2011年09月08日

【おかげさまで、必読本1000冊突破を達成しました!!】

【おかげさまで、必読本1000冊突破を達成しました!!】


●本日2011年9月8日に、必読本を1000冊突破することができました。

達成直前にもかかわらず、足踏み状態が続きまして、

我ながら情けなく思っておりますが、

今は安堵感でいっぱいです。

これもひとえに、いつも愛読していただいている皆様の

ご支援の賜物だと思っております。

●現在、1000冊突破を一つの節目に、

新たにHPの立ち上げなど、新企画を構想中です。

完成しましたらいち早くお知らせしますので、

本ブログ共々、変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

このたびは本当にありがとうございました!

 
               ブログ執筆者 三浦 寿博





posted by miura at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

必読本 第900冊目突破記念 【あの、鍵山秀三郎先生にお会いすることができた!!】

必読本第900冊目突破記念

【あの、鍵山秀三郎先生にお会いすることができた!!】



●本日8月1日に、必読本の累計紹介数が900冊を突破いたしました。

皆様のご支援のおかげと深く感謝申し上げます。

一つの山頂とも言える1000冊目まで、あと100冊です。

倦まず弛まず頑張って行きたいと思っております。

4月中旬から多忙な東京暮らしとなっておりまして、

書評のアップも遅々としたものになっておりますが、

できれば年内中に達成したいと考えております。

●今回はそのお礼といっては何ですが、

先月7月16日に、東京掃除の会が渋谷の道玄坂で行った

街頭掃除の模様と、その場所での、私の「心の師匠」

鍵山秀三郎先生との奇跡の出会いをご紹介したいと思います。

DSC06336.JPG


DSC06335.JPG


●私自身、東京掃除の会のボランティア街頭清掃は、

上京後、5月、6月と2ヶ月連続で参加させていただきました。

ただ、その時は、新宿駅東口と新宿歌舞伎町で、

鍵山先生のご自宅やイエローハット本社とやや遠かったこともあり、

鍵山先生はお見えになられなかった。

DSC06340.JPG


●しかし、私の誕生日7月18日の前祝い的なプレゼントを

神様からいただけたのでしょうか、

7月16日の街頭清掃には、あれほど尊敬してやまなかった

鍵山先生がおられたのである。

私は先生が登場されることを全く予想してなかったので、

非常に驚き、緊張した。

正直なところ、掃除そっちのけで、

鍵山先生が掃除をされている姿を

後方からずっと見学させていただいた。

DSC06338.JPG


朝から、気温30度近い炎天下の中、

しかめ面で掃除している参加者が多かったにもかかわらず、

どんなに汚いゴミ、汚物を回収掃除されている時も、

常に笑顔を絶やさない鍵山先生の姿がとても印象的であった。

●残念ながら、諸事情によりその写真は今回アップできないのですが、

清掃活動終了後、こんな機会は二度とないと、

先生に思い切ってご挨拶に伺うと、

私の方でずうずうしいかと思って逡巡していたのに、

「せっかくの記念だから一緒に写真を撮りましょう」と、

2ショットの写真撮影を「先生の方から」私に言ってくれたのである!!

非常に細やかなお心遣いに、私は内心感動に打ち震えていた。

DSC06348.JPG


●正直に言いますと、4月中旬からの東京生活は、

久しぶりの都会暮らしということもあり、

ストレス、疲労がたまることが実に多かった。

柄にもなくホームシックになることさえあった。

時には酩酊するほどにお酒を飲みまくった日も一度ならずあった。

しかし、こんな大都会で、全くの徒手空拳の状態から

今の地位を築いた鍵山先生に直に触れさせていただくと、

俺はこんな体たらくではダメだ、もっと強く生きなくては男がすたる、

と自省しないではいられなかった。

DSC06343.JPG


●私は、明日8月2日深夜に再び東京に戻ります。

皆さん、日々色々と大変なことが多いことかと思いますが、

鍵山先生を見習い、お互い負けずに顔晴りましょう!!

