2007年07月08日

必読本 第412冊目 健康問答 本当のところはどうなのか? 本音で語る現代の「養生訓」。

必読本 第412冊目

健康問答1.jpg

健康問答 本当のところはどうなのか? 

本音で語る現代の「養生訓」。

五木 寛之(著), 帯津 良一(著)

¥ 1,470 (税込)

平凡社

単行本: 276ページ

2007年4月4日 初版

 

●どっちがホント、病気にならない健康法。

医者にかからない作家とホリスティック医療の最高権威の医者が、

長寿法・健康法への素朴な疑問に答える。元気に長生きするための本。

●かつて、『養生の実技』(必読本第258冊目参照)という本で、

世間の常識と真っ向から対立するような

トンデモない健康法を披露して

物議を醸し出した五木さんと、日本におけるガンの代替療法の

権威として名高い帯津良一さんの対談集。

今話題のベストセラーで、どこの本屋さんでも

うず高く平積みされて順調に売れ続けているようである。

●水、酒、牛乳、肉、玄米、サプリ、温泉、睡眠、

ウォーキングなど、日々我々を悩ませている種々の

人気健康法に関して、五木さんが問いかけ、

それに医療者としての帯津さんが回答していくという

構成になっている。

全50個ほどのQ&Aが並んでいるのだが、

我々の耳目を集めるような人気のテーマは

ほぼ網羅されていて、抜かりがない。

そしてひとつのテーマごと、

余計なことをグダグダ述べずに、

シンプルにまとめられているのが多忙な人間にはよかった。

この手の本はえてして冗長な内容になりがちなのだが、

お二人の時間的な制約もあったのか

小気味よく話が進んでいくのが非常に読みやすい。

末尾に「医者の結論」として、

ポイントが箇条書きでまとめられているのも何かと便利である。

●安保徹、久司道夫、新谷弘実、石原結実、

幕内秀夫、柳原和子、アンドルー・ワイルなど、

健康法に少しでも関心がある方ならば、

誰でも知っている著名な方々のお名前もバンバン出てくる。

この手の繊細なテーマの本では、

実名を挙げて同業者の治療法、思想の評価を

云々したりは普通はしないはずだが、

お二人がそれらの著名な方々に対して、

どのようなお考えも持っているのかを忌憚なく語っておられるのは、

実に貴重で、読んでて非常に参考になる

(個人的には断食療法の権威甲田光雄先生と、

ナチュラルハイジーンの権威、ダイヤモンド夫妻へのコメントが

出てこなかったのはちょっと残念だった。

それと、セックスに関するお2人の意見も是非聞いてみたかった)。

●しかし、この本を読破して痛感したのは、

五木さんも帯津さんも、単なる健康、長命、治癒などを

超えた一歩上のレベルから、人間の体、病気、医療を

見つめているという、その広くて深く、柔軟性のある健康観である。

これひとつやれば必ず治るという薬、医療法などない。

肉や酒も大いに結構、あるがまま、楽しく生きることが大事だよ。

高価で、かつ、人相が悪い人から健康食品を買ったらいけません。

「場」の空気が悪い医療施設は治るどころか、

悪化するだけだから行ってはいけない、など、

さすがという卓見が次から次へと出て来ます。

医療関係者は襟を正さなくてはいけないような

鋭い指摘も多いですよ。

●今現在何か慢性病やダイエット問題を抱えて、

色々な健康法やサプリメントの間を「漂流」しているような

健康ジプシーの方、

自分の養生法や死生観に確固とした信念が

固まらず、マスコミや健康食品産業の

意見についつい振り回されがちな方、

世界有数の裕福な国にもかかわらず、

日本の医療、福祉などに何か不信感や不満を常日頃抱かれていたような方などは、

是非ともご一読をおすすめいたします。

健康、病気、人生、死に際などに対して、

一本の芯が通るような本です。

売れているのも納得の1冊でした。

 

【著者紹介】

五木 寛之
1932年福岡県生まれ。『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、『青春の門 筑豊篇』ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。81年より一時休筆して京都の龍谷大学に聴講生として通学。ニューヨークで刊行された英文版『TARIKI』が2001年度ブック・オブ・ザ・イヤー(スピリチュアル部門)に。2002年、菊池寛賞を受賞。2004年、仏教伝道文化賞を受賞。

帯津 良一
1936年埼玉県生まれ。61年東京大学医学部卒業。都立駒込病院外科医長などを経て、82年帯津三敬病院を開設し、現在は名誉院長。西洋医学に中国医学や代替療法を取り入れ、ホリスティック医学の確立を目指す。日本ホリスティック医学協会会長、日本ホメオパシー医学会理事長、調和道協会会長などを務める。

帯津三敬病院 公式ホームページ  http://www.obitsusankei.or.jp/

posted by miura at 13:45| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

必読本 第389冊目 子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!

必読本 第389冊目 

子供たちは1.jpg

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!

松田 麻美子(著)

¥ 1,470 (税込)

グスコー出版

単行本: 271ページ

2003年7月21日 初版




●牛乳は健康食品であると誰が言ったのか。

ヨーグルトは本当にヘルシー食品なのか。

子どもを病気にさせてしまう誤った食習慣を見直し、

体にふさわしい食事による健康づくりを紹介。

2002年刊「常識破りの超健康革命」(
必読本第118冊目参照)の乳幼児編。

●ファーストフード、コンビニ食、炭酸飲料などを常食し、

テレビをつければいつもグルメ番組が目白押し。

世界最高レベルの医学と栄養水準を誇りつつも、

そのくせ、肥満に悩む人や病気がちな人が多い日本。

なぜなのでしょうか。

●それは、生まれたころから、政府、学校、親、医者、

そして食品業界、マスコミなどから、何の根拠もない

ウソの健康情報を浴びせ続けられてきたからだ。

もうそんなインチキにだまされてはいけない。

本書は、これから病気知らずの子供を育てたいとお考えの親御さんは

必読の栄養ガイドブックです。

●前半部では、ナチュラルハイジーンの基本的な理論、食事法を

述べながら、牛乳、薬、砂糖などの

危ない食品、毒物などの危険性なども併せて解説する。

後半部では、妊婦、赤ちゃん、小学生までの

子供さんが摂るべき理想的な食事をガイドしてくれる。

写真がないのは残念だが、レシピは極めてわかりやすく、

男性でも作れるシンプルなものばかりなのがうれしい。

●おそらく、この本で提示されている理論は、

学校関係者、医療関係者に示しても、

よっぽど新しいことに理解がある方以外は、

言下に否定されることは目に見えている。

人間の固定観念というものはそう簡単には覆すことは出来ないからだ。

しかし、そんなことでひるんではならない。

論より証拠。

実際に自分が実験してみて効果があるかどうか試してみればよい。

現在、アトピー、中耳炎など、厄介な慢性病を抱えているお子さん、

何をやってもやせることができない肥満体のお子さんなどは

絶対にやる価値がある健康法、栄養法だと思います。

●根強い人気を誇る著者だが、

アメリカ在住のためか、新刊が出る気配が全く見えない。

DVDでもいいので、新しい著作物を早く発売してほしいものだ。

●ナチュラルハイジーンに関する本は

過去何冊もご紹介させていただいております。

併せてご覧下さい(→こちらこちら)。



【著者略歴】

松田 麻美子
ヘルス・エデュケーター、ヘルス&ニュートリション・コンサルタント。1978年、米国ウェスリヤン大学卒業。1992年「アメリカ健康科学カレッジ」で栄養科学の最高学位を取得後、日本におけるナチュラル・ハイジーン(自然健康法にもとづく究極の健康栄養学)のパイオニアとして活躍。現在、米国ヒューストンに在住。日米間を往復し、「健康な体づくり」のための研究と指導に取り組んでいる。

 

posted by miura at 18:40| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

必読本 第375冊目 蝶になる日―新しい時代へのおけいこ

必読本 第375冊目 

DSC08578.JPG

蝶になる日―新しい時代へのおけいこ

吉丸 房江(著)

¥ 1,680 (税込)

地湧社

単行本: 215ページ

1995年1月28日 初版

 

