02月22日

必読本 第612冊目 あなたに金持ちになってほしい

必読本 第612冊目

kanemoti1.jpg

あなたに金持ちになってほしい

ドナルド・ トランプ(著), ロバート・キヨサキ(著)

¥ 2,310 (税込)

筑摩書房

単行本: 405ページ

2008年1月25日 初版

 

●お金の問題を解決するのはお金ではなく、

ファイナンシャル教育をおいて他にはない。

不動産王トランプと「金持ち父さん」のキヨサキが、勝利の方程式、

そして人生のアドバイスを贈る。

●『金持ち父さん』シリーズ待望の最新刊。

シリーズ近作(必読本第冊448目参照)
でチラリと予告されていたように、

あの不動産王ドナルド・トランプ氏との共著である。

えげつないぐらいに直截的な書名だが、

昨今のビジネス本の中でも、

特に心を打つ出色のタイトルだと思う。

●言うまでもなく、両者は不動産事業のみならず、

出版事業、テレビ番組制作事業、教育事業で

「超」がつくほどの大成功を収め、おそらくは

一生食っていくには事欠かないほどの巨万の富は

既に築き上げているはずである。

普通の考えだったら、とうの昔に第一線から退き、

頭を悩ますことの多い俗世間から離れて、

どこか南国の楽園ででも隠遁生活を送ってもよさそうなものだ。

●だが、両者はそんなことはしない。

なぜなら、世界経済の長期低迷状態、

先進国で顕著に広がる格差社会、

雇用の海外流失など、

多くの問題に関してとても「心配している」からだという。

本書で示されているように、

10%の金持ちが世の90%の富を握り(10対90の法則)、

その10%の人々の割合がドンドン1%に縮小し、

90%の富は逆にドンドン99%に近づくのではないかと危惧している。

両者ともに、自分が大成功したことだけに充足せず、

やる気のある人ならば誰にでも「金持ちになってほしい」と

真剣に望んだことが、本書を出版した理由であるとのこと。

●例によって、国や会社の庇護をあてにせず、

主体的にファイナンシャル教育を積み、

投資を行って富を築いていくことの大切さが

全篇にわたって強調されている。

『金持ち父さん』シリーズを総括するかのように、

今までの本の重要ポイントが図表やドリルを使って

復習的にまとめらていて、

「はじめの1冊」として読む初心者にも十分理解可能な

作りになっています。

魂を鼓舞する啓発的な部分と、

投資や財務上の知識、テクニックを教示してくれる部分が

絶妙なバランスを保って1冊に凝縮されている傑作で、

毎度のことながらその手腕にはホレボレさせられる。

●トランプ氏に関して一言コメントしておくと、

私自身、氏の本は1冊も読んだことがなくて、

正直、どんな人間像なのか全く知らなかった。

年齢のわりに異常なぐらいに髪がフサフサで、

この人絶対にヅラだよ!と思われる写真が冒頭にあり、

どこぞのタチの悪い地上げ屋か、

血も涙もない金の亡者のごとき人物が出てくるのかと、

相当警戒はしていたのだが、

キヨサキ氏に勝るとも劣らないぐらいに

マインドが高く、かつ、投資蓄財に関するアドバイスは切れ味鋭いものがある。

●利にさといはずなのに、利己的ではなく、

冷静沈着なのに、冷酷ではない。

完全に先入観を覆された。

やはり、日本のヒルズ族あたりのにわか成金などと違い、

アメリカを代表する実業家は器がでかい。

本書を読んで、キヨサキ氏以上にファンになる方は続出するはずだ。

●シリーズの中で新しい試みとしては、

写真が大変多いということである。

別人か?というぐらいにスリムになった

キヨサキさんの顔写真に驚かされることから始まり、

実父である「貧乏父さん」を含めた家族写真、

スポーツ好きだった学生時代、

心身ともに鍛えに鍛え抜かれた兵隊時代、

そして、キヨサキ、トランプの仕事を周囲で支える

スタッフたちの写真など、

実に数多くの写真が掲載されていている

(ただ、誰もが知りたい「金持ち父さん」の写真は

今回も実家族の反対などがあったのだろう、