8月は猛暑が続きますが、皆さん夏バテにもお気をつけ下さい。

これからも私のブログをご愛顧いただけましたら幸いです。

今回は本当にありがとうございました!!


※ちなみに、月一で行われている東京掃除の会の街頭清掃には、

私は事情が許す限り8月以降も毎月参加する予定です。

詳しくは下記HPをご覧下さい。

東京掃除に学ぶ会HP  http://www.tanabe.biz/souji/souji03.htm#gaitouseisou



※また、今回掲載させていただきました鍵山先生や他の参加者の

写真は、ご本人の承諾なく掲載させていただいたことを

あらかじめご了承願いますようお願いいたします。

あくまで善意の趣旨で開催されている会なので、

無断転載などはご遠慮下さい。


         ブログ管理人 三浦 宏仁(hiroyoshi)
posted by miura at 11:03| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

【本日で3周年となりました!!】

【本日で3周年となりました!!】


●本日2009年6月7日をもって、我がブログの3周年となりました。

素人なりに四苦八苦しつつつ書いてきた書評ですが、

ここまで続けてこれましたのは、

ひとえに愛読していただいた皆様のお陰だと感謝しております。

●現在、出身地の山形県酒田市を離れ、東京都豊島区に

在住しており、以前と違って多忙な日々を送り、

更新の頻度は遅くなっておりますが、

時間を作ってできるだけ本を読み、

皆様のお役に立てるような情報を提供していきたいと思っておりますので、

これからも変わらずご愛顧いただけましたら幸いです。

このたびは本当にありがとうございました!!

(ちなみに、参考までに書いておけば、

3年間で888冊の本を紹介したということは、

1年あたり296冊、つまり365日で約300冊の本、

月あたりで25冊を読んだ計算になります。

手前味噌ですが、やる気と時間の工夫次第で、

私のような凡庸な人間でも、これぐらいは本を読めるということです)


         ブログ管理人 hiroyoshi


posted by miura at 20:57| 山形 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

必読本 第800冊目突破記念 【紅葉はキレイだね】

必読本第800冊目突破記念

紅葉キレイ
だねいい気分(温泉)