●こころとからだを澄ませて宇宙の意識とつながって…

人も地球も新しいステージへ移行する時です。

青虫も蝶になる時は体がどんどん透明になっていくように、

宇宙のリズムに合わせて澄みきらせていこう。

健康に生きるための心の持ち方を読みやすく説く。

●個人的には、吉丸さんの本の中では、

本書が最後の本となる。

なぜかずっとこの本だけは古本屋さんでは

見つからなかった。

まあアマゾンですぐに購入してもよかったのだけれども。

●しかし、毎日本を読んでいると、

「本の神様」からのプレゼントなのだろうか、

たまに息が止まるようなものすごい本との出合いがある。

本書はそれに当たると申し上げてよろしい。

●足立育朗、関英男、小林正観などの

宇宙創生、神様、超能力の話、

北川八郎、甲田光雄などの断食療法、食事療法、

五日市剛、斎藤一人などの口ぐせの法則、

ディーパック・チョプラの素粒子医学など、

各分野の第一人者の理論を、わかりやすく

1冊にまとめ上げた恐るべき名著です。

それも、極めて難解でハイレベルな話を

やさしい文章でまとめ上げられている。

この手腕は、お見事というしかない。

●本書は、特に、厄介な難病、慢性病に現在苦しまれている方ならば、

是非とも読んでいただきたい。

必ず、光明が開けるはずである。

この本の中で、余命いくばくもない死病「骨肉腫」に

かかった吉丸さんの甥っ子「真生」くんが、

吉丸さんの健康道場で3週間の断食後に、

奇跡とも言えるような経過で完治してしまったエピソードが

出てくるのだが、飽食の現代人にとって極めて示唆に富む

話なのである。

●他にも、「洗心」など、健康法的なことには

それほど関心がない方にも文句なく役立つ心の法則、

言葉の法則、不思議なお話が次から次へと出てくる。

是非ともご参照下さい。

●吉丸さんに関する情報は、ネットを調べても、

極めて少ない。

本年御年73歳になられるが、健康道場「コスモポート」は

まだ主宰されておられるのであろうか。

機会があれば、是非ともご存命中に

一度お会いしてみたい「賢人」の一人ではある。

必読本第21冊目にも著者の本の

書評をさせていただいております。

併せてご覧下さい。

 

【著者略歴】

吉丸房江
1934年4月17日、福岡県糸島郡前原町に生まれる。小学校と幼稚園の教諭を経験する。27歳から30歳までの間に両親を相次いで癌で亡くし、現代医学への疑問から、東洋医学、東洋思想を学び、老子の思想にふれる。その思想に基づいて、1978年、健康道場・コスモポートを開設し、多くの人を健康に導いた実績をつくる。

ラベル:吉丸房江
posted by miura at 18:45| 山形 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

必読本 第358冊目 スピリチュアル・ヨーガ からだの中から美しくなる7つの法則

必読本 第358冊目

ヨーガ1.jpg

スピリチュアル・ヨーガ

からだの中から美しくなる7つの法則

ディーパック チョプラ(著), デイヴィッド サイモン(著),

Deepak Chopra(原著), David Simon(原著),

和泉 裕子(翻訳), 小松 美都(翻訳)

1,785円(税込み)

角川書店

単行本: 223ページ

2006年8月31日 初版

 

●ヨーガの本質である身体・心・魂を癒すという観点から

ヨーガをやさしく解説するガイドブック。

ヨーガの哲学、瞑想と呼吸法のほか、

「スピリチュアルな7つの法則」に基づく各ポーズのしかたを

日本版撮り下ろしの60点の写真とともに紹介します。

●ピラティスやホットヨガなどの人気ぶりとは裏腹に、

男性陣が改まってヨガ教室の門を叩くなどということは、

相当の勇気が要るはずだ。

そういう恥ずかしがり屋の諸兄にも超オススメ!

今超話題のチョプラ博士が贈る、

自宅で一人でもできる「最高のヨーガ解説ブック」です。

●第1部では、スピリチュアル的観点から、

ヨーガの理論、哲学の解説が続く。

例によって、チョプラ流の独特な言い回しの表現が多く、

やや難解かもしれないが、

私のようなヨーガの何たるかを全く知らないド素人には、

歴史的背景や健康的意味合いについて色々と

学ぶことができるので、やはりしっかり読んでおきたい

●続く、第2部では、「瞑想法と呼吸法」を解説する。

誰でもできるようなお手軽な瞑想法、呼吸法をずっと学びたかった私としては、

個人的には、本書の中で一番興味があった部分。

疲労回復のみならず、願望実現まで行えるような

やり方が記されていて実に面白い。

期待通りの内容でした。

●最後の第3部は、

この部分のメインとなる、「ヨーガの実践篇」。

数多くの写真入りで、

一人でも楽々こなせるように、

ヨーガのポーズの解説、1週間プログラムが詳細に解説されている。

実にわかりやすい内容で、

すぐにでも自宅で試したくなるはずです

(惜しむらくは、写真がカラーでなかったこと。

モデルの方がかなりの美人だっただけに尚更残念)。

●又、本書において特筆すべきことは、

チョプラ氏の大名著(必読本第250冊目必読本第278冊目参照)

で挙げられていた「7つの法則」に沿って、

ヨーガを行うことを示している点にある。

これは、実に見逃せないことであって、

過去本2冊は既に絶版で相当高価なプレミアがついていることを

鑑みると、本書を買う価値は一層高まる。

チョプラさんが提唱されている7つのゴールデンルールを

知りたい方は、(ヨーガに全く興味がなくとも)是非ともご一読をオススメ致します。

(それと、書き忘れたのですが、

ヨガの修行で有名な中村天風ファンにも本書はオススメです)。

 

【著者略歴】

ディーパック・チョプラ
医学博士。全世界に二千五百万人の読者を持ち、ベストセラーも多数。『オプラ・ショー』『ラリー・キング・ライブ』をはじめ、数々の有名テレビ番組に出演。「ニューズウィーク」「タイム」誌のカバーを飾り、巻頭特集が組まれたこともある。1995年にはカリフォルニア州に「チョプラ・センター」を創設。現在は定期的に世界中で講演やセミナーを開催している。

デイヴィッド・サイモン
医学博士。「チョプラ・センター」の共同創設者。CEO、メディカル・ディレクター。

 

ディーパック・チョプラ 日本語情報サイト http://www.bodymindspirit.co.jp/chopra/

ラベル:チョプラ ヨーガ
posted by miura at 18:42| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

必読本 第336冊目 チョプラ博士のクォンタム・ヘルス―こころ からだの完全健康(パーフェクトヘルス)ガイド

必読本 第336冊目

DSC08337.JPG

チョプラ博士のクォンタム・ヘルス

こころ からだの完全健康(パーフェクトヘルス)ガイド

ディーパック チョプラ(著)

3,465円(税込)

春秋社

単行本: 481ページ

1991年10月10日 初版

 

●大ベストセラーの前著『クォンタム・ヒーリング』で

治療のメカニズムを量子理論的に解明したチョプラ博士が、

マハリシ・アーユルヴェーダ・ヘルス・センターで開発された、

インド伝統医学と現代医学を統合した治癒・健康法を初めて全面公開。

こころとからだをまったく新しい観点からとらえなおした

「完全なる健康」の世界へと読者を案内する。

●インドの伝統医学アーユルヴェーダと現代西洋医学の知見を

ミックスし、量子(=クォンタム)理論的に

パーフェクトな健康を獲得するためのガイドブックです。

私自身『クォンタム・ヒーリング』の方は未読なのですが、

いわゆる理論書と実践書という区別で言えば、

今回紹介する本は、後者に当たる本です。

●上記のように、アーユルヴェーダを基本概念として話を

進めて行くので、独特の専門用語がたくさん出てきて、

素人は一瞬戸惑うが、文章自体は極めて読みやすい。

食事法、オイルマッサージ法、音楽療法、ヨーガなど、

百科全書的に様々な治療法が紹介されている。

現代西洋医学の治療法ではなかなか治らない、

厄介な慢性病や難病に苦しんでいる方ならば、

一読の価値はあります。

著者の代名詞「瞑想法」もことあるごとに出てきますよ。

●代替医学関係の本を数多く出している出版社だけに、

いわゆる専門書に属する本格的な作りの本である。

よって、価格も相当高い。

480ページの大作なので、一気に読める本ではないが、

一家に一冊的に置いておく医学書としては、

まず文句なく推薦できる本の中の一冊だと思う。

●例によって既に絶版だが、

チョプラさんの著作の中では、

専門的な医学書ということもあるかと思うが、

アマゾンなどでも比較的良心的な価格で現在売られている。

又、出版数が多かったのか、古本屋さんでも

結構見かける。

入手するならば今のうちかもしれない。

 

