2008年04月04日

必読本 第645冊目 決定版 失敗ナシ!はじめての男の手料理 (今日から使えるシリーズ cooking)

必読本 第645冊目

otokono1.jpg

決定版 失敗ナシ!はじめての男の手料理

 (今日から使えるシリーズ cooking)

山本 麗子(著)

¥ 1,260 (税込)

講談社

単行本: 191ページ

2008年1月21日 初版

 

●初級から上級まで技術別厳選料理を和・洋・中101品の豊富なメニューで紹介。

作る楽しみ、食べる喜びを実感できる男性ならではの豪快料理満載。

基本テクニックとわかりやすい手順写真付き。

●新年度の4月になって、一人暮らしをスタートされる

学生さん、社会人の方は多いかと思います。

今まで、何不自由なく実家で3食食事を作ってもらっていたのに、

一人になって初めて、食事を作ってもらっているありがたみが

感じられている方も多いのではないでしょうか。

●男性は、包丁を握ったことがない、

皿もろくに洗ったことがないという方が少なくないでしょう。

しかし、いかに忙しい、面倒くさいといっても、

毎日のようにコンビニ弁当、ファーストフード、

牛丼、ラーメンなどのB級グルメばかりで済ませていたら、

早晩体に変調を来たしますし、

人並み以上のパフォーマンスを発揮することも叶わないでしょう。

やはり、栄養バランスの取れた美味しい食事を

毎日きちんと摂ることは、生活、人生の大基本です。

●そういうことも考えまして、

今回は男の手料理本を紹介いたします。

料理には非常に興味がある、

しかし、器具、調味料、切り方など、

ごくごく初歩の初歩から、人に習うのはいかにも

恥ずかしい、男の沽券が許さないという考えの人には

非常にピッタリの本です。

●内容的にも、

和風、洋風、中華、丼物、汁物、麺類、一品料理と

男性が好みそうなメニューはほぼ網羅されていて、

それらが、難易度ごとに初級→中級→上級と

順を追って解説されている。

全ページカラー印刷、豊富な写真とかゆいところまで

気配りの行き届いた解説文もあり、

非常に使い勝手の良い本です。

随所に配置された料理の常識、健康の常識コラムも

とても勉強になります。

内容のわりに安い定価もうれしいです。

●巻末には、野菜の切り方、出汁のとり方、

火加減の調整の仕方、それに料理番組でよく出てくるような

基本用語の解説集もついているので、

大げさではなく、これ一冊があれば、

独力で料理を作ることが出来ることはおろか、

相当のレベルの料理通になれることまで確実です。

●親元を離れ、初めての一人暮らしをされる大学生、社会人の方に、

家財道具と一緒に是非持たせてやりたいような本です。

また、最近は料理の一つもできないような男性は、

女性の評価も芳しくないようですので、

今年こそは料理を開始してみたいとお考えの既婚男性の

方にもオススメいたします。


※今回は、料理本ゆえ【マストポイント】は割愛いたします。

 

 【著者略歴】

山本麗子(やまもとれいこ)
1947年生まれ。日本体育大学女子短期大学卒業後、長年フランスへ通ってお菓子作りの道に入る。香港や東京での食べ歩きを重ね、広く和洋中の料理を探求。1979年から自宅でお菓子教室「スウィートハート」を開き、現在も続く。1994年長野県北御牧村に移住。雑誌、新聞、テレビ、講演等に活躍中。著書は『101の幸福なレシピ』『101の幸福なお菓子』『山の中の幸福なキッチン』『山本麗子のガーデニングクッキング』『スウィートハートのお菓子』(以上講談社刊)ほか多数。



ラベル:山本麗子
posted by miura at 18:23| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。