●一昨日の11月2日に、必読本の累計紹介数が800冊を突破いたしました。

皆様のご支援のおかげと深く感謝申し上げます。

一頃は全くと言ってよいほど本を読まなかった私が、

まがりなりにも800冊を突破したということは、

それなりに自慢したくもなりますが、

あの小林正観さんは2万冊以上も本を読破しているという話もありますし、

それと比べたらまだまだ序の口みたいなものです。

これからも倦まず弛まず読書を続けていきたいと思います。

●今回は、そのお礼といっては何ですが、

11月1日に撮影してきました、私の山形県の

最上川と肘折温泉の紅葉の写真を

アップしたいと思います。

 DSC00040.JPG DSC00038.JPG DSC00020.JPG

肘折温泉をご存知のない方のために一言申し上げておけば、

山形県有数の
秘湯のひとつで、冬は大豪雪地帯になりますが、

その泉質は非常に独特で、湯上り後の皮膚のサッパリ感、

なんとも言えない体の疲労除去感は、

他の温泉では得がたいものがあります。

交通の便は決して良いとは言えませんが、

新庄市、酒田市に来る予定のある方は、

その中間地点にありますので、
一度行かれてみて下さい。

日帰り温泉もありますよ。

DSC00043.JPG DSC00044.JPG DSC00045.JPG

●この時期、「秋の日は釣瓶落とし」とことわざで言うように、

日一日と冬めいた天候に近づいており、

誰もが冬を嫌悪するかのような発言ばかりしますが、

秋には秋の、冬には冬の楽しみがあるものです。

特に、何かとセカセカ、イライラしがちな忙しい日々の合間に、

あえて時間を作って、

紅葉を愛でるぐらいの心の余裕を持つことは

非常に大切なことだと思います。

自然の悠久の流れ、圧倒的な美しさにゆったりと浸っておりますと、

日々の悩み、苦しみなどというものがちっぽけなものに思えてきますよね。

DSC00048.JPG DSC00047.JPG

●本日の必読本紹介は休止いたしますが、

近日中にすぐに再開いたします。

900冊目に向けて、そして、一つの山頂ともいえる

1000冊目に向けて日々邁進していきますので、

これからもご支援下さいませ。

本当にありがとうございました!!


                             ブログ管理人 hiroyoshi

ラベル:肘折温泉 最上川
posted by miura at 17:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

必読本第700冊目突破記念&2周年のごあいさつ

必読本第700冊目突破記念&2周年のごあいさつ

 

昨日、必読本の累計紹介数が700冊を突破いたしました。

併せて、先々週の6月7日には、ブログ開設から2周年を達成いたしました。

皆様のご支援のおかげと深く感謝申し上げます。

●そのお礼といっては何ですが、

先月5月21日に撮影してきました、私の地元の

酒田まつり創始400年前夜祭で展示された

全長20メートルの巨大山鉾の写真を

アップしたいと思います。

DSC09932.JPG

DSC09928.JPG

●酒田市役所前には、酒田のシンボルである

獅子舞が鎮座しております。

これからの観光シーズン是非遊びにいらして下さいね

(獅子舞は常設されていますが、上の写真の山鉾は

既に撤去されて現在はありませんのでご注意を)。

DSC09930.JPG

●本日の本紹介は休止いたしますが、

近日中にすぐに再開いたします。

800冊目に向けて、そして、一つの山頂ともいえる

1000冊目に向けて日々邁進していきますので、

これからもご支援下さいませ。

本当にありがとうございました。


                ブログ管理人 hiroyoshi

posted by miura at 15:51| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

必読本第600冊目突破記念企画 【幸せの川【冬編】】 】

必読本第600冊目突破記念企画

【幸せの川【冬編】】

 

昨日、必読本の累計紹介数が600冊を突破いたしました。

皆様のご支援のおかげと深く感謝申し上げます。

そのお礼といっては何ですが、

先日撮影してきました、地元を代表する大河である、

最上川の冬の風景をアップしたいと思います。

DSC09648.JPG

●以前ご紹介した夏の写真と比較していただければ

一目瞭然ですが(こちらから)、

DSC09647.JPG

DSC09644.JPG


付近はすべて雪一色の銀世界となります。

我々はちょっと雪が降っただけで「寒い寒い」と

大騒ぎしますが、タヌキ、キツネなどの野生動物と魚などの水生動物は、

この雪の中をどうやって生活しているのでしょうか。

この付近を車で通過するたびに、なぜか

いつもそのことを考えてしまいます。

DSC09646.JPG

●尽きることのなく流れ続ける白糸の滝も

冬季間は、凍ってしまうようです。

これも、夏の写真と比較してみて下さい。

DSC09643.JPG

DSC09642.JPG

●本日ならびに明日の本紹介は

所用により自宅を離れるため休止いたしますが、

近日中にすぐに再開いたします。

700冊目に向けて、そして、一つの山頂ともいえる

1000冊目に向けて日々邁進していきますので、

これからもご支援下さい。

本当にありがとうございました!