【著者略歴】

ディーパック・チョプラ
医学博士。インド出身。ボストン・リジオナル・メディカルセンター主任スタッフを経て、’80年代はボストンで内分泌学の分野で実績を上げる。’90年代には米国アーユルヴェーダ医学協会会長を務め、身体と心を総合的に癒す独自の論を展開、実践のためのプログラムを提唱。現在はカリフォルニアに非営利組織「チョプラ・センター」を創設し、非局所性の科学的研究に取り組んでいる。また、ハーバード・メディカル・スクール主催などの国際的医療イベントで精力的に講演活動を展開。全米のピリチュアル・リーダーとして絶大な人気を誇る彼の著書は35カ国に翻訳され、全世界に2000万人の読者を持つ。

ディーパック・チョプラ 日本語情報サイト http://www.bodymindspirit.co.jp/chopra/

 

posted by miura at 14:21| 山形 ☁| 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

必読本 第331冊目 あなたの生き方を変える断食の本

必読本 第331冊目
断食1.jpg

あなたの生き方を変える断食の本

北川 八郎(著)

1,400円(税込)

致知出版社

単行本(ソフトカバー):185ページ

2006年10月7日 初版



●断食をはじめると、体調が良くなるばかりでなく、

生活習慣が変わり、生き方まで大きく変わる。

今までの自分の悪習慣を追放することができる。

断食の仕組みや考え方から、実践法、Q&Aまで、

一人でもできる本断食を紹介。

●先日書評したばかりの一人さんの最新刊(必読本第328冊目参照)

の巻末で紹介されていた著者の中の一人、北川八郎さん。

正直どういう方なのか全く知識がなかったのだが、

よく行く書店に著作の中の1冊があり、

個人的に関心が高い健康関係の本だったので、

昨日求め早速読んでみることにしました。

●医者に行ってもなかなか治らない慢性病のため、

甲田光雄先生の本などを買い求め、

半日断食や青汁断食などを試してみた方は多いかと思う。

しかし、この本はそんな甘いものではないですよ。

水だけのいわゆる「本断食」を実践する本です。

●しかし、面白いのは、この本は単なるダイエット、

病気治療のための断食にとどまらない本だいうこと。

今までなかなか人生がうまくいかない、

ストレスがたまる、イライラする、その解決策の一環として

断食をしてみましょうという観点が面白い本です。

特に、この本の中で、「ありがとう」には3種類あるという

話があり、このことは、上記の一人さんの最新刊でも

紹介されている話でもあるのですが、

大変示唆に富む話です。

取り立てて現在、断食の必要性を感じない方でも、

正観さん、一人さん的路線の自己啓発書として読んでみても

色々な気づきを得られる有用な本ですよ。

●同じ出版社の正観さんの一連の本のように、

極めて文字サイズが大きいのも何かとありがたい。

ページ数も薄く短時間で読み終えることが出来ます。

●第3章には、専門の施設などに入らず、

この本1冊片手に断食が安全にできるように、

詳細なやり方が解説されている。

第4章には断食をする上で当然出てくる疑問点を

Q&A方式でわかりやすく25個分解答し、

エピローグでは、断食をやって劇的に人生が好転した

方の体験談が簡単に3つ掲載されている。

薄い本だが、全体を通して、細かい配慮が随所になされている。

●著者は、ありがとうおじさんや坂村真民さんのように、

浮世から離れ、山奥の仙人のような生活をされている方のようだ。

日々瑣末なことに一喜一憂している、我々現代人などには

なかなか見えてこない「真理」を悟ったかのような

たたずまいを持つ方である

今回の本で大変興味をそそられたので、

他の本も近々紹介していきたいと思います。



【著者略歴】

北川 八郎
昭和19年福岡県生まれ。小倉高校を卒業し防衛大学校に入学するも1年未満で退学する。カネボウ化粧品(株)に勤めるが人生の答えを求めて退社。インド放浪の後、熊本県の阿蘇外輪山中に居を構え、40歳で熊本県南小国町満願寺温泉はずれに穴窯を築窯、自然灰釉の器を創作する一方、自然農業に勤しむ。阿蘇外輪山の奥で独り、40日を超える完全断食を2度体験する中で、魂の存在意義、生き方の法則を解悟。毎年、銀座三越・池袋三越などで陶器の個展を開催している。

posted by miura at 13:45| 山形 ☔| 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

必読本 第318冊目 あなたが「宇宙のパワー」を手に入れる瞬間 永遠に続く幸せの源泉

必読本 第318冊目

ちょぷら2.jpg

あなたが「宇宙のパワー」を手に入れる瞬間

永遠に続く幸せの源泉

ディーパック チョプラ(著)

1,890円(税込)

大和出版

単行本:258ページ

2007年4月15日 初版




●私は誰?私が本当に欲しいものは何?

努力しないで運の流れに乗るには?

世界35カ国、2千万人の読者が支持したアメリカ精神世界ビッグ3の1人、

チョプラ博士が教える、「魂が目覚めるスピリチュアルガイド」。

●今月発売されたばかりの著者の最新刊。

いま大注目の著者だけに、関係者の注目も高いようで、

最近出版ラッシュが続いている。

私にとっても、極めて「波長」が合う作家さんの中の

一人なので、本日入手して早速読んでみました。

●本年初めに発売された『富と宇宙と心の法則 』

必読本第261冊目参照)よりは、

相当「重厚な」本といえる。

価格も1,890円と高く、ページ数のわりには文章ギッシリで、

内容的充実度も高く、相当読み応えがある。


●精神、宇宙、時間、肉体、運、富などの

相互関係性を学ぶ上では実に興味深い理論が

展開されている。

私のようなファンはかなりゾクゾクしながら読めるはず。

ただ、例によって文章は一部抽象的でかなり手強く、

一読してスッと腑に落ちるような甘さは全くない。

初心者は、
同氏のわりとやさしめの本を何冊か読み終えた後に

読んだ方がいいか。

●巻末付録には、

「古いパラダイムと新しいパラダイム」と

題して、チョプラ氏の世界観を一望できるように

ポイントがまとめられている。

ファンにとっては頭の整理になるので、

実にうれしい。

読了後、よくよく味読したい。

●チョプラさんは、

小林正観、斎藤一人さんなどが、素人にもわかりやすいように

極めて単純化して示す「宇宙法則」を、

医者出身の物理的、科学的な見地から、

後方支援的に、専門用語を使って論理立てて説明してくれる方であると言える。

「スピリチュアル系」だというだけで、

ハナッカラ相手にしない方や、

何ごとも論理立てて説明してくれないと、

すぐに認めたがらない唯物論者にとっては、

格好の著者だろう。

●巻末プロフィールを読むと、

チョプラ氏には49冊ものの著書があるとのこと。

日本語訳されているものは、

アマゾンで見ると、現在のところ14冊ほどで、

ほんの少ししかないことを考えると、

これからも数多く翻訳出版され続ける気配がある。

●本書に同封されているチラシに、

チョプラ氏の日本語サイトが開設されたことが記してある。

詳しくは下記サイトからご自分で参照していただきたいが、

本年から日本でも、セミナーなど、様々な活動を活発化させるようだ。

「最後の大物」がやっと動きはじめたという感じでしょうか。


【著者略歴】

ディーパック・チョプラ
医学博士。インド出身。ボストン・リジオナル・メディカルセンター主任スタッフを経て、’80年代はボストンで内分泌学の分野で実績を上げる。’90年代には米国アーユルヴェーダ医学協会会長を務め、身体と心を総合的に癒す独自の論を展開、実践のためのプログラムを提唱。現在はカリフォルニアに非営利組織「チョプラ・センター」を創設し、非局所性の科学的研究に取り組んでいる。また、ハーバード・メディカル・スクール主催などの国際的医療イベントで精力的に講演活動を展開。全米のピリチュアル・リーダーとして絶大な人気を誇る彼の著書は35カ国に翻訳され、全世界に2000万人の読者を持つ。

ディーパック・チョプラ 日本語情報サイト http://www.bodymindspirit.co.jp/chopra/

posted by miura at 19:20| 山形 ☔| 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

必読本 第304冊目 パーフェクト・ヘルス―心と身体の能力全開法

必読本 第304冊目

DSC08143.JPG

パーフェクト・ヘルス―心と身体の能力全開法

ディーパック チョプラ(著), 逸見 武光(翻訳)

1,680円(税込み)

ダイヤモンド社

単行本: 286ページ

1987年10月29日 初版

 

●ストレスが消える!元気が湧きあがる!

