2008年04月10日

必読本 第650冊目 人生楽らくセラピー―斎藤一人

必読本 第650冊目

sarapi1.jpg

人生楽らくセラピー―斎藤一人

舛岡 はなゑ(著)

¥ 950 (税込)

ロングセラーズ

新書: 200ページ

2008年3月31日 初版

 

●どうしたら苦労をやめられるのか。

どうしたら今よりもっとしあわせになれるのか。

斎藤一人から「精神的な成功法則」と「実践的な成功法則」を学んだ著者が、

「人生楽らく」に生きるノウハウを紹介する。 

●先月3月末に出たばかりの斎藤一人さんの

お弟子さん舛岡はなゑさんの最新刊。

ロングセラーズで好評発売中の

『セラピー』シリーズの1冊として発売されました。

●同じ東北の宮城県仙台市を拠点として

働かれているという親近感があるせいかもしれないが、

私は一人さんのお弟子さんの中では、

はなゑさんの本がとりわけ肌に合い、

他のお弟子さんの本以上に共感することが多く、

特に愛読している。

本書もフムフムとうなずくところの多い本であった。

●他の『セラピー』シリーズと同じように、

口語体のやさしい言葉でスラスラと

人生を楽々に生きるためのヒント、コツを教えてくれます。

たしかに師匠である一人さんの教えの引用も多々ありますが、

他のお弟子さんと違って、

一人さんオンリーに寄りかかることなく、

ご自分の意見、主張がメインで話を展開されるのも、

はなゑさんの本の美点ですね。

肩がこらずにサラリと読破できますが、

やはり、内容的には目からウロコのお話が多いです。

●早起きが苦手、掃除、料理などの家事も苦手、

だけど、自分が楽で楽しく生きられる人生を選択すれば

それでいいじゃん?みたいなマイペースでリラックスした

語り口には、同じような悩みを持たれている同性の方は、

非常に勇気づけられるのではないでしょうか?

世の自己啓発本は、えてして、寝坊助ではダメだ、

朝は4時起きだ、5時起きだ、

家事をしない女性など言語道断、

チリひとつ落ちていないほど、

徹底的に自宅を掃除すべしなどと啓蒙する本が多く、

それに挫折してしまう方、違和感を持たれている方などは、

非常に肩身の狭い思いをしていたはずです。

●自分が好きなこと、得意なことはする、

向いていないこと、合わないことにはあえて手を出さない、

「年金がもらえなくなる」などとマスコミは騒ぎ立てるけど、

今という時代は歴史上最高にいい時代じゃないの?、

他人を攻撃しないで、

自分がウキウキ気分よく生きられるような

工夫をしようよ、などなど、

とっても素敵な生き方をされる女性だなと改めて思わされます。

●一人さんの教えを総復習するための豆本として

利用するもよし、

キャリア路線の女性が読むお手軽な自己啓発本として

読むもよし、非常に利用範囲の広い本です。

千円札1枚でお釣りが来る廉価もうれしいですね。



【マストポイント】

@(世の中の平和のため、地元のため、子供の未来のためなど)

使命感を持っている人は仕事が楽しく、

「この仕事をやっていて幸せだ」と思っている。

だから、ニコニコしながら充実感を持って働くことができる。

(生活費のためだけなど)義務感で仕事をしている人は、

自分に向いていない、本当はやりたくない仕事なのに、

自分にウソをついてガマンして仕事をしている。

だから、不機嫌そうな顔で、チンタラチンタラ働く。

たとえ、3Kだろうが、低賃金だろうが、

仕事には、何をさておいても使命感が必要だ。

A嫌な人が二度と現れなくなる方法。

1、「○○さんの真の魂に申し上げます。

あなたに、すべてのよきことがなだれのごとく起きます」

(他人の幸せをひたすら念じる)

「自分を許します。○○さんを許します。

○○さんを許せない自分を許します」

(その人を許す。許せないほどの強い憎しみが残存していたら、

その人をいまだに許せない、執念深い自分をも許す)

B人間には外見でも言葉であっても、

その人に「似合わないことは起こらない」という法則がある。

つまり、明るく清潔な服装で光り物をつけていて、

(何もいいことがなくても)いつもニコニコしている人には、

どう考えても不幸は似合わないから、実際に不幸は起こらない。

いつも、「ツイてる、ありがとう、よくなる」などの天国言葉が

口ぐせになっている人は、自分で口にしている言葉と

似合わないことは起こらないから、

いつもツイていて、ありがたいことばかりが起きて、

一見悪いような出来事が起きても最後にはよくなっている

(はなゑさんが、一人さんから伝授された

トラブルが起きた時につぶやくとよい、

魔法の言葉2種

1、「私は自分を信じています。信じているから、

どんな問題も乗り越えられる」

2、「これでよくなる、だからよくなる、さらによくなる」)。

C以下の3つの苦労のどれかをしている限り、

いつになっても幸福感は得られない。

1、取り越し苦労(まだ起こってもいない未来を心配する)

2、持ちこし苦労(済んでしまった過去をクヨクヨ後悔する)

3、持ち出し苦労(自分以外の親戚、知り合いのことまで心配する)


※普段、【マストポイント】 は3つしか挙げていないのですが、

今回はおまけで1つ追加しました。

 

【著者略歴】

舛岡 はなゑ
東京都江戸川区生まれ。実業家。斎藤一人さんの弟子の一人。病院の臨床検査技師を経て、喫茶店「十夢想家」を開く。この店は、斎藤さんと9人の弟子が出会った伝説の喫茶店として知られ、「銀座まるかん」の原点の一つとされている。たまたま来店した斎藤さんから、「精神的な成功法則」と「実践的な成功法則」の両方を学び、女性実業家として大成功を収める。東京都江戸川区の長者番付の常連。ハッピースピリチュアル・メイクアップアドバイザーとして、「開運メイク」のセミナーや講演などで活躍している

舛岡 はなゑさん 公式ホームページ http://www.kirakira-tsuyakohanae.info/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。