                ブログ管理人 hiroyoshi

 

ラベル:白糸の滝 最上川
posted by miura at 18:16| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

必読本第500冊目突破記念企画 【幸せのライトアップツリー】

必読本第500冊目突破記念企画

【幸せのライトアップツリー】


●おかげさまで、次回の本で、

必読本の数が600冊目を突破するため、

その記念企画を書こうと思っていましたら、

うかつなことに500冊目突破記念企画を書くのを

ずっと遅らせていたことが判明しました。

●今更書くのも非常に憚られるのですが、

昨年2007年12月のクリスマスの時に、

宮城県仙台市の「光のページェント」に観光に

行った際の写真を何枚か掲載したいと思います。

記念企画代わりにご覧ください。

DSC09540.JPG

●一度でも行かれた方はご存知のように、

仙台駅前大通りの木がライトアップされて

非常に幻想的な風景を醸し出しております。

DSC09542.JPG

年末年始のライトアップされた観光地としては、

東北では最も人気を集めるスポットのひとつでしょう。

一度も体験されたことはない方は

是非今年の年末に遊びに来てくださいね!

DSC09541.JPG

併せて、記念企画がとんでもなく遅れてしまったことを

深くお詫びいたします

(過去の記念企画はこちらからどうぞ)。


                       ブログ管理人 hiroyoshi
 

posted by miura at 12:20| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

必読本 第400冊突破記念企画!!  【"幸せ”の川】 

必読本 第400冊目突破記念企画

【"幸せ”の川】 

 

皆様の暖かいご声援とご愛顧により、

どうにかこうにか一昨日に400冊目を突破することができました!!

(昨年2006年6月7日にスタート)。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

(ちなみに100冊目突破企画はこちらと、

200冊突破企画はこちらと、300冊目突破企画はこちらから) 

●今回は、そのお礼といいましては何ですが、

日本三大急流(ちなみに、他の二つは富士川と球磨川)の一つ

として名高い、私の地元の「最上川周辺の風景をご紹介致します。

●私の自宅からは約30km離れた所にある

ドライブインから撮影した「白糸の滝」の写真です。

この滝は、深々とした樹木に覆われた断崖に、まるで白い糸を垂らしたように流れる美しい滝です。

高さ120メートルで、「日本の滝百選」の一つにも選ばれております。

私の地元の庄内地方においては、まず観光時には

外せない名瀑の一つです。

DSC08774.JPG

DSC08779.JPG

DSC08778.JPG

●地元の私も全く知らなかったのですが、

このドライブインを数km行きますと、縁結びの神様として

非常に名高い「仙人堂」という神社があります

(ノープランでぶらりとドライブに行きますと、

たまにこのような面白い発見がありますね)。

この神社は船を使って対岸まで行かないと参拝できないのですが、

こちらの岸から白旗を使って舟を呼ぶようです。

時間の都合で私は行けなかったのですが、

湧き水を使った美味しいコーヒーも提供してくれている

人気スポットのようです。

円満な結婚や理想の恋人を探している方などは、

一度行かれてみたらよろしいのではないでしょうか。

ちなみに、ここの湧き水は、あの松尾芭蕉、源義経、武蔵坊弁慶も

飲んだと言われている霊験あらたかな名水と言われております。

DSC08797.JPG

DSC08786.JPG

DSC08787.JPG

DSC08788.JPG

DSC08790.JPG

DSC08796.JPG

●山形県の母なる川、最上川は、

悠久の時の流れの中を、いつ果てることなく流れ続けます。

DSC08793.JPG

DSC08792.JPG

DSC08791.JPG

DSC08785.JPG

●写真に写っている遊覧船は、この時期大変好評です。

詳しくは下記のホームページをご覧下さい。

戸沢村役場公式ホームページ http://www.vill.tozawa.yamagata.jp/pc_site.shtml

芭蕉ライン観光株式会社       http://www.blf.co.jp/

●これからもブログの方は毎日がんばってアップしていきますので、

ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 

本当にありがとうございました!!                                     

                                    管理人 hiroyoshi

posted by miura at 19:09| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

必読本 第300冊目突破記念企画!!【”幸せ”の五重の塔】

必読本 第300冊目突破記念企画!!

【”幸せ”の五重の塔】

 

●皆様の暖かいご声援とご愛顧により、

どうにかこうにか本日300冊目を突破することができました!!