最新西洋医学と東洋の伝統が発見した、

完全な健康を創造するための知恵。

●今外国人の自己啓発方面の作家の中では、

最も人気が高い人の一人、

チョプラ氏がかつて上梓した健康ガイドブックの傑作です。

●20年も前に出版された本ながら、

今読んでもホレボレするような鋭い知見に満ちている。

かつて、アンドルー・ワイル氏の健康本を読んだ時も

目からウロコの感銘を受けたものだが、

それを上回るレベルの本だと文句なく断言できる。

医学的専門用語がほとんど出てこないので、

一般人でもスイスイ読めるのも高ポイント。

「超越瞑想(TM)」など、チョプラ氏でおなじみの

テクニックはもちろん、食に対する心構え、

宇宙意識的思考、奇跡的に難病から生還した体験談など、

読み出したら止まらない、興味深いエピソード、理論が

次から次へと出てきます。

●医者、薬、病院に安易に頼らず、

主体的に己の健康を保っていきたいと考える

人間ならば、是非とも手にとっていただきたい本です。

健康だけに限らず、自己啓発的な要素も

ふんだんに取り入れられているので、

一般のビジネス本的に読んでも断然面白い。

圧倒的な知的興奮に満ちた1冊である。

古本価格も現在比較的安めのようなので、

可能ならば、今のうちに入手しておきたい。

●現在、チョプラ氏の昔の本は、

絶版になっているものが多く、

それらがまた、ほとんどすべて高額なプレミアがついていて、

容易には手を出せないような状況が続いている。

(アンソニー・ロビンズのかつての本のように)

これは全く不幸な事態で、

出版業界の方々には、かつての著作を

復刊するよう強く要望したいものだ。

●余談めくが、IT分野など、

最近のインド人の頭脳の明晰ぶり、急進的な活躍ぶりは、

実にあなどれないものがある。

別に悪意で言うわけではないが、

カレーライスとターバンを巻いた

タイガー・ジェット・シン(彼は実はインド人ではない(笑))

みたいな男のイメージしか

インド人には持っていなかったが、

ある意味、我々日本人にとって、

中国人以上に脅威的な存在になるのは

まず間違いないだろう。

 

【著者略歴】

ディーパック・チョプラ
医学博士。インド出身。ボストン・リジオナル・メディカルセンター主任スタッフを経て、’80年代はボストンで内分泌学の分野で実績を上げる。’90年代には米国アーユルヴェーダ医学協会会長を務め、身体と心を総合的に癒す独自の論を展開、実践のためのプログラムを提唱。現在はカリフォルニアに非営利組織「チョプラ・センター」を創設し、非局所性の科学的研究に取り組んでいる。また、ハーバード・メディカル・スクール主催などの国際的医療イベントで精力的に講演活動を展開。全米のピリチュアル・リーダーとして絶大な人気を誇る彼の著書は35カ国に翻訳され、全世界に2000万人の読者を持つ。

 

posted by miura at 18:29| 山形 ☁| 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

必読本 第259冊目 健康大革命―元気になるといいこと起きる!

必読本 第259冊目

健康だいあかくめい.jpg

健康大革命―元気になるといいこと起きる!

越山 雅代(著)

¥ 950 (税込)

ロングセラーズ

単行本: 235ページ

2003年7月1日 初版

 

●今、健康問題の根底に潜む本当の原因は、

現代型栄養不足と毒物の蓄積だったのです。

心・体・魂の人間に関わる全ての角度から健康問題を分析して、

できるだけ自然の方法で治すホリスティックによる健康法を紹介する。

必読本 第38冊目で紹介した

越山さんが書いた、健康本の大傑作!

世界最先端の医療と美容研究で知られるアメリカ在住で、

又、日本の利害に振り回されない

(国内企業の利益とは無縁だということ)

自由な立場だからこそ書けたとも言える

白眉の健康本です。

●上田三根子さんのかわいいイラストから、

軽い内容の健康本かと油断しがちですが、

ものすごい情報量を誇る、恐るべき本です。

4年前に上梓されたとは思えないほど、

今読んでも目を開かれるような鋭い知見に満ちております。

昨今耳にタコが出来るほど流行語になっている感のある、

デトックス(解毒)の重要性と、

日本の食品には本当の意味での栄養素が少ないこと、

それを補うべく、ハーブ(植物)を効果的に摂らなくてはならないことなど、

最新で、なおかつ本当に効果的な健康情報がこれでもかというぐらいに出てきますよ。

現在さまざまな不定愁訴、不快症状に

悩まれ、苦しまれている方などは強力にご一読をおススメいたします。

なかなか体調が良くならなかった原因のヒントを

本書から必ずつかめるはずです。

●本文中、越山さんの病弱の体を劇的に健康体に

変えさせたという栄養補強食品(サプリメント)のことは、

誰もが気にならずにおれないだろう。

下記掲載の越山さんのHPに詳細情報が

掲載されているので、興味ある方はアクセスしてみては

いかがでしょうか。

(現在、ネットワークビジネス(以下NB)で扱っているサプリは、

奇跡のように劇的効果があるものと、いくら飲んでも、

うんともすんとも言わないインチキ商品が玉石混交のごとく

日本では販売されております。

NBは、『金持ち父さん』のロバート・キヨサキ氏など、

ビジネスとして、強力に推薦している著名人の方もおりますが、

儲け主義的イカサマ企業も多く、

(商品自体でも、ビジネスシステムでも)トラブルになった例を数多く耳にします。

越山さんの推薦するサプリの会社がそうだとは思いませんが、

ご自分の目でしっかり研究実践して、購入するか否か、

会員になるか否かを十分注意して決定していただきたい。

老婆心ながら、付記しておきます)。

●巻末には、他の著書と同じように、

真の健康の獲得を目指す方に必ず役立つ、

豊富なお得情報が掲載されており、

越山さんの太っ腹の良さを感じさせます。

日本の著者ではまずありえないぐらいに、

有益な本物情報を出し惜しみすることなく教えてくれるのは、

本当に人柄が素晴らしいのでしょう。

●著者が私淑しているという

哲人中村天風の理論も沢山出てきます。

よって、天風ファンの方にもおススメですよ。

 

【著者紹介】

越山 雅代
札幌生まれ。上智大卒。アメリカ、シカゴ在住。スーツケース1個でアメリカに渡り若くして夢を達成した典型的な起業家。若い女手一つで三浪で膵臓病の弟をハーバード大学の大学院まで卒業させる。木材輸出業、不動産業、ユニークなジャーナルの出版業を手がけるかたわら、思いがけず新しいタイプの栄養補強食品の販売を始め、3ヶ月目にして売り上げトップとなり、以来5年間も10万人中で売り上げ全米一。「シカゴで最も傑出した女性100人」に選ばれた唯一の日本人女性。アメリカの最大の銀行から「最優秀輸出業社」としても選ばれる。その他多数のビジネス関係の賞にノミネートされる。全米にわたる日本語新聞に連載しているコラムが爆発的人気となる。読むだけで元気が出てエネルギーが湧くというので有名。心身の健康についての彼女のアドバイスを受け人生が180度好転したという人多数。「日本を元気にする運動」の創始者であり、日本人を心身共に元気にしようと、精力的に日米を行き来し、日本全国で啓蒙運動を行なっている。

