2008年06月05日

必読本 第691冊目 定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法

必読本 第691冊目

teiryou1.jpg

定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法

福澤 英弘(著)

¥ 2,520 (税込)

ファーストプレス

単行本: 221ページ

2007年6月21日 初版

 

●ビジネスの世界における合理的意思決定の意味を考え、

さまざまなケースを取り上げながら、意思決定の手法について解説する。

●我々は、貴重なお金が絡む厳しいビジネス環境において、

右に行くべきか、左に行くべきか、

進むべきか、自重するべきか、ギリギリの判断を迫られた時に、

どのような判断基準、数値的根拠を持って

客観的な正当性を持つ最終決断を下すことができるのだろうか。

●本書は、大手企業に勤める男性社員が脱サラし、

実家の酒屋をコンビニ店に転業し、

さまざまな経営上の問題点をどのように解決していけばよいか

という架空のシチュエーションを設定して進んでいく。

人員配置、設備投資、資金繰りなど、経営者ならば誰もがぶち当たる

一般的な問題点を例に挙げながら、

各種の経済学上の概念、理論を用いて、

どのようにして意思決定していけばよいかを懇切丁寧に指南してくれる本。

●最近、勝間勝代さんの本の影響もあって、

科学的、理論的プロセスを経て、

正しい決断を下す戦略本を

かなり熱心に読んできているが、

その分野では決定打になる本と言ってよい。

何か、経営的な岐路に立たされた方が、

数学的な計算式を用いて、未来予測、経営判断をする際には、

間違いなく座右の書となりうる本です。

勝間さんの最新刊(必読本第686冊目参照)、

その推薦書である斎藤嘉則さんの本(必読本第689冊目参照)と3冊まとめて読むと、

確度の高い意思決定をする上で、

かなり参考になる本かと思います。

●直感、好み、経験則など、不確実で曖昧な要素を排し、

徹底して論理的に、数学的に、

経営上の因果関係を考えていきたいと

お考えの方には、非常に役立つ傑作ビジネス書である。

巻末には、経営関係で頻用される基本用語解説まで

掲載されている。

文章も、初心者にはさほど難解さがなく、図解類も多く掲載され、

全体的な完成度も非常に高い

●最近読んだ本格的なビジネス書の中では、

筆頭で評価したい本。

価格はそれなりに高額だが、

それだけの価値はあります。

どうしても理詰めで考えるのが苦手で、

意思決定の最終局面で、直感、個人的な好み、ドンブリ勘定で

決定してしまうようなアバウト思考の経営者や、

経営関係の数字、戦略に強くなりたいとお考えの会社員の方には、

真っ先に読んでいただきたい必読書です。

 

【マストポイント】

@人が何らかの意思決定をする場合には、

「合理性」、「価値観・倫理観」、「感情・性向」の

3軸の総合においてなされる。

普遍的な「正しい意思決定」は現実的に存在せず、

自分にとって「正しい」が存在するのみである。

A将来の意思決定に際して、過去の意思決定に影響を

受けてはならない。

それはすでにサンクコスト(埋没費用=既に払ってしまって

回収できない投資コスト)となっている。

これからする意思決定により、

起こるであろう将来の出来事のみで、評価しなければならない。

B様々な場面において、

各種の意思決定理論が存在する。

【リスクのもとでの意思決定原理】

1、期待値原理(それぞれのケースについて、期待値最大の立地を選ぶ)

2、期待値・分散原理(期待値だけでなく、

リスク選好度にもとづくばらつきとのバランスで選ぶ。例・ポートフォリオ型分散投資)

3、最尤未来原理(最も確率の高いときに最大となるものを選ぶ。

例・一発勝負の大学受験)

4、要求水準原理(一定の要求水準を決め、それをクリアするかどうかで決める。

例・結婚)

【不確実性のもとでの意思決定原理】

5、ラプラスの原理(確率が想定できないため、すべてが

同じ確率で起こると考える・例・電車の車両)

6、マクシミンの原理(最悪な状況で最大となるものを選ぶ。

例・金投資、死亡保障型保険)

7、マクシマックスの原理(確率によらず、最大値となるものを選ぶ。例・未公開株投資・宝くじ)

 

【著者略歴】

福澤英弘

慶応義塾大学大学院経営管理研究科修了。富士銀行、コーポレイトディレクション、グロービスを経てアダットを設立、代表取締役に就任。


ラベル:福澤英弘
posted by miura at 19:51| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。