(昨年2006年6月7日にスタート)。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

(ちなみに100冊目突破企画はこちらと、

200冊突破企画はこちらから) 

●今回は、そのお礼といいましては何ですが、

私の地元の、鶴岡市(旧羽黒町)の

出羽神社と五重塔の写真をご紹介いたします

(以下の写真は昨年の9月に撮影したものです)。

●出羽三山神社には、日本一の大社殿という三山の神の合祭殿があり、

山伏修行で特に有名ですね

(参拝すると、よく山伏の姿も見かけますよ)。

DSC06969.JPG

DSC06966.JPG

DSC06967.JPG

●この神社の境内にある五重塔は931年〜938年に平将門が寄進したという伝説があり、

1608年に最上義光によって改良・修繕されたと言われております。

現在国宝に指定されております。

DSC06974.JPG

DSC06972.JPG

DSC06975.JPG

●境内は無数の樹木に囲まれ、

樹齢何千年とも言われる巨木、ご神木があります。

我々のほんの100年足らずの短い人生など、

及びもつかないような長い歴史を生きているのです。

自然の偉大さを実感しますね。

DSC06976.JPG

ちなみに、出羽三山とは、羽黒山修験の祖と言われる崇峻天皇の子、

蜂子皇子(はちすのみこ)が開祖したと言われている

(伝説によれば、3本足の「霊烏」に導かれてこの地で

修行をしたと言われる。

よって、「羽黒」山と名づけられたらしい)。

山岳信仰の聖地であり、羽黒山(修験)・月山(山駆け行)・

湯殿山(霊魂:奥の院)の総称を言います。

入り口の門前町には33もの宿坊があります。

現在地元では、この出羽三山一帯を世界遺産に認証しようという機運が

高まってあり、地元や行政の方では活発に動いておるようです。

全国的にも人気の観光地のひとつでもあります。

機会がありましたら、是非お越し下さい

(詳しくはこちら)。

●自分で始めたブログなので、

愚痴めいたことは絶対に言いたくないのですが、

毎日最低1冊の本を紹介するという習慣は、

時にヒヤヒヤものの綱渡りの時もあります

(時間ギリギリで急いで読破し、自分でも情けなくなるような拙い文章で

不承不承アップしていることも結構多いんですよ)。

しかし、それを補って余りある効果、変化

つまり、読書は人間を必ず変えてくれる!!ということを

やはり最近ものすごく実感しております。

これからもより一層がんばっていきますので、

ご愛顧よろしくお願い致します!!               hiroyoshi                     

 

 

posted by miura at 19:09| 山形 ☀| 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

必読本 第200冊目突破記念企画 【“幸福の”蓮の池】

必読本 第200冊目突破記念企画!!

“幸福の”蓮の花

 

皆様の暖かいご声援とご愛顧により、

どうにかこうにか本日200冊目を突破することができました!!

偶然ですが、本日が、ブログを開設してから

ちょうど半年目にも当たります(本年6月7日にスタート)。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

(ちなみに100冊目突破企画はこちらから。) 

今回は、そのお礼といいましては 何ですが、

私の地元の、あまり知られていない

蓮の花が咲いているキレイな池の写真をご紹介致します。

山形県鶴岡市大山の蓮の花(上池と言います。)です。

詳細は、下記ホームページからお問い合わせ下さい。

http://www.shokokai-yamagata.or.jp/ooyama/

(車で行かれる場合には、

カーナビを「山形県鶴岡市大山三丁目」設定で行くと

よろしいでしょう。)