越山雅代さん公式ホームページ http://www.masayo.us/

ラベル:越山雅代
posted by miura at 18:14| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

必読本 第258冊目 養生の実技

必読本 第258冊目

五木1.jpg

養生の実技

五木 寛之(著)

¥ 720 (税込)

角川書店

新書: 228ページ

2004年12月10日 初版

 

●無数の病をかかえつつ、50年病院に行かない作家が

徹底的に研究し実践しつくした、常識破りの最強カラダ活用法、満載。

●人気小説家である五木寛之さんが

ちょっと前に上梓された、

一風変わった養生法のベストセラー。

最近、色々な健康法の本にはまっていることもあり、

本日早速読んでみました。

●ともかく、反=常識的というか

無頼的というか、一般に良いとされている(又は、思われている)

健康法の逆を行くような、奇想天外な養生法が次から次へと

出てきます。

医学関係者は眉をひそめるような

暴論めいたものもあるが、それはそれで面白い。

しかし、結構真実を突いている指摘も多く、

単なるノンフィクションとして読んでも、

教えられることが多い。

●巻末には、「養生の実技100」が列挙されているので、

自分の中でピン!と来るものは取り入れた方がよいだろう。

私自身、医者とか薬に頼らないで、

自己治癒力を信じ、自己責任で病に立ち向かい、

健康を維持して行こうという著者の考えには全く賛成なので、

参考になるものはすごく多かった。

安易に薬や医者に頼ろうという依頼心の強い方は、

是非とも読むべきだと思う。

●あまり小説は読まないほうだと思うが、

五木氏の文体は本当に読みやすいと

つくづく思う。

小説家の中には、やたらひねったような文体を

意図的に使って、独自色を出そうと考えている

方がたまにいて、読んでいて嫌になることも

多いが、五木氏のような読みやすい文体で

書くというのは極めて大事なことですよね。

若い人に人気があるのも実にうなずけます。

 

 

【著者紹介】

五木 寛之
1932年福岡県生まれ。『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、『青春の門 筑豊篇』ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。81年より一時休筆して京都の龍谷大学に聴講生として通学。ニューヨークで刊行された英文版『TARIKI』が2001年度ブック・オブ・ザ・イヤー(スピリチュアル部門)に。2002年、菊池寛賞を受賞。2004年、仏教伝道文化賞を受賞。

ラベル:五木寛之
posted by miura at 08:14| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

必読本 第257冊目 エイジレス革命―永遠の若さを生きる

必読本 第257冊目

エイジレス.jpg

エイジレス革命―永遠の若さを生きる

ディーパック チョプラ(著), Deepak Chopra(原著), 沢田 博(翻訳), 伊藤 和子(翻訳)

定価1,995円(税込)

講談社

単行本: 360ページ

1997年1月27日 初版

 

●だれ一人老いることのない世界を探索してみよう。

いつまでも新鮮な心とからだを保つためのエイジレス読本。

アメリカのホリスティック医療研究の第一人者が贈る「老い」を恐れない生き方のすすめ。

●全米連続9カ月間の大ベストセラーになったというのが、

実に納得の、代替医学、アンチエイジング本の大傑作。

個人的には、著者の本では3冊目となる本です。

薬を使わず、瞑想、精神療法を使って治療を行うという

独特の健康法に興味がありましたので、

早速読んでみました。

●インドの伝統哲学アーユルヴェーダと西洋現代医学を統合した

独特の医療体系を築き上げ、

健康法のみならず、自己啓発、お金持ちになるための

思考法など、海外においては極めて人気が高い

チョプラ博士。

(アマゾンでも、最新刊が現在1位を記録する人気ぶりです)。

●一般の通念として避けがたいものだと

考えられている「老化の問題」に関して、

著者の知識と経験と直観を総動員して、

その常識に敢然と立ち向かい、我々現代人がいつまでも

若々しい肉体と精神を維持できる方法を提起する。

かつて、アンドルー・ワイル氏の本に感銘を受けた方などは、

是非とも読むべき名著です。

●全体は5部構成になっていて、

各部で、老化を防止するための

現在考えうる最高の情報、テクニックが満載されている。

各部の末尾にはその知識を実行に移すための、

演習があるのが、なんといってもうれしい。

読んだらそれっきりになることがない。

●翻訳者の技量のためか、

原書が元々素晴らしいせいか、

結構分厚いページ数にも関わらず、

読み出したら止まらない面白さです。

何ら専門的な言葉も出てこず、素人でも

スイスイ読みこなせる平易な文章は賞賛に値します。

スピリチュアル的テクニックも例によって豊富に出てきますね。

アメリカで圧倒的な人気を得たというのも

実に納得の素晴らしい本です。

●個人的に最も面白いなぁと思ったエピソードは、

会話の中に「私が~」「私は~」という一人称の言葉が

沢山出てくる人が、最も心臓病にかかる割合が

高かったという実験の話でした。

やはり、自分のことばかり考えている人は、

病気にかかる傾向が強いようです。

●現在絶版で、定価の2倍ぐらいの

プレミアがついております。

しかし、この高騰ぶりはやむをえないでしょうね。

それぐらいの傑作です。

一般の方々はもちろん、

現在臨床を担当されている医療関係の方々

(特に介護、リハビリ関係の治療師の方々)には

是非ともご一読をおススメいたします。

 

【著者紹介】

ディーパック・チョプラ
アメリカにおけるホリスティック医療の第一人者。1947年、医師の息子としてニュー・デリーに生まれる。インドと米国で医学教育をうけ、ニューイングランド記念病院で主任医師をつとめていたが、薬一辺倒の現代医学に疑問をいだき、1980年代はじめにマサチュウセッツにアーユルヴェーダ・ヘルス・センターを開設してインド伝統医学と現代医学を統合した治癒健康法の開発・研究にあたる。1996年カリフォルニアのラ・ホヤに新しい医療センターを開設。欧米各地で講演活動も活発におこなっている。著書にQuantum HealingやPerfect Healthなどのベストセラーがあり、25カ国語以上に訳されている。

 

ラベル:チョプラ
posted by miura at 20:23| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

必読本 第213冊目 フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言

必読本 第213冊目

フルモニ.jpg

フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言

日本ナチュラルハイジーン普及協会(著), 松田 麻美子

¥ 1,050 (税込)

グスコー出版

単行本: 111ページ

2005年4月29日 初版

 

●「朝のフルーツ」でダイエット!正しく食べて、ストレスなしで、健康的に、しっかりやせる!

体験者続出!成功率100%、「ナチュラル・ハイジーン」が教える

究極の「フルーツ・ダイエット」を30分でマスター。

●「果物」は完璧食品だって知っていました?

朝からたっぷり食べれば、

ウソみたいにドンドン宿便が出るし、お腹の脂肪も取れる。

病気退散、体も空中を歩いているように軽くなって、いいことだらけです。

果物を食べて健康に痩せる仕組み、上手な食べ方、

それぞれの果物が持つ意外な健康効果など、

この分野の第一人者松田さんがわかりやすく解説してくれます。

●相も変わらずダイエットは、世の多くの人間の関心の的である。

エステや健康食品に結構な額のお金を注ぎ込み、

涙ぐましい努力を重ねつつも、思ったように結果が出ない。

マスコミが報じるダイエット関連情報をくまなくチェックしつつも、

実際に理想のスリム体型を維持できない。

●そんな終わることのない悲喜劇を飽くことなく繰り返す現代人へ、

目からウロコのフルーツダイエット。

灯台下暗し、どこにでも売っている「果物」が、

あなたの病気もダイエットもすべて解決してくれる!!