掲載見送りになったのは残念至極である)。

後半には、人生相談的内容、

両親、学校、スポーツ、軍隊、ビジネスから何を学んだか?を

回顧する話など、両者の自伝的内容になっていて、

単純に成功者の物語として読んでも面白い。

●文庫本のような細かい字がビッシリ、なおかつ

400ページの分厚さで、やはり誰もが一瞬はたじろぐ。

だが、内部情報はやはり濃いので、

数日間の余裕をあらかじめ確保して、

2時間で100ページぐらいのペースで

熟読玩味したい本だ

(参考までに、私は読了まで4日かかりました)。

●毎度のことながら、

キヨサキさんの本の完成度の高さには

ホトホト感心させられます。

定価2,310円(税込み)だが、1,365円ぐらいのビジネス本

10冊分ぐらいの密度、情報量は備えている。

類書を全部脇にどけても、真っ先に読むべき価値はありますよ。


【マストポイント】

@魚を与えれば、その人を1日食べさせることができる。

 漁の方法を教えれば、その人を一生食べさせることができる。

A言い訳を並べる代わりにできることで一番いいのは、

ほんの少し努力をすることだ。

みんなが、今まわりで起こっていることを理解しようと努め、

自分を一段階レベルアップさせて、より次元の高い、

現状に甘んじない人間になるために努力をすれば、

きっと何かしら明快な答えが出てくるだろう。

問題を解決することは、あなたにとって最良の教育になりうる。

理解することで憎しみがなくなるように、

教育を受けることで恐怖をなくすことができる。

(ドナルド・トランプ)

B「使命」はビジネスの最も重要な部分だ。

ビジネスの魂であり、その中心である心だ。

魂と心がない起業家は(たとえ素晴らしい商品を持っていても)

大体失敗する。(ロバート・キヨサキ)
 

【著者略歴】

ドナルド・トランプ

1946年ニューヨーク市クイーンズに生れる。28歳のとき独立し、マンハッタンへ進出。1975年、グランド・セントラル駅に隣接する、老朽化が著しいコモドア・ホテルをよみがえらせることを計画し5年後にグランド・ハイアット・ホテルといてオープンする。1983年には「世界一豪華なビル」トランプ・タワーを五番街に建て、全米の話題を呼ぶ。不動産デベロッパー、ホテル経営者としての他にカジノ経営でも成功をおさめ、いまや資産は30億ドルを超えるといわれる。アメリカを代表する不動産王である。

ロバート・キヨサキ

日系四世ハワイ生まれ。ハイスクール卒業後、ニューヨークの大学へ進学。大学卒業後は海兵隊に入隊、士官、ヘリコプターパイロットとしてベトナムに出征した。帰還後の1977年、ナイロンとベルクロを使ったサーファー用財布を考案、会社を起こした。この製品は全世界で驚異的な売上を記録し、『ニューズウィーク』をはじめ多くの雑誌が、ロバートとこの商品をとりあげた。1994年に47歳でビジネス界から引退した。今やっているのは、投資と教育だ。「持てる者」と「持たざる者」とのギャップが広がることを憂えて、ボードゲーム『キャッシュフロー』を考案した。これは、それまで金持ちしか知らなかった「金儲けのゲーム」のコツを教える教材だ。このゲームはアメリカで特許権を得ている。お金に関する教育、経済動向についての講演は高く評価されている。

シャロン・レクター

妻であり三児の母であると同時に、公認会計士、会社のCEOでもあるシャロンは、教育に関心が深く、多くの力を注いでいる。フロリダ州立大学で会計学を専攻し、当時全米トップ・エイトに入る会計事務所に入所。その後もコンピュータ会社のCEO、全国規模の保険会社の税務ディレクターなどへと転職し、ウィスコンシン州で初の女性雑誌の創刊にもかかわる一方、公認会計士としての仕事を続けてきた。

金持ち父さん貧乏父さん 公式サイト http://www.richdad-jp.com/top.html

posted by miura at 18:58| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。