DSC06982.JPG

●ここはあまり観光地化されていなくて、

大規模な駐車場もなく、山形県の人でも

知っている方があまりいない穴場的スポットなのです。

東京上野の不忍池の蓮の花もキレイなことで有名ですが、

それに勝るとも劣らない絶景です。

見頃は7月から9月上旬までです。

DSC06986.JPG

●鶴岡といえば、現在大ヒット公開中の、

山田洋次監督、木村拓哉主演の『武士の一分』の

舞台となった地として有名ですね。

又、ミスチルの櫻井和寿さんの、3億円とも言われる

大豪邸があることでも有名です(この温泉地近く)。

DSC06989.JPG

蓮の花ってキレイで神秘的ですよね。

小林正観さんの本でも、その不思議な魅力がよく解説されておりますが、

私も、神様が無知な人間のために、色々なことを教えようと

天上から贈ってくれた神秘の花のような気がしてならないのです。

蓮の花の地下茎である「蓮根」も、薬効が沢山ある野菜として有名ですしね

(ちなみに、現在、私のパソコンの壁紙は、1枚目の写真にしてあります。)

下手クソな文章で、我ながら情けなくなることも多々ある

日々なのですが、これからも、皆様のお役に立つような情報を

数多く発信できるように、頑張っていきます!

ご愛顧よろしくお願い致します m(__)m

 

posted by miura at 17:59| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

必読本 第100冊突破記念企画  【“幸福”の滝】

必読本 第100冊目突破記念企画!!

【“幸福”の滝】

 

●皆様の暖かいご声援とご愛顧により、

どうにかこうにか100冊目を突破することができました。

本当にありがとうございました!!

●自分でも恥ずかしくなるような拙い文章で、

情けなくなることも多々ある日々でしたが、

これからもより一層、有益な本をドンドンご紹介し、

皆様の生活がますます向上できますよう、

奮闘努力していく所存ですので、

よろしくご支援いただけましたら幸いです。

●今回は、そのお礼と言いましては

何ですが、私の地元の名瀑『玉簾の滝』の

写真をご紹介します。

●私の自宅からは約14km離れた場所にあります。

山形県随一の長さを誇る有名な滝です。

近年、道路整備がされ、毎日のように多くの観光客で

賑わっております。

生で見ますと、まさに圧巻、言葉で表現できないような

感動と、体に満遍なく溢れ返るマイナスイオンを

絶え間なく放出してくれます。

冬はこの滝が氷の柱のように凍ってしまうんですよ。

●私は、仕事に行き詰ったり、悩み事が出てきて、

なかなか解決策が浮かばない時は、

この滝に行き、じっくり1時間は滞在して、

滝の「波動」を浴びるのです。

そうすると、不思議と心が安らぎ、絶妙な解決策が

浮かんでくるのです。

私の心の拠り所となっている「癒しの場所」なのです。

【玉簾の滝】

玉簾の滝は、旧八幡町(現酒田市)升田地区にある。高さ約63メートルから流れ落ちる水は、日向川に注ぐ。平安時代の808年、弘法大師が神のお告げによって不動明王の鎮座する霊地を求めている際に発見したとされる。流れ落ちる水が玉のすだれのように見えたため、その名がついたという。四季を通じて景観に優れ、町を代表する観光地になっている。

DSC06930.JPG

●この滝の手前に、湧き水が出ているポイントが

あるのですが、これは知る人ぞ知る「名水」なのです。

ペットボトルでわざわざ汲みに来る方がいるぐらいに、

美味しい水です。

(一説には、難病が治ったという話も。)

●3日前に、撮ったばかりの写真ですが、

滝の上に、キレイな虹がかかっております↓

DSC06939.JPG

●近くにお越しの際は、

是非一度は立ち寄られてみてはいかかでしょうか。

あなたの今悩んでいる苦しみ、悩みがちっぽけなものに

思えるぐらいに素晴らしい絶景です!

(定かではありませんが、日本一のお金持ち 斎藤一人さんも

訪れたという話もあります。)

●詳しくは、

酒田市観光ガイドをご覧下さい→http://www.city.sakata.yamagata.jp/kankou/menu1_sum.html

●これからも、私のブログをよろしく

お願いいたします!ありがとうございました!

続きを読む
posted by miura at 17:57| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突破記念企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。