ソクラテスもポール・マッカートニーもアインシュタインも

実践していた、最も伝統のあるダイエット法でもあります。

●コンビニやスーパーの影響で、ちょっとした小腹が空いた時に、

スナックやファーストフードなどの加工食品で食欲を満たすような

愚を犯している方は実に多いことでしょう。

そのくせ、いつになってもやせたい、やせられないを連発する。

年末のちょうど切りがいいこの時期、

必ず効果が出て、手軽に始められるフルーツダイエットで、

来年こそ生まれ変わったナイスボディを手に入れませんか?

●本文は、小学校高学年から読めるやさしい文章

とかわいいイラスト入りの構成です。

見開き2ページに1テーマのシンプルさで、絵本のように

スイスイ読み進めていくことができます。

肩がこらずに一気に読破できますよ。



【著者紹介】

松田 麻美子
ヘルス・エデュケーター、ヘルス&ニュートリション・コンサルタント。日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長。1978年、米国ウェスリヤン大学卒業。1992年、「アメリカ健康科学カレッジ」で栄養学の最高学位を取得後、日本におけるナチュラル・ハイジーン(自然健康法に基づく究極の健康栄養学)のパイオニアとして活躍。米国ヒューストンに在住。日米間を往復し、「健康な体づくり」のための研究と指導に取り組んでいる。

ラベル:松田麻美子
posted by miura at 18:14| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

必読本 第208冊目 食べ方問答―少食のすすめ 我が心の師に健康道の奥義を訊く!

必読本 第208冊目

食べ方問答.jpg

食べ方問答―少食のすすめ 我が心の師に健康道の奥義を訊く!

甲田 光雄(著), サンプラザ中野(著)

マキノ出版

1,365円(税込み)

単行本: 228ページ

2004年9月29日 初版

 

●人はなぜ病気になるのか? 何をどう食べればいいのか?

サンプラザ中野が心の師と仰ぐ甲田光雄に、病気のこと、食べることを中心に、

ふだんから疑問に思っていることを質問した問答形式の本。

飽食なのに、病人だらけの日本人必読の名著です。 

●断食、少食療法、独自の運動療法で、

現代医学では手が付けられない難病を劇的に治すことで

有名な甲田先生と、健康、ランニング、株式投資など、

異分野でも目覚しい活躍をされているミュージシャンの中野さんとの

異色の健康本です。

●甲田先生の著書は大変多く、

昔からのファンの方は既に数多く読まれているかと思います。

よって、この手の「軽い」本は買わなくてもいいかなとお考えの読者も

多いかと思われますが、少々お待ちを。

内容的には、対談形式の本ですので、極めて読みやすく、

甲田先生の既刊本ではわかりにくかった点、疑問だった点など、

痒いところまで手抜かりなく、解説してくれます。

●肉、魚、牛乳、砂糖、果物、塩、サプリメント、

タバコ、お酒、ドリンクなど、

ホントに体にいいの?どうやって食べたらいいの?という

現代人の食に関する疑問点はほぼこの本の中に網羅されておりますね。

様々な噂、迷信、健康産業の宣伝に迷い、確信が持てないでいられる方は

本書で、健康学の「真理」を学んで下さいね。

●この本を読了しますと、

甲田先生は単なる一医者の領域を超えておることがハッキリわかります。

言わば、「仙人」の域に達していると言ってよろしいでしょう。

冒頭、手相鑑定で、中野さんの性格や運勢などをズバリと

言い当て(二重知能線があるので、多分野で活躍できるなど)、

また「気」を出して体の状態を診たり、

背骨やお腹を触っただけで異常個所を診断したりなど、

ものすごい超人的能力があります。

レントゲンは言うに及ばず、聴診器さえ使わないで

診断ができるとは、まさに驚きの一語です。

●噂によれば、現在先生は臨床の現場には立たれておられないとのこと。

そうなると、ますます甲田先生の医療を継ぐ後継者の必要性が

求められてきます。

先生の医療の神髄を正当に継いでくれる後進の方は

ちゃんと育っておるのか、老婆心ながらちょっと心配です。

●あとがきの、甲田先生が孤独で苦しい時に

自分を励ましたという村田英雄の『王将』の替え歌は

特に、必見です。

誰一人賛同者がいずとも、己の信念に従って、

難病治療のために命を懸け、独自の治療体系を確立された

著者の心意気が見事に現れており、非常に心打たれます。


 

【著者紹介】

サンプラザ中野
1960年8月15日山梨県出身、千葉県育ち。早稲田大学政治経済学部除籍。84年、爆風スランプで鮮烈のデビュー以降、幅広いファンを獲得。ガンによる父の死を契機に健康への関心を強め、「医者でも病気を治せないなら、病気にならない身体づくりをしよう」という結論に到達。有機野菜、脱エアコンをはじめ、“健幸”な身体づくりに余念がなく、「健康のためなら、死ねる(笑)」と語る。

サンプラザ中野さん ホームページ http://www.sunplazanakano.com/

甲田 光雄
1924年大阪府出身。大阪大学医学部卒。元大阪大学非常勤講師。現在、日本綜合医学会会長、医学博士、甲田医院院長。中学、陸軍士官学校以来、病弱のためしばしば休学をくり返す。その間、現代医学の治療を続けながら回復せず、これに絶望を感じ、以来、西式健康法、断食療法、生菜食健康法など、自然医学の研究に向かう。各種の民間健康法を自ら実践・研究し、これらを応用するユニークな健康指導医として開業。現代医学では難治とされる種々の疾患に挑戦して多くの治験例を挙げている。

posted by miura at 18:36| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

必読本 第143冊目  博士の異常な健康

必読本 第143冊目

博士の.jpg

博士の異常な健康

水道橋博士(著)

¥ 1,365 (税込)

アスペクト

単行本: 305ページ

2006年3月30日 初版

 

●稀代の健康マニアである水道橋博士(浅草キッド)が贈る、

前代未聞の「異常」な健康読本!!

話題の健康アイテムの体験報告や、健康にまつわるコラム、

「アンチエイジングの女王」杉本彩との対談などを収録。

●誰もがあきらめ、“運命”に従わざるを得ないと思っていた、

ハゲ、肥満、近眼、肩こり、腰痛、慢性疲労、老化、ガンなどが、

治る!改善する!

最新の現代医療はここまで来ているのだ!!

 ● ヤフオクやアマゾンでもバカ売れしている、

今最も注目の健康本です。

現在、大変入手困難で、書店で見つけたら必買いするべき希少本です。

私もやっとの思いでブックオフにて探し出し、本日初めて読むことができました。

●この本がここまで絶賛されている理由は、

ひとえに、博士自身が実験台となり、

本当に効果があるのかないのかわからない、巷で話題の、最新健康法の

信憑性を実証してくれていることにあるでしょう。

現在、色々な健康食品、健康情報が溢れかえっておりますが、

本当に効き目がある、よかったというものはほとんどないのが現状だと思います。

そういう、色んなインチキ商品、効果のない健康法に騙され続けた方ならば、

必ず読むべき、信じるに足る健康情報満載の内容です。

●本書で紹介されている健康法、治療法の多くは、

保険適用外ですので、必然的に治療代金、購入代金は高額にならざるを

えませんが、前記したような悩みをお持ちの方で、真剣に改善、治癒を望むならば、

十分検討に値する内容だと思います。

 

 

 

【著者紹介】

水道橋博士
1962年8月18日岡山県生まれ。1986年にビートたけしに弟子入りを果たし、翌年、玉袋筋太郎と漫才コンビ「浅草キッド」を結成。以降、テレビ、ラジオ、舞台での活躍に加えて、文筆家としても高い評価を獲得している。キッド名義の著書『お笑い男の星座1・2』(文藝春秋)はエンターテインメント・ノンフィクションという新たなジャンルを打ち立て、大宅壮一ノンフィクション賞の候補にも挙がる。

水道橋博士 ブログ http://blog.livedoor.jp/s_hakase/

 

 

ラベル:水道橋博士 ハゲ
posted by miura at 17:28| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

必読本 第118冊目 だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命

必読本 第118冊目

????????α.jpg

だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命

松田 麻美子(著)

¥ 1,260 (税込み)

グスコー出版

単行本: 247ページ

2002年3月8日 1刷



●欧米の医師・栄養士を驚嘆させたナチュラル・ハイジーン(究極の健康栄養学)の奇跡!

日本人パイオニアが自らの体験を綴る、「肥満と病気知らずの原則」とは!?

今すぐできる、生活習慣病完全撃退への「衝撃の10か条」。

●発売4年を経過しても、依然として高い人気を誇る、

ダイエット、体質改善分野のベストセラー。

ダイエットや健康的な食事法に興味をもたれている女性の方ならば、

知らない方がいないぐらい有名な本です。

●牛乳は絶対に飲んではならない、

果物は朝食時に空腹状態でたっぷりと、肉や魚などのたんぱく質と

お米などの炭水化物を同時に摂らない、

ファーストフードなどの加工食品はやめる、など、

難しい理論は全くなし、誰でも簡単に作れるレシピと、

今すぐにでも始められる気軽さが、この本の人気の秘密です。

●本書第3章の「病気知らずの食生活」三つの原則と、

第4章の、常識破壊の「超健康革命10か条」は、

何度も繰り返し熟読して暗記し、一生の健康上のモットーに

していただきたいような“普遍的大原則”だと思います。

これらを厳守しさえすれば、どんなに年をとっても、

重大な病気に罹ったり、いつも体調がすぐれずに、

もんもんとしているような事態から無縁でいられるはずです。

●もうこんなに太っているデブな体は嫌だ!、

色々な不快な症状に悩み苦しみ、薬やサプリメントを

たくさん飲んでいるのに、全く効果がないのはどうしてだろう?

など、体調面において多くの疑問や不満をお持ちの方々は是非とも

ご一読をおすすめ致します。

一部、今までの“健康常識”と食い違うような斬新な理論も

出てきますが、論より証拠、試してみる価値は大いにありますよ!

又、読んで満足して何もしないのではなく、

必ず実践されることもお忘れずに。

必読本 第19冊目には、著者の翻訳された、

健康分野の世界的スーパーベストセラーを書評させていただいております。

併せてどうぞ。



【著者紹介】

松田 麻美子
ヘルス・エデュケーター、ヘルス&ニュートリション・コンサルタント。1978年、米国ウェスリヤン大学卒業。1992年「アメリカ健康科学カレッジ」で栄養科学の最高学位を取得後、日本におけるナチュラル・ハイジーン(自然健康法にもとづく究極の健康栄養学)のパイオニアとして活躍。現在、テキサス州ヒューストンに在住。日米間を往復し、「健康なからだづくり」のための研究と指導にとり組んでいる。








ラベル:松田麻美子
posted by miura at 14:39| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

必読本 第58冊目 人生を掃除する人しない人 達人二人、目からウロコの超実践哲学

必読本 第58冊目

hiro0718japan-img450x600-1142578896dsc05732.jpg

人生を掃除する人しない人 達人二人、目からウロコの超実践哲学

桜井 章一 (著), 鍵山 秀三郎 (著)

1,470円(税込み)

東洋経済新報社

単行本: 173 p

2005年3月 初版



●20年間無敗の麻雀界の鬼 桜井章一と、

ひたすら掃除道一筋に徹した 掃除会の鬼

もとい、掃除会の福の神(笑) 鍵山秀三郎との、

誰もが目を疑った、ありえない夢のコラボレーション。

●2人が交互に往復書簡のような形で、

さまざまなテーマを論じ尽くしております。

鍵山さんの多くの著作と同様、

余計なことは一切クドクドと述べない、

シンプルですが、含蓄ある言葉を述べられております。

よって、時間がない多忙な方にもオススメです。

●桜井さんも鍵山さんも、

どんな悪党にも、体制にもおもねることなく

ひたすら己の信念に従って生きてきましたので、

その主義主張が本当に心地よく我々凡人の心に

響いてきます。

自分にも他人にもウソがない真の達人というのは、

この2人のような生き様から生まれ出てくるのでしょう。

●自室やトイレや庭が乱雑に荒れ放題、汚れ放題で、

ホコリだらけ、ゴミだらけのような人は、まずそこから改善した方が

いいですよ。本なんて読むよりもはじめに…。

成功哲学書をウンウン唸りながら読んでいるよりも、

掃除をした方がよっぽど“成功”に近づきます。

鍵山さんだけではなく、小林正観さん(第42冊目参照)、

斎藤一人さんなど、掃除の重要性は改めて私が指摘するまでもなく、

多くの先生方が主張されております。

●鍵山さんの永遠の傑作を、

恐れ多くも、必読本ベスト10 日本人作家篇

第1位にあげさせていただき、

拙文ですが、書評も書かせていただきましたので、

併せてどうぞ。


日本を美しくする会 ホームページ http://www.souji.jp/




posted by miura at 06:43| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

必読本 第39冊目  少食が健康の原点―万物への愛と慈悲がエネルギーを生む

必読本 第39冊目

hiro0718japan-img450x600-1141172263dsc05555.jpg

少食が健康の原点  万物への愛と慈悲がエネルギーを生む

甲田光雄(著)

1,470円(税込)

たま出版

単行本: 350 p ; サイズ(cm): 19 x 13

1991/07 初版





●24キログラムのスーパーダイエットに成功した、

アーティストのサンプラザ中野さん絶賛の書です!

●テレビのチャンネルをつければ、

毎日のように豪華な食べ物番組のオンパレード、

スーパーに行けば、(見た目はいいが、内容粗悪な)加工商品の膨大な数々。

何で現代日本は、こんなに食い物ばかりがあふれ返って

いる世の中になってしまったのでしょうか。

そして、食物があふれているのにもかかわらず、

病人の数は一向に減らず、又、昔はなかった(又は少なかった)

花粉症、アトピー、ガンなどの難病がドンドン増えております。

●そんな飽食の現代に、多くの病気、不快な症状に悩む

人々への福音となる名著です。

特に既述のアトピーなど現代医学で難治とされている方にはおススメです!

●やはり、バランスの取れた成功のためには、

「健康」が欠かせません。

お金があっても、なかなか治らない病気を抱えて

しかめっ面で毎日を過ごしていても悲しいだけですからね。

●どこの医者に通院しても、どんなに高価な健康食品を

飲み続けても、一向に効果が上がらない方は、

是非読んでみて下さい。

●現代医学の医者はあまりそういうことを言いませんが、

「宿便」が、なかなか改善しない病気の、大本の原因であることが

本当に多いらしい、です。

本書を参考に、少食にして、溜まっているものをまず出し切ってみると、

驚くほどの健康状態を取りもどすことができるはずです。

●朝食抜きの半日断食、本断食、生の野菜だけしか摂らない生菜食、

西式健康法など、素人でも本書を参考に

気軽に自分の生活に取り入れることができます。

著者は、素人でもわかりやすい書籍を意欲的に出版されておりますので、

本書に限定されずに、他の本もご参考にされてみて下さい。

読みやすい良書がたくさんあります。

●風の噂で聞いたところによれば、

著者は、体力的な理由で、臨床などの診察は現在休診されているとか。

日野原先生などのように、

難病で苦しむ方を救っていただけるように、

是非100歳まで現役で頑張っていただきたいものだと

ひそかに応援しているのですが・・・。










posted by miura at 11:55| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

必読本 第28冊目 水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ

必読本 第28冊目 

hiro0718japan-img450x600-1141261187dsc05605.jpg

水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ

江本 勝(著)

¥1,680 (税込)

サンマーク出版

単行本: 206 p ; サイズ(cm): 19 x 13

2001/11 初版

 

 

●清水克衛さんや後藤よしのりさん、船井幸雄さんなど、多くの成功者が

大絶賛!

波動科学の権威が書いた大ベストセラーです。

●「ありがとう」「感謝」の紙を張り付けた瓶の水は美しい形の結晶を結び、

「バカ」「死ね」などの紙を張り付けた方は結晶を結ばず、

粉々に砕け散る。

目からウロコの感動が得られる写真ばかりです。

●やはり、この本も、言霊理論、言葉の波動理論に通じる

名著の一冊ですね。

●言葉はあらゆることを支配している。

だから、普段の言葉遣いを正しくする、

一部の芸能人が使うような下品な言葉、汚い言葉を使わないようにする。

言葉の大切さが、身にしみてわかる良書ですね。

●こういう波動理論の名本が出ますと、

決まって一部のイチャモンをつけるのが好きな人間は、

非科学的だとか、オカルトだとか、電波系だとか、

結晶を結んだからだから何なんだ、とか

いい始める者が必ずいて、批判好きな人間は成長しないなぁと

本当にかわいそうに思ってしまうんですが、

先入観を捨ててこういう現象ももしかしたらあるのかもしれないなぁと

考えてみた方が色々と得だと思いますよ。

人間の体は6割は水でできているんだし、

水がなければ、動物も植物も生きていけないわけですしね。

●岡本吏郎さんが、かつて、自著の中で、

「これからは、言葉が資産になる。」的なことを書かれていて、

目に見えない言葉がなんで資産になるんだ??と、

その時は、イマイチ腑に落ちなかったことがあったんですが、

こういう本を読みますと、

岡本さんの言わんとしていた真意がわかる気がしますね。

●目に見える物質世界しか信用しない人が大多数だと思われますが、

信じられない、うそ臭い、とハナから否定しないで、

その厳然たる神秘の事実をご自分の目で確かめてみて下さい!!

 

江本勝さん波動関連ホームページ     http://www.hado.com/

                          http://www.masaru-emoto.net/

posted by miura at 15:44| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

必読本 第21冊目 あのね だいじょうぶ だいじょうぶ

必読本 第21冊目

hiro0718japan-img450x600-1144030082dsc05856.jpg

あのね だいじょうぶ だいじょうぶ

吉丸 房江(著)

¥1,470 (税込)

 致知出版社

単行本(ソフトカバー): 196 p ; サイズ(cm): 19 x 13

2000/05 初版

 

 

●日本一のお金持ち 銀座まるかん創業者 斎藤一人さんの

推薦本です。

それを契機にかなり売れているようです。

●著者は、27歳と30歳にして父母を立て続けにガンで亡くすという

悲劇を味わいます。

そして、そのことをきっかけに現代医学への疑問を感じ、老子などの東洋思想や、漢方などの東洋医学を

学んで、独自の健康道場を地元福岡に建設し、

現代医学で見放されている患者を数多く健康に導く活動を

されております。

●当書には、著者の顔写真は掲載されていないのですが、

幼稚園と小学校教師をされていたこともあるのでしょう、

とってもニコヤカで福々しいお顔をされた

肝っ玉母さんのような方です。

●まずこの本で言わんとしているメインテーマが、

斎藤さんなども口が酸っぱくなるぐらい言われている

口ぐせ理論、言霊理論ですね。

「ありがとう」「だいじょうぶ」「うれしい」など、

何でも話の最後をそういう愛のあるプラス言葉で結ぶ。

そんな簡単なことが非常に大事なんですね。

●中学生でもわかるとってもやさしい文体で、

人が健康になる仕組み、幸せになる方法を教えてくれるのですが、

そこには、あまたの哲学書のエッセンスを凝縮したような

否定しようのない真理があります。

●読んだ後は、とっても気持ちがスーッと

安らかになれて、今まで悩んでいたことが

とっても小さいことに思えてくるような開放感がありますね。

小さいお子さんの育児ストレスでイライラしている若い母親の方に特に読んでいただきたい本です。

●又、この本で思ったことをひとつ。

著者の処女作『丸く ゆっくり すこやかに―健康に生きる知恵』

(地湧社  1,575円  表題本以上に面白くて必読です。

残念ながら絶版中。アマゾンなどから古本でどうぞ。)を読むと、

著者の治療法の基本は、8日間の断食と酵素風呂(ヒノキのおがくずを

つめこんだ風呂に入る。)であるらしいのです。

そして、その酵素風呂なのですが・・・

第14冊目で既に紹介した、私の尊敬する岡野雅行さんの最新刊

『岡野雅行 人のやらないことをやれ!

―世界一の技術を誇る下町の金型プレス職人、その経営哲学と生き方指南』

(ぱる出版  1,575円)の中でも、

岡野さんが、若い時分にスキーでコケて激しく痛め、

どんなことをしても治らなかった持病の腰痛が、

その酵素風呂で、キレイさっぱり治った、という

話が出てくるのです。

(栃木県佐野市の酵素風呂に毎週のようにご夫婦で行かれたそうです。)

●巷では、今岩盤浴がブームですが、

次は酵素風呂が「来ます」ね。

最近各地の温泉センターや銭湯、エステなどにも

徐々に設置されているようですので、ネットで調べて

是非ご利用してみてください。

私も行ける機会があれば、是非行ってみたいと思います。

●著者の公式ホームページはないようですが、

当書のカバー裏に、著者が主宰する健康道場の

連絡先が掲載されておりますので、

どんなことをしても治らない持病、難病で悩まれている

方は行かれてみたらどうでしょうか。

●こういう独自の民間療法を主宰されている指導者というのは、

ガンコでクセのあるニセモノ人物がえてして多く、

遠方からわざわざかけつけても、落胆して帰ってくることが少なくないものですが、

著者のシリーズ本を通して読みますと、まず間違いない方だと信用できるはずです。

●著者の次作も早く読みたいものですね。 

posted by miura at 10:15| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

必読本 第19冊目  フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!

必読本 第19冊目

hiro0718japan-img450x600-1145262800dsc06100.jpg

フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!

ハーヴィー・ダイアモンド(著), マリリン・ダイアモンド(著), 松田 麻美子(翻訳)

¥2,205 (税込)

グスコー出版

単行本: 560 p ; サイズ(cm): 19 x 13

2006/04/08 初版

 

 

●この本の原書『FIT FOR LIFE』は、出版史上に輝く「健康栄養学」の金字塔と

言われております。

肥満に悩む方が多い欧米で、1,200万部超もの超ベストセラーとなりました。

●1999年に初版が出版されてから、元の出版社編集部が

閉鎖したことに伴い、惜しまれつつも絶版状態が続いた、日本語訳の

『ライフスタイル革命』(キングベアー出版  2,205円(税込))。

一時はヤフオクやアマゾンにて、不当な高価格にて

取り引きされて、 容易に入手できない不幸な時期が続きました。

●しかし、多くの要望に応え、

翻訳者の松田麻美子さんの書籍を多く出している

グスコー出版より、装いも新たに再発刊されました。

●新たに、昭和の名宰相である故三木武夫夫人の三木睦子さんの推薦文が冒頭に記載されております。

日本の心ある政治家の中にも、実践者が多いとのことです。

●この本で提唱されている健康理論、ナチュラル・ハイジーンは、

アンソニー・ロビンズの『あなたはいまの自分と握手できるか』(第9冊目)や、

その友人であるジェームズ・スキナーの『成功の9ステップ』(幻冬舎)など、

多くの成功者の名著の中でも絶賛されております。

●事前に、その価値の高さを知らない方は、

560ページにして2,205円の価格には、

一瞬購入をためらうかもしれませんが、

そんなことはありません。

●この本は、そこらへんの芸能人が

書いたような薄っぺらな内容のダイエット本ではありません。

しっかりとした科学的理論で裏づけされつつも、

すぐに実践できるように4週間メニューや、豊富なレシピが

掲載され、とても使い勝手のある本です。

●何をやってもやせない人、何のサプリを飲んでも体調が改善しない人、

ひとつのダイエット法がなかなか続かず、すぐに挫折してしまう人など、

もう色々な本や健康食品やテレビ番組に騙されないで、この書籍通り実行してみて下さい。

最終手段と言ってもよいメソッドですよ。

付属の4週間メニューどおり実行すれば、必ず目に見えた効果を実感できます。

●健康でなければ、仕事に全力で打ち込むこともできないし、

どんなにお金持ちになっても病気がちでは人生を謳歌することもできません。

色々な持病でお悩みの方、お腹の出っ張りを引っ込めてスリムな体型を取り戻したい方、

若い頃のようなプルプルの艶のいい肌を取り戻したい方など、

ご一読を、そして読んで満足するのではなく、是非実践実行をおススメいたします!

posted by miura at 08